木村拓哉ドラマのbg動画を見直した結果

画像:http://www.irasutoya.com/

木村拓哉さん主演ドラマ「BG身辺警護人」3話を見ていました。
キムタク演じる島崎章が須津川渓谷橋から落下するシーンにびっくり。

生身の人間が飛び降り、CG合成ではないからこそ緊迫感があります。

 

朝のワイドショーでちらっと報じていたメイキング動画だと、
木村拓哉さんは徹底的にスタントマンの指導を受けて動き、新鮮な印象を受けたのです。

木村拓哉さんが仮面ライダーや戦隊ヒーローに変身しないだけで、
朝の特撮ドラマを夜に見ている感じです。

(本格的な特撮に比べると、時間が足りませんけれど)

ところで、bg身辺警護人を見逃した場合、ネットで期間限定配信動画があります。
3話を改めてみると、疑問を抱きました。

 

見逃したドラマを見るには?

見逃したドラマは基本「TVer」というサイトで視聴できます。
もちろん、テレビで放映してから1週間までの期間限定配信です。

見たいドラマ(画像)をクリックするか、検索バーにドラマ名を入れればいいだけ。

テレビで見た部分を改めてネットでみると、
テレビではわからなかったり、見逃していたりする部分に気づきます。

TVerで見たいシーンだけを視聴する際、必ずCMが入りますね。

 

動画を見返して気になった

https://twitter.com/tv_asahi_PR/status/958973192739016704

TVerより、bg身辺警護人3話を見ると、気になるシーンがあります。
木村拓哉さんが橋から飛び降り、手すりをつかんで危ないふりを演じています。
実際は手錠を手すりにかけ、誘拐犯が見えないところで島崎が芝居をしている。

 

「あれ? いつ、手錠を橋の一部に引っ掛けたんだ?」

伏線がなく、いきなりやったから驚くのです。
もしかしたら身代金を橋の手すりに置いた際、すでに手錠をかけていたのかもしれません。

「いつ手すりの部分に手錠をかけたのか?」がわからないので、
疑問が残ってしまい、消化不良を起こした気分になります。

そこから「ちょっと脚本と演出が粗いなあ」気になってしまう。
もちろん「細かいことはどーでもいいんだよ」思う人もいます。

再配信で手錠部分を見返しても、いつ仕掛けたのかわかりません。
ツイッターを見ても「手錠をいつ仕掛けた?」について、気になる人は多い。

ドラマだからといえばそれまでですけれど、
ドラマだからこそ、視聴者には「ここで仕掛けました」と、
1シーンを入れてほしかったなあ
と思うのです。

 

身辺警護人はつまらない?

bg身辺警護人に関する情報をsnsやネットまとめから知り、
「身辺警護人は面白いか、つまらないか、みんなの意見が知りたい」
他人の意見を気にする人、結構いますね。

わかりますよ、その気持ち。

僕は面白いです。4話も僕にアクシデントがない限り、テレビとネットで必ず見ます。
(そうそう、大臣役の石田ゆり子さんが人気を集めているそうです。
後でゆり子さんの人気の秘訣について、書きたいなあと思っています)

 

面白いけれど、先ほど述べた通り
「ちょっと脚本と演出が粗いなあ」思うところもあります。

粗いというより「キムタクファンを意識した過剰な演出」が気になるなあと。

キムタクがあまり好きでないと、ファンを意識した演出に対し、
「面白くない」思い、離れていくのかもしれません。

ドラマなんだけどドキュメンタリーではない。
特撮にあるエンターテイメントを見ている感じです。

それが正解なんだけど、「もうちょっとわざとらしい演出を抑えて、
警護人の日常を淡々と描いてほしいなあ」
思ってしまうところもあります。

そうなると、別の意味でつまらなくなるでしょう……。

 

身辺警護人はドラマです。

実際、ボディーガードやSPとして働いている人から見れば、
「これはあり得ない」と思うシーンが出てくるでしょう。

ドラマの演出上、ありえないことがあり得るのであって、
あり得ないシーンを見たとき「これはだめだ!」思ったら、
つまらないなあ~という感想を抱きやすい

「あり得ないけれど、ドラマだから別にいいか」と、
あり得ないシーンがあっても受け入れる心があれば、つまらないと思わなくなるでしょう。

 

自分にとって面白い部分はどこ?

※ 3話のクライマックスシーンである橋は「富士市の須津川渓谷橋」

僕は脚本や演出に粗があっても、
一番見たい部分「島崎のアクションシーン」をきっちりやってくれるので、
「次回はどんな戦いや危機状況をやってくれるのだろう?」

島崎の戦いに期待しています。
一つでも面白くて期待する部分があれば、多少粗くてもかまわないのです。

実際の警護人はクライマックスシーンとして用意された、
犯人との格闘シーンはほとんどないと思います。

ドキュメンタリー形式だったら、江口洋介演じるSPと島崎の会話が中心となり、
会話ばっかでつまらないなあ~」思い、見なくなるでしょう。

(僕ってわがままだよねえ~)

 

今から身辺警護人を見る人へ

これから見てみようかしら?
思いましたら、脚本や演出の粗さが目に入るでしょう。

特に島崎でなく「キムタク」としてみる箇所が出てくるでしょう。
(例:2話のお姫様抱っこや1話のわざとらしいスーツ半脱ぎなど)

粗さが気になっても上回る感動シーンを自分の中に作れば面白くなります。
(僕なら島崎が犯人と戦うシーン、体を使った戦闘がかっこいい)

動画を見て「ここいいじゃん!」思ったところを一つ作ると、
最終回まで見続けられると考えています。

僕にとっては「過剰だな」感じるシーンも、ほかの人には感動するのです。
あくまでも僕が感じたところを「身辺警護人の評価はここで十分」と思わないでください。

ネット配信されているので、実際に見るのが一番です。

https://twitter.com/bg_tvasahi/status/958655602422554625

後、ドラマを見終えた後はツイッターやインスタグラムなど、
SNSをチェックすると、役者らのちょっとした裏話をはじめ、
他人様の感想や意見がわかるので、面白い
と思うのです。

4話はどんな展開が待っているのか。
どんな格闘シーンを演じてくれるのか、楽しみです。

ABOUTこの記事をかいた人

ミーハー男Taichi

僕はサラリーマンという平凡な毎日を送ること早10年目を迎えました。 職場ってなんとも言えない独特な人間関係がありますよね。。。 当ブログでは、そんな職場などで、朝のあいさつから始まる軽い雑談や、昼休みに同僚とランチをする時などに使える『会話のネタ』を、最新トレンド情報を中心に紹介していきます。 あなたの生活に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪