加藤遊海のプロフィールに省略された出来事を読んで震えた

画像元:https://www.instagram.com/yuumi_kato/

今週木曜日のダウンタウンDXにモデルの加藤遊海(ゆうみ)さんがでます。

遊ぶ海で「ゆうみ」ですか。面白い名前ですね。

プロフィールを見ると「すごいなあ」思いました。

プロフィールに書かれていない、省略された出来事を調べると、

「やばいな、この子、マジすごいやん」びっくりしたのです。

 

加藤遊海のプロフィールをざっくり紹介

画像元:https://www.instagram.com/yuumi_kato/

まずは所属事務所にある加藤遊海プロフィールをみましょう。

※ 事務所はセントラルジャパン。
モデルの経験を生かして生まれた事務所で、所属タレントはモデルばかり。

身長は173cm、体重は非公開となっています。
(BMI指数を参考にすると、およそ50から65の間だと思う)

スリーサイズはB84 W62 H89、いい体型ですねえ。

血液型はAB型。一つのこだわりに対して手を抜かない姿勢があります。

AB型の詳細はこちらをお読みください。
自分の血液型が見えると、人気を勝ち取る結果にもつながります。

次に特技やライセンスとして、

  • 特技:英語、マレー語に中国語
  • ライセンス:茶道やレスキュースキューバダイバー

ダイビングライセンスは加藤さんが10歳のころ、
マレーシアで取得したとのこと。

10歳のころからすでに何かしらの技能を取得するところを見ると、
両親は教育にも力を注いでいるのだなあと思うのです。

言語はマレーシアで生活しているうちに、
いろんな人と知り合って身に着けたものと思われます。

……一つ疑問が浮かんできました。

 

加藤遊海はマレーシア生まれの外国人なの?

画像元:https://www.instagram.com/yuumi_kato/

加藤遊海さんは1996年、日本の愛知県で生まれました。
2018年時点で22歳であり、日本で仕事を行っています。

加藤さんは5歳のころに両親の仕事の関係でマレーシアへ移住したのです。
両親はともに日本人であり、片親がマレーシアの人ではありません。

外見はもちろん、マレーシアに何年もいたことから、
「加藤遊海さんは日本人とマレーシア人のハーフ?」
ささやかれているのですが違います。

加藤さんのお父さんはマレーシアでお店を経営しています。
マレーシアの人に日本の味としてカツカレーといった、日本食を出しているとのこと。

加藤さんの両親、どういう経緯があってマレーシアに店を持ちたい!
考えるようになったか、知りたいものです。

加藤さんの両親の仕事を見ておりますと、
世界の各地にて「なんでそこに日本人がいるの?」
という趣旨の番組を思い浮かべますね。

特に日本では危険地域と呼ばれる場所におりますと、
「そこにいるだけですごい」と思うのですよ。

危険区域にも堂々と脚を踏み入れ、
現地の人たちの心をわしづかみにするお笑い芸人が下ります。

彼は現地へ行くとき、こんな注意ごとを述べているのです。
現地のロケの実態を知りたいならぜひお読みください。

 

加藤遊海の裏プロフィール"いじめ"

画像元:http://www.jskl.edu.my/

ここからは所属事務所に書かれていない部分です。

加藤遊海さんは中学校時代にいじめられていたのです。
加藤さんはマレーシアのクアラルンプール日本人学校に通っていました

一時、学校へ行かずに引きこもっていたとのこと。
そこで両親が荒療治という名の試練を加藤遊海さんへ与えました。

画像元:https://www.google.com/maps/

ティオマン島に加藤さんを一人置き去りにしたのです。

普通ならできませんが、マレーシアという日本人があまりいない場所で、
加藤夫妻も経営をして綱渡りの状況を歩いているから、
生きる強さを身に着けるために、考えていたのかもしれません。

ティオマン島は加藤さん一家がよく旅行で訪れており、
現地の人たちとすんなり打ち解けあったとのこと。

現地のダイビング専門ショップで働きながら、
現地の人と一緒に獲物を狩り、魚を釣り、少々のことではへこたれなくなったのです。

くわえてミス・ユニバースに出たきっかけにもつながっています。

「いじめや弱くて立ち直れない子たちに対し、生きる希望を与えたい」

ティオマン島での体験は単に自分の心を強くしたばかりか、
将来を左右する重大な出来事でもあったのですね。

表に出てこない情報はとても面白い。

ちなみにいじめられた経験のある芸人の話として、
「こんなやり方でいじめを克服しました」話があります。

彼は暴力で克服するのでなく、お笑いという特技を生かして解決に至ったのです
僕はこのかたの克服法が面白いと思うのです。

加藤さんのように、お笑いが彼の今後を決めておりますし。

 

日本に帰国して茶道を学んだ理由って?

画像元:https://www.instagram.com/yuumi_kato/

加藤さんは15歳あたりに日本へ一時帰国します。

茶道の家元で2年ほど修業を重ねたのち、
再びマレーシアの日本人学校を卒業したのです。

なぜ茶道を学んだのか?
考察しているブログを読んで「なるほど」思ったのです。

実家が日本の味を出す喫茶店を経営しているから、
日本の味や作法を学んでほしかったのかなあと。

卒業後はモデルやタレントに焦点を絞り、
ミス・ユニバースで優勝を勝ち取り、今に至るのです。

プロフィールはもちろんですが、
プロフィールに省略された出来事を読むと、面白いなあと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

ミーハー男Taichi

僕はサラリーマンという平凡な毎日を送ること早10年目を迎えました。 職場ってなんとも言えない独特な人間関係がありますよね。。。 当ブログでは、そんな職場などで、朝のあいさつから始まる軽い雑談や、昼休みに同僚とランチをする時などに使える『会話のネタ』を、最新トレンド情報を中心に紹介していきます。 あなたの生活に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪