北京五輪ワリエワ選手フリー失敗ってわざとでしょ?




画像元:https://twitter.com/__jackal

昨日行われた女子フィギュア決勝、
ワリエワ選手はまさかの4位にびっくり。

前日にSPは成功して首位に立っていたのに、
昨日のフリーでは立て続けの失敗に、
ワリエワ選手は号泣したのです。

彼女が4位に落ちた結果、
今日の午後6時頃から表彰式を行えます。

僕は彼女の演技を見て、

「彼女は本当に失敗すべくしてしたのか?
“周りの圧力”でわざと失敗したのでは?」

思ってしまったのです。

 


ワリエワ選手の簡単な生い立ち

簡単にワリエワ選手の生い立ちを書きます。

2006年ロシア生まれのタタール民族

2009年からフィギュアスケートをはじめ、
2017年にはロシアノービス選手権年少で優勝するほどの実力者だった。

去年からシニアに移り、カナダ大会では高得点を記録したとのこと。

ドーピング問題を含め、詳しくはこちらをお読みください。

 

ワリエワが首位から4位に落ちたのはわざと?

まさか技が立て続けに失敗するなんて……最初、やらせかと思いました。

仮に彼女が優勝すると、ロシアフィギュア界が悪く見られる

本来、ドーピングはどんな事情があれ一発アウトだ。

※当日、ウクライナの選手がスキー競技で一発アウトになった。

しかしワリエワ選手は年齢制限(大人の保護が必要な15歳)があり、
スポーツ裁判所もお目こぼしを計らった。

ここで彼女が優勝すれば、

「やっぱり薬を使ったから、優勝できたじゃないか。
ロシアの選手はみんな薬を使って当たり前」

ドーピングに引っかかっていない、
純粋な実力のみでのし上がってきたロシア国内の選手はもちろん、
フィギュア全体に悪影響が出てしまう。

※キム・ヨナ選手が現役だったころは、審査員の質が問われましたね。

今回キム・ヨナ選手はドーピングに対し、
非常に厳しい(当たり前)立場をとっています。

もしワリエワ選手が3位以内に入ったら、授賞式がなくなります。
さらにロシアフィギュア全体の価値が落ちてしまう。

そこで彼女が最低でも4位に落ちるよう、
ワリエワ選手に直接”しくじるような指導”が入ったのか?

思ってしまいましたよ。

 


北京五輪:ワリエワ選手ショートとフリーの違い

僕の疑いを自分で払しょくしたいので、
当日滑っていた動画を調べたところ……

ショートはすぐ見つかったものの、フリーはほとんどなかった。
ツイッターで一部動画をあげている人がいました。

全体を見ていなくても、フィギュア素人でも気づいた点があります。

ショートは回転して滑る直前、すごく力(あるいは圧)を感じた
気合、エネルギーとでもいうべきでしょうか。

一方フリーでは失敗する前から”気”が抜けていた

どうやって「気」がわかるのかといいますと、
回転して飛ぶ1秒前の準備にあります。

画像元:https://youtu.be/vfcJije8azw

上記画像は成功時。

飛ぶ直前の勢いはもちろん、いったん「くっ」と顔を下げて、
ちょっとの反動を利用し(シーソーの原理)、思いっきり飛ぶ。

画像元:https://twitter.com/P7InLetd0GGgTso

一方こちらは失敗時。

飛ぶ直前の勢いが成功時に比べて足りず、
力も抜けており、むしろなめてかかってる感じがする。

いや、心ここにあらずというべきでしょうか。

他のジャンプも成功はしているものの、
今にも倒れそうなほどの状態となっており、
ここに気持ちが大きく表れるのだな。

強く感じました。

素人でも気づくことは、コーチだとなおさらわかる

ワリエワ選手の専属コーチ、トゥトベリーゼさんは試合後、
彼女に「なぜあきらめたのか?」と問いかけたとのこと。

指導者が上記のように述べているところから、
やらせではないよねと思う一方……

「いや、これも世間を欺く演技の一つかもしれない」
ますます疑ってしまう自分がいました。

 

ワリエワが挑もうと下新技の価値

デイリーニュースによりますと、
ワリエワ選手は2種類の4回転ジャンプと3回転半を組み込む
超高難度構成に臨んだとのこと。

ドーピング疑惑を脇において、
新しい技へ挑もうとする姿勢を大いに評価しています。

男子でも羽生結弦選手が前人未踏の技に挑み、失敗しました。
得点をとるだけなら高度な技など必要ありません。

ワリエワ選手だって3位以内を狙うなら、
超難易度の高いジャンプに土まなくても、
高得点を狙える”失敗しにくい”プログラムに焦点を定めたほうよかった。

しかしアスリートとしてはもちろん、観客だって面白くありません

メダルだけが大事なのでなく、
むしろアスリートを引退してからの就職先に大きな影響を与えます。

ワリエワ選手のコーチ陣は元選手です。

難易度の高いジャンプに挑み、うまくいった経験を言葉と行動で示し、
次世代の若手選手らにノウハウを伝える。

現役アスリートはただ名誉(メダル)を得るのでなく、
次世代が「挑みたい!」と思える技を開発し、
大きな舞台で披露し、次へつなげる役目もあるのです。

仮にワリエワ選手が二種類のジャンプを飛べていたら、
文句なしに金メダルだったでしょう。

新技に挑む姿は十分アスリートだと思っています。
とにかく、お疲れ様です。