あいちトリエンナーレ2019津田大介監督の高安正明氏にやらかした過去が怖すぎる件

画像元:https://www.sankei.com/

事件から一週間たっても全く収まる気配のない、
あいちトリエンナーレにおける「表現の不自由展」で、
次から次へと新しい情報が入ってきます

あいちトリエンナーレ関係者を脅迫した人が逮捕されているのですが、
うち一人は60年代の安保闘争でよく見るヘルメットをかぶっており
いろいろ変なものが入ってきております。

芸術祭がすっかりプロパガンダへ変わってしまったのです。
現状をツイッターなどで見ながら思うのです。

津田大介さん及び大村知事、そしてあいちトリエンナーレスタッフは本当に虎の尾を踏んでしまったのだなあ

津田大介さんだけを見ても、かなりやばいことを述べていたのです。

ある発言を聞いたとき、僕は怒りより怖いと思いました。
またライターの高安さんという方が述べた発言を見たとき、

津田大介さん、怖いわあ…

震えてしまったのです。

 

津田大介「コ〇ス」リスト

まずは津田さんの怖さから見ていきましょう。

ニコニコ生放送で津田大介さんと大学教授の東浩紀さんが、
お酒を飲みながらぶっちゃけトークをしておりました。

上記ツイートに埋め込まれた動画にて、
あいちトリエンナーレ監督が津田大介と分かり批判している人たちに対し、
ツイッターで「コ〇ス」と名前を付けてリスト化したのです。

本当、東浩紀は悪い意味で聞き上手です。
津田さんにとってなるべく胸の内にしまっておきたい内容を、
お酒の勢いに任せ、吐かせようとするのですから。

東さんが余計なことを言わなければ、津田さんのコロスリスト発言もなかった。

僕も今回のあいちトリエンナーレには批判目線で見ているので、
津田さんの「リスト」に含まれているでしょう。

僕の場合は批判というより嫌悪です。

 

はじめは展示品を学芸員に任せていたが……

引用元:https://www.hokkaido-np.co.jp/article/322393

北海道新聞の金曜カフェによりますと、
津田さんがインタビューでこう述べておりました。

今、「アーティストとジャーナリズムの距離は近い」との思いが確信に変わりつつあるという。

(中略)

約80組の作家選びは当初、学芸員に任せるつもりだった。ところが、上がってきたリストを見て「ピンとこない。これはまずい」と方針転換。自ら決定権を握った。「僕はそういう(人の権利を奪う)タイプの人間ではありません。でも、そうしないと『情の時代』というテーマにこだわった内容にならないと思った。仕事は5倍くらい大変になったが、その方針のおかげで(参加作家の男女比を半々とする)ジェンダー平等も達成できました」

引用元:https://www.hokkaido-np.co.jp/article/322393

学芸員に任せるつもりだったけど、津田さんが「ピンとこない」理由で、
自分から仕事を増やし、展示したい世界観を出したのです。

結果がいい方向に転がるなら構いませんが、今回は炎上騒ぎになりました

学芸員にすべてをゆだねていたら、どうなっていたのでしょう?

ところで大きな問題になっているのが「津田さん自ら選んだ」という部分。

なぜ問題になったかといいますと、
名古屋河村たかし市長が抗議した際、大村愛知県知事が言いました。

憲法21条のいう検閲と取られてもしかたがない

※検閲:国家機関が思想や治安目的から事前かつ強制的に、
展示物(ほかは新聞など)を調べ取り締まる行為。日本国憲法では禁じている。

引用元:https://www.huffingtonpost.jp/entry/hyougenno-jiyuuten_jp_5d47ae5ee4b0ca604e343f13

あいちトリエンナーレは文化庁や愛知県に中日や朝日、
NHKといった放送団体がお金を提供し、3年に一度の芸術祭を開いております。

国家がかかわったプロジェクトでもあります。
津田大介さんは芸術監督であり、権限が最も強い立場におります。

最初は学芸員に任せていたのにパンチが足りないという理由から、
(あるネット番組では炎上目的と述べていまいた)監督として権限を使っているのです。

彼のやっていることが僕から見ると検閲にあたりますので、
大村知事の言っていることがあべこべに思えるのです。

大村知事については検閲を含めてこちらでも触れております。

違和感を抱いていたら
かつて津田さんと一緒に仕事をしていた人たちが驚愕の告白をしていたのです。

さすがにこれは震えました。

 

津田大介の若い頃のある出来事に怒る人

画像元:https://anonymous-post.mobi/archives/12370

数日前にフェイスブックにて若い頃の津田大介さんを雇っていた、
高安正明さんが当時の津田さんを振り返っていました

彼はバイトであるにもかかわらず、
副社長の権限をよこせといいつつ、お金を横領していたと。

横領を不問にする代わりに給料をやらないといったら、
給料をよこせ、労基に訴える!」といわれたと。

ほかにも津田さんと一緒に仕事をした人がこう述べていました。

弱り目に祟り目といいましょうか。

津田さんが弱っているときに守る人(主に大手マスコミ)もいれば、
当時の嫌なエピソードを思い出し、反省している状態でもないので、
いろいろさらしている人もおります

弱ったときに流れる情報を見ますと、
普段から清く正しく生きることがどれだけ未来の自分を助けることか!

同時に過去に津田大介さんと一緒に仕事をした人が、
彼のふるまいに対し、どれだけ怒っているか。

こういうところに気づくと、怒りよりも怖いと思いました。

世間(高安さんなど)はきちんと特定の人(津田さん)を見ているのですね。

 

外資系企業が避けたい「こんな電凸」

画像元:https://www.amazon.co.jp

怒りといえば津田さんや大村知事以上に、
あいちトリエンナーレでの出来事を詳細に報じないどころか、
ゆがめた形で報じるマスコミの姿勢に腹を立てています

津田さんや大村知事は社会から何かしらの制裁が訪れるので、
現在ではマスコミに比べると激しい怒りを抱いていません。

2ちゃんではあいちトリエンナーレのスポンサーに電話をかけたところ、
外資系企業は星条旗の話が出ると、一番動揺しているとのこと。

ほかに愛知県庁へ電凸した人は官庁や大村知事後援会、
そしてスポンサーには一切電話をかけないように
といわれました。

僕の友達はそれを聞いて、アメリカ大使館に電話するとのこと。
アメリカ大使館はすでに今回の出来事を把握済みです。

ことの顛末はどうなっていくのでしょうか……

ちなみに津田さんを軽く調べたところ、
こんなきっかけがあってライターを目指したのです。

 

関連記事:あいちトリエンナーレ2019で韓国展示物がもたらす”超大きな”損失はコレ!

関連記事:あいちトリエンナーレ2019の慰安婦像よりとてもひどい展示物に大激怒!

ABOUTこの記事をかいた人

ミーハー男Taichi

僕はサラリーマンという平凡な毎日を送ること早10年目を迎えました。 職場ってなんとも言えない独特な人間関係がありますよね。。。 当ブログでは、そんな職場などで、朝のあいさつから始まる軽い雑談や、昼休みに同僚とランチをする時などに使える『会話のネタ』を、最新トレンド情報を中心に紹介していきます。 あなたの生活に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪