千原せいじが行くシナイ半島の2018年現在の治安は?

画像元:https://www.instagram.com/chiharaseiji/

気が付けば4月が終わりに差し掛かり、ゴールデンウイークになっています。

どこかへ旅行します?
もし現在、旅の途中でこちらのブログを読んでいたらありがとうございます。

日本国内でも国外でも、油断はしないよう気を付けてください
(特に海外は日本と同じような感覚で行くと、
油断をつくってしまい、色々やられる可能性があります)

ところで火曜日に放送する「世界の村で発見!こんなところに日本人」で、
世界中、どこでも渡り歩いていけるであろうお笑い芸人の、
千原せいじさんがエジプトのシナイ半島へ行きます

僕、楽しみなんですよ。

千原せいじさんがアフリカで、どうやって現地の人と楽しく渡り歩いていくのかを。
そこにいる日本人とのふれあいよりも楽しみ!

今回、千原さんが訪れるシナイ半島、治安がとても悪いのですね。
だから気になったのです。

2018年現在のシナイ半島はどうなのかと。

 

地図で見るシナイ半島

画像元:https://www.egypttoursplus.com/sinai-peninsula/

シナイ半島はエジプトの首都、東に出っ張った陸続きの島であり、
アフリカ大陸とシナイ半島の境目に有名な「スエズ運河」があります。

スエズ運河といえば、地中海と紅海を結ぶ海路です。
運河ができたおかげで、地中海から船を出発させる際、
アフリカ大陸をぐるりと回らずに、近道でアジアへ向かえるのです。

世界史だとスエズ運河は1858年(日本は江戸時代!)に建設が始まり、
1869年(江戸幕府が終わり、明治維新が始まる)に完了。

はじめはフランスが所有権を得ていたのだけど、
赤字になってイギリスに取られたのち、
1952年から始まる中東戦争を通し、現在はエジプトが管轄権を持っています。

もしエジプトへ旅行するなら、一応世界の動きを覚えておくと、
現地へ訪れた際「ここでスエズ運河の所有権をめぐって争いが起きたんだ」
知らないよりは感動すると思うのです。

なお、運河といえばパナマ運河もありますが、注意してください。
パナマ運河は南米のパナマにあります。

どちらも大変有名な運河であり、混乱しやすいので覚えておきましょう。

 

シナイ半島に潜むたくさんのテロリスト

画像元:https://www.anzen.mofa.go.jp/

外務省の海外安全ページによると、
シナイ半島の多くの範囲が「渡航中止」レベルになっています。

南部のごく一部だけリゾート施設があって、
用事がないなら行かないほうがいいと外務省がくぎを刺しています。

歴史を調べると、シナイ半島は軍事拠点の一つでもあります。
スエズ運河の権利争いをめぐる中東戦争では、シナイ半島が戦場でした。

中東戦争が終わった後も、現地に住む人々に対し、
エジプト政府は十分な生活資本(インフラ)を整えておらず、
公共サービスが不十分であり、現地の仕事が限られてきます。

政府や生活の不備に対する不満もあって、1990年にイスラーム過激派が生まれ、
何度が外国人観光客をターゲットにテロ事件を起こしています。

(政府が経済開発をしていれば、多少はテロ事件を防げた……と、
日本の考えに染まったらだめですね。世界情勢は特に)

2011年にエジプト革命(反政府デモから大統領辞任まで)が起きてからは、
ますます過激派が細かく分かれ、隙あらばテロを起こして利益を得て、
治安がもっと乱れるようになったのです。

そして現在もこの状況は解決していません。

ここに千原せいじさんやテレビ東京スタッフは今回、
外務省が「渡航中止」と注意喚起を促す国に行くのですね。

 

千原せいじがアフリカで魅せた伝説

千原せいじさんは海外ロケに関して、最強の存在だと思っています。
治安が悪い場所だろうと現地になじみ、
向こうの人と対等に渡り歩いているからです。

千原せいじさんはいくつか伝説を残しています。

例えばマサイ族の旦那と意気投合した千原さん。
翌日、千原さんを筆頭にマサイ族のみんながついていく
という変な光景が生まれたのです。

ほかにもゴリラが千原せいじに赤ん坊を紹介したり、
らくだに日本語で命令したら、言う通りを聞いてくれたり、
千原さんが関西弁で現地の人と話をしたら、多くの人が千原さんを神扱いした……

今回もシナイ半島の危険地域で何を見せてくれるのか?
どんな伝説をやってくれるのか、楽しみでたまりません。

 

千原せいじによるアフリカ旅行への注意

画像元:https://www.asahi.co.jp/

今回の番組、とても楽しみです。

千原せいじさんが海外のあちこち(特に危険地域)に行くだけでなく、
関西弁のノリで現地の面白いものや人を紹介します。

気が付けば現地のコミュニティーに深く入り込み、
見ているこっちも楽しくなっていきます。

千原せいじさんはアフリカだけでもロケとして40回以上訪れています。
千原さんがアフリカへ旅行する際、

  • 夜になれば必ず強盗がうろつき観光客を狙うから、夜は外出しない
  • お金はすべてカード、現地の通貨など役に立たない
  • 盗まれて犯人を見ても、見てみぬふり、反撃したら殺される
  • アレルギーの検査と狂犬病対策の注射をうっておけ
  • トイレがそばにないからおむつは必須

など、千原せいじさんがアフリカに旅行し、注意すべきことを述べています。

アフリカへ行く人はぜひ参考にしてください。

なお、千原せいじさんと同じくらい、海外ロケが多い女性レポーターがいます。
彼女は海外ロケが多いため、自前のブランドができるほどです。

彼女が海外ロケをするコツや謎について、こちらをお読みください。

ABOUTこの記事をかいた人

ミーハー男Taichi

僕はサラリーマンという平凡な毎日を送ること早10年目を迎えました。 職場ってなんとも言えない独特な人間関係がありますよね。。。 当ブログでは、そんな職場などで、朝のあいさつから始まる軽い雑談や、昼休みに同僚とランチをする時などに使える『会話のネタ』を、最新トレンド情報を中心に紹介していきます。 あなたの生活に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪