木村拓哉主演ドラマ「BG」視聴率が好調でうれしい

画像元:http://www.irasutoya.com/

木村拓哉さん主演ドラマ「BG 身辺警護人ドラマ2話の視聴率も15.1%と、
前回の15.7%より0.6%落ちたものの、いい成績を残しています。

キムタクのアクションシーンがよかったよ。
恋愛展開にならない限り、視聴率は15%をうろつくだろうなと思っています。

今回はBG 身辺警護人で木村拓哉さんに関するいくつかの評価を取り上げたいと思います。

 

キムタク役しかできない木村拓哉って?

画像元:https://www.excite.co.jp/

まいじつというサイトにて、
「キムタク役しかできない木村拓哉」というタイトルが目に入りました。

読んでみると、記事を書いている人でなく視聴者の感想として、
「木村拓哉主演のドラマはキムタク役しかできないなあ」があったのです。

どういうことでしょう、僕なりに考えてみました。
僕がドラマを見ていて「島崎(キムタクが演じる役)かっこいい」でなく、
キムタク、やっぱかっこいいわあ」とつぶやく時点で、

木村拓哉は役者としてどうなんだ?
ということでしょうか。

違うもので例を出します。

画像元:http://hoshiiro.jp/

最近話題のポプテピピック(大川ぶくぶ原作)。
ポプ子とピピ美の二人は声優が前半と後半で必ず変わります。
同じシーンを2度報じているのだけど、声優が変われば見せ場も変わる。

ニコ生で見るのが一番最適な実況アニメです。

ポプテピピック3話では中尾隆聖(フリーザ様やばいきんまん)さんと、
若本規夫(セルやベガ、アナゴさん)が演じていました。

ニコ生コメントではポプ子とピピ美でなく、
「フリーザ様/ばいきんまん」と「セル・アナゴさん・ベガ」と、
別のアニメの役柄としてコメントを出す人が多い。

僕をはじめ、ポプ子とピピ美を見ているのでなく、
ポプ子とピピ美の面を被ったフリーザ様やセル、ベガ、ばいきんまんを見ているのです。

とても面白いのですが、ポプ子とピピ美が出ているアニメなのに、
ポプ子とピピ美の影が薄いって、作品としてどうなんだ?

そういいたいのではないかと思うのです。

 

キムタク色が薄くなった

一方で週刊女性にあった芸能リポーターの声として、

「キムタク色が薄くなり、肩の力が抜け、抑えた芝居をしている」と述べています。

彼はキムタクとしてみているのでなく、「島崎」として物語を見ているのですね。
キムタクが犯人と戦うシーンでは、キムタクでなく「島崎」がいる。

島崎章は子持ちのおっさんです。
ドラマ内でもさえないおっさんを発揮していますし、
部下からは呆れられるシーンがあるほどです。

キムタクだったら「ありえないんじゃないの?」というシーンだけど、
島崎章としてみれば「それが普通」と受け取ってしまう。

視聴者によっていろんな意見があり、どれが正解かはありません。
キムタク色が出て嫌だなあと思う人もいれば、僕みたいにかまわないと思う人もいるのです。

僕はキムタクとしてみています。
島崎という名前が作中内にあまり出てこないので、
島崎章よりも木村拓哉のほうが慣れ親しんでいる。

そのうち、島崎という名前を呼ばれる機会が多くなれば、
木村拓哉よりも島崎章としてみるのだろうと思っています。

キムタクが演じる「かっこいいシーン」も、
要所に「SMAPとして活躍していた」木村拓哉さんを思い浮かべてしまう。

さらにツイッターなどの実況を見てしまうと、
島崎よりもキムタクとしてみてしまう人が結構いて、自分もそっちに引っ張られる。

話が進むにつれて、だんだんキムタクとしてみなくなると僕は思うのですが、
あなたはどうでしょう?

参照:http://www.jprime.jp/

 

お姫様抱っこ~2話の感想

画像:https://www.cinematoday.jp/

身辺警護人2話では、うるさい裁判官の奥様を守っていました。
奥様役として女優の大塚寧々さん。

久しぶりに彼女を見た気がします。

BG2話で演じた大塚寧々さんを見ると、
普段もあんな裁判官の奥様みたいな、嫌みったらしい性格をしているのかな?

裁判官の夫が持つ規律正しさに疲れ、一人でこもる部屋があるのかな?

絶対違うと考えていますけれど、
役柄での性格や生活と「大塚寧々」としての生き方を同じく扱ってしまう

演技の面白さであり、キムタクとは違う路線のすごさでもあります。

2話では裁判官の奥様をお姫様だっこして抱えるシーンがあります。
ハイヒールを履いて犯人から逃げる際、どうしても靴が脱げてしまう。
そこで島崎は奥様を抱きかかえて、逃げるお手伝いをするのです。

ツイッターでこの時の反応を見ていたら、
「これでご飯7杯はいける、はあ~~」というコメントがあって爆笑しました。

僕は「ああ、やっぱここがドラマだなあ~」思ったね。
特に奥様が腹痛を訴えて、ほかのボディーガードが目を離したすきに消える。

現実にありえなくて笑ってしまいました。
(切羽詰まった状況ならあり得るのかもしれない)

お姫様抱っこのシーン、大塚寧々さんによると木村さんのアイディアだそうです。
ただ演じるだけでなく「魅せ場」も考えるところが、プロの役者だなと思いました。

視聴者の中には(おそらく大半が)、「キムタクのカッコよさ」が見たい。
願っているからこそ、キムタクも気持ちに応えたと考えています。

僕が見るキムタクのカッコよさはお姫様抱っこでなく、
(僕は男なので、女として抱かれるシーンが想像できない)
犯人との格闘シーンですね。

今回は両手にハンマーを握った犯人と、エレベーター内で戦っていました。

特撮でよく見るアクションを、よくこなしているなあ。
SMAPとしてライブで培った経験、役者として演じたものを生かしているなあ。
45歳であそこまで軟体に動くのを見ると、本当にすごいと思います。

最後、裁判官の夫が奥様を殴るんじゃないかとハラハラしましたが、
そんなことはなくてほっとしています。

3話のアクションシーンも期待しています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

ミーハー男Taichi

僕はサラリーマンという平凡な毎日を送ること早10年目を迎えました。 職場ってなんとも言えない独特な人間関係がありますよね。。。 当ブログでは、そんな職場などで、朝のあいさつから始まる軽い雑談や、昼休みに同僚とランチをする時などに使える『会話のネタ』を、最新トレンド情報を中心に紹介していきます。 あなたの生活に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪