富田靖子とヌ─の関係を調べたらまさかの展開に唖然

画像元:https://matome.naver.jp/odai/2145220425926829501/

今週土曜日の世界一受けたい授業にて、女優の富田靖子さんが出演します。

「靖子」つながりで沢口靖子さんかと思ったら違った。
(沢口靖子さんはいろいろやばいネタが詰まっており、
うちじゃあちょっと取り上げられないなあ……)

富田靖子さんを調べると「ヌー」という単語が出てきたのです。
調べてもヌーの意味が分からない。どういうことでしょうか?

 

富田靖子と「ヌー」の関係は有名作家の映画だった

画像元:https://www.amazon.co.jp/

色々な検索で調べたところ、
富田靖子さんと「ヌード」の関係でヒットしたのです。

富田靖子さんは1995年に映画「南京の基督(キリスト)」で、
大胆な性行為を演じているのですね。

その時、全身ヌードという形で話題になっていたとのこと。

南京の基督は芥川龍之介さんが書いた小説であり、中国の南京を舞台にした物語です。

富田靖子さんは中国人の娼婦であり主人公の宋金花を演じ、
梅毒という病気に侵された宋金花と日本人の岡川(演:レオン・カーフェイ)
が恋に落ちるのだけの物語です。

原作とは結末が大きく変わっており、
原作を見ている人からすれば「なんて改悪なんだ!」思うでしょう。

なお、濡場画像は載せません(笑

 

富田靖子とヌー(動物)の関係は?

画像元:http://www.noguchi-ken.com/M/2012/08/post-437.html

ここで一つ疑問を持ちました。
ヤフーで調べたとき「ヌー」しか出ていなかったので、

「富田靖子さんはアフリカロケでヌーと触れ合ったのか?」

思ったのです。調べたところ、
富田靖子さんがそもそもアフリカに訪れたという情報すらない。

ヌーとはウシ科の動物であり、食料(草)を求めて大移動をするところが有名です。

大移動をする際、いろんな障害があります。
川を渡る際、たくさんのワニのいる場へ進まなければならず、
何頭かは食べられてしまいます。

また深い河では体力のないヌーが溺死するのです。

さらに川からあがるとかなりエネルギーを使いますので、
空腹に飢えた獣たち(ライオンやハイエナなど)に食べられてしまうのです。

ちなみにヌーは川での溺死が多く、ワニに食べられる確率は少ないとのこと
しかも死んだヌーの骨はリン酸イオンとして動植物の成長に欠かせないと、
海外の生物研究チームが明かしております。

ヌーの死は生物全体にとっては無駄でない部分が面白い。

なお、ヌーといえばアフリカです。アフリカの治安はどうなっているか。
一部の地域ですが、現状はこうなっています。

 

ヌー族という少数民族

もう一つ、中国の少数民族に「ヌー族」がおります。
ヌー族は別名「怒族(どぞく)」ともいい、
雲南省(ラオスやミャンマーの国境付近、南側)に住んでいるとのこと。

富田靖子さんと中国という関係ではつながっているけれど、
ヌー族に関してかかわりはありません。

僕が一番気になった部分は「独自の文字がない」という表現。

文学がないということはヌー族の考えもわかりませんし、
ヌー族がどんな境遇や伝説があるかもわからないのです。

ヌー族は漢字を使うとのことで、
僕らが漢字を書けば、意思疎通はできるかもしれませんね。

 

富田靖子の生い立ちを調べた結果

画像元:https://www.instagram.com/p/BoOqri5hUIw/?hl=ja

ここで富田靖子さんの生い立ちを簡単に振り返ります。
富田靖子さんは1969年に神奈川県の茅ケ崎市で生まれました。

2018年時点で49歳となっており、
南京の基督(キリスト)に出演した1995年は当時26歳となっています。

20代半ばで女優として肌を脱いだのか……。
ちなみに宋金花の年齢は15歳ほどです。

富田靖子さんは1983年(当時14歳)に「アイコ十六歳」という、
堀田あけみさん原作の映画にて10万近くの女性から、
オーディションで勝ち抜き、主演「三田アイコ」を演じました。

その後、大林宣彦監督に気に入られて様々な映画に出演し、
映画の主演女優賞やベストアイドル賞を得たのです。

しかし後輩が出てきたことにくわえて、
主演ドラマの視聴率が思わしい結果にならず、
今までの富田靖子では限界、今までの自分を変えないと!

そこで全身ヌードの映画「南京の基督」へつながるのです。

体当たり演技が多くの人を感動させ、
別の映画主演女優賞を得たのち、さらなる飛躍を遂げました。

富田靖子さんにとってヌードは単なる体ではなかった。
まさに今後の自分をかけた一大勝負だったのです。

ヌーから富田靖子の大勝負に行きつくとは。まさかの展開にびっくりです。

現在の富田靖子さんは舞台や映画の脇役で活躍しております。
やっぱ人生、大きな勝負って何度かあって、
勝負に乗っかった人はそれなりの結果を得るのですね。

僕も元気づけられましたよ。

なお人生の勝負関係でいえばこちらのお笑い芸人がおります。
彼女は「ダイエット」という形で勝負をしました。

結果、こうなったのです。詳しくはこちら。

ABOUTこの記事をかいた人

ミーハー男Taichi

僕はサラリーマンという平凡な毎日を送ること早10年目を迎えました。 職場ってなんとも言えない独特な人間関係がありますよね。。。 当ブログでは、そんな職場などで、朝のあいさつから始まる軽い雑談や、昼休みに同僚とランチをする時などに使える『会話のネタ』を、最新トレンド情報を中心に紹介していきます。 あなたの生活に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪