あいちトリエンナーレ2019の慰安婦像よりとてもひどい展示物に大激怒!

画像元:https://this.kiji.is/

ツイッターを見ていたら、
トレンドに「表現の自由」という単語が出ておりました。

何があったのかと思ったら現在、愛知県で開かれている芸術のお祭り、
あいちトリエンナーレ2019
にてなんと、
慰安婦像(平和の少女像)が作品として出ているではありませんか。

慰安婦像は今の日韓関係だとかなりヤバイ芸術?作品ですが、
それ以上にある作品を見たとき、心から震えと怒りがわきました

なんでこんな展示物を許すのかと。

 

あいちトリエンナーレの展示物テーマに違和感

画像元:https://twitter.com/aichi_triennale

あいちトリエンナーレは2010年から愛知県で開かれている芸術祭です。
国際芸術祭であり国が全面的に支援をしております。

元々は2007年に愛知県知事となった神田真秋さんが公約として掲げました。
神田真秋さんの功績としてあいちトリエンナーレのほか、
愛知万博にセントレア国際くっこうなど整備を行ったのです。

あいちトリエンナーレの特徴として芸術監督が毎年で変わること。

今年はジャーナリストの津田大介さんが監督として、
様々な作品を出しました(津田さんが作品を作ったわけではない)。

今年のテーマは「情の時代」であり、
「表現の不自由」もテーマの一つとして掲げております。

自由でなく"不"自由ですからね。非常に大切なポイントですよ、ここ。

作品の中に「慰安婦像(平和の少女像)」が展示されたのです。

これだけでも日韓関係を刺激するうえで結構な問題になるのですが、
こっちが本当にやばかった。

 

昭和天皇を燃やす作品は芸術に入るの?

画像元:https://www.youtube.com/watch?v=wkBfqK-MKn0

ほかの展示物に現在の総理大臣である安倍晋三さんを踏みつける作品や、
アメリカ国旗をテントの下地にして踏みつける展示物もありました

僕が見て一番やばいと思った展示物が昭和天皇を燃やす作品です。

※上記画像元は韓国の放送局KBSが撮影したもの

これは本当にやばいよ。日本だからクレームで済んでいるのであり、
場合によっては作った人がタコ殴りにされてもおかしくありません。

日本だから、この手の作品を作った人もきちんと守られるのですが、
海外でこれと似たようなことをやらかしたら本当にヤバイ。

命の保証はおろか社会的に抹殺されてもおかしくありません。

僕は大変腹が立っています。芸術作品として非常に幼稚すぎる!

「いじめは本当によくない」と口で言いながら、
いじめられている子供を指さして笑う大人を見ている感じ
です。

僕は普段、芸能人などの良い部分やすごいところに感動しているのですが、
さすがにあいちトリエンナーレ2019で行われている展示物は、
別の意味の感動を作り、日本をバカにしたいのか?

国の補助を受けてよく日本をバカにする作品を出せるなと思いました。

一部では「それこそロックな生き方だ、芸術的な生き方だ」言うのでしょう。
だけど国から補助をもらっておきながらロックな活動をしても、
考え方が幼稚にしか思えません。

体は大人でも中身が成長しきっていないいじめっ子という感じでしょうか。

さてこれについてもっとヤバイ展示物が出てきました。
続きはこちら。

 

芸術館長津田大介の生い立ち

画像元:https://mainichi.jp/

最後にこんなのを許したというより行った津田大介さんの、
軽い生い立ちを見ていきたいと思います。

僕が知っている津田大介さんは2010年あたりから、
ニコニコ生放送の討論番組でよく司会をなされていた方です。

津田大介さんは1973年生まれの2019年時点で45歳
東京都出身でありお父さんは社民党の秘書をやりながら、
活動家としても知られておりました

津田さんが作家になったきっかけはしんぶん赤旗を読んだこと。
早稲田大学社会科学部を出た後、面接を受けたのですが全て落ち、
物書きとしてライターを行いました。

現在は作家のほかに大学教授(情報分野)を務めております。

討論番組を通して僕は津田さんを知っているので、
「まさかこんな人だったとは」とただ驚いています

司会としては聞き取りやすい方だったので、ただただショックですね。

ちなみに津田さんには続きがあります。怒りよりも怖いですよ、これは……
あいちトリエンナーレの続きです。

最後に表現の不自由にはある大きな矛盾があったのです。

 

写真の私的目的はOKだがSNS拡散を禁止!

画像元:https://twitter.com/mi8765432

今回の「表現の不自由展」においてあいちトリエンナーレ側は、
「展示物においてSNSでの拡散を禁止する」と、周りに広める自由を封じています。

はじめは写真の撮影すら禁止だと思っていたのですが、
私的目的なら別にとっても構わない
のですね。

実物を見てほしいからSNS拡散を禁止とのことですが、
ツイッターを見ると何人かが既に写真を張り付けております。

一部、北朝鮮の兵士に関する写真がありました。
そちらは北朝鮮を批判する意図がありません。少年兵の日常を収めております。

表現の不自由をテーマに掲げておきながら、
感動を伝える自由を封じるなんて、矛盾しかないわけですよ。

というより拡散されて困る展示物なら最初から出すなよ!

普段あまり怒らない僕ですらキレる内容なので、
あいちトリエンナーレに行く人はぜひ血圧に気をつけて、
芸術を堪能してください。

ちなみに韓国が話題になっているニュースとして、TBSのある出世条件にびっくりします。

さらにこれが出てくると……

 

関連記事:あいちトリエンナーレ2019で韓国展示物がもたらす”超大きな”損失はコレ!

関連記事:あいちトリエンナーレ2019の津田大介監督の発言が冗談抜きで怖すぎる件

ABOUTこの記事をかいた人

ミーハー男Taichi

僕はサラリーマンという平凡な毎日を送ること早10年目を迎えました。 職場ってなんとも言えない独特な人間関係がありますよね。。。 当ブログでは、そんな職場などで、朝のあいさつから始まる軽い雑談や、昼休みに同僚とランチをする時などに使える『会話のネタ』を、最新トレンド情報を中心に紹介していきます。 あなたの生活に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪