武田邦彦ホンマでっか降板疑惑の真相がまさかのコレだなんて!

画像元:https://www.instagram.com/p/BpRKmkPlXRw/

あさって水曜日の「ホンマでっかTV」に深田恭子さんが出ます。
30半ばかつ独身でありながら、魅力ある表情と体型を持つ彼女

なんと不眠に悩まされているとのことで気になるのですが……
同じく気になったのが学者の武田邦彦(画像左)さんです。

※右はジャーナリストの森田豊さん

武田さんは科学の見地から自説を述べて反論も受け付けるという、
面白い先生であり僕は好きです。

深田さんの不眠にどんな見解を述べるかが楽しみ。

武田さんがホンマでっか!TVに意見を言う側として出るとのことで、

あれ、武田さんって前にホンマでっか!TVを降板したって聞いたのだけど……?

気になったので調べてみたのです。

 

武田邦彦ホンマでっか降板疑惑を調べた結果

画像元:https://www.instagram.com/p/ByrPlERg_DD/

2015年11月のヤフー知恵袋にて「武田さんは降板されたのか?」
という質問がありました。

次に去年の質問に同じことが書いてありました。

さらにブログでホンマでっか!TVの降板について書いてあったのですが、
武田先生でなく門倉先生という方が降りたのです。

門倉先生が番組内で共演者(先生)の批判を死、ツイッターで炎上。
その後共演者も同じく降板したのです。

武田さんが降板したという情報は一切ありません。

一方でこんな意見もありました。

武田さんをあまりホンマでっか!で見なくなった。
だから降ろされた、干されたの?とのこと。

今回武田先生が出るので降板ではありません。
仮に降板するならブログなり番組で正式発表をするでしょう

なお、関連としてこちらでも降板するのではとささやかれています。

こちらは武田さんよりあの人のほうがささやかれていますけれどね。

 

武田邦彦の生い立ちを調べてみた

画像元:https://www.instagram.com/p/By7zGbWAiAJ/

僕は何かのテレビ番組で武田邦彦さんを知りました。

武田邦彦さんがスッパスパ物事を言うから面白く、
批判においても真正面から受け取る方であり、賛否両論はあれど僕は好き

で、僕は武田先生がどんなキャリアや生い立ちを持っているか。

今日まで全く興味を抱かなかったので調べてみました。

武田邦彦さんは1943年東京都生まれ。
2019年時点で76歳。すでに結婚してお孫さんもおります。

1962年に都立西高校を出て66年に東大教養学部基礎科学を卒業した後、
旭化成工業へ就職しました。

いきなり学者になったのでなく、会社勤めをしていたのですね。

旭化成工業でウラン濃縮の研究開発に携わり、
研究者として論文を出し、1986年に東大から工学博士の学位を得た
のです。

画像元:https://www.meti.go.jp/

ウラン濃縮といえば現在、韓国が日本からホワイトリスト国を除外され、
韓国側が大いに焦っている出来事を思い浮かべます。

新聞だと徴用工の報復と報じていますが、
経済産業省のホームページをはじめ、輸出項目の一つであるフッ化水素が、
ウラン濃縮に欠かせない材料となっております

※フッ化水素は化学反応を起こしやすい取扱注意物。

安全保障上の視点から輸出で厳格な審査をすると、日本が決めたのです。

※ホワイトリスト国除外=輸出においてお目こぼしをしないと抑えればOK。

話を戻し、武田さんは1986年にウラン濃縮研究所長に任され、
91年で旭化成を退職した後、93年から芝浦工業大学の教授になります。

現在は中部大学で学生に工学知識を教える一方、
テレビやネットニュース番組では環境問題を科学の視点から解説し、
とても面白くためになる話をしているのです。

一部は科学的な常識を覆す内容であり、
「トンデモ発言をする人」と捉えられています。

結構あるのですが、僕が一番印象に残っているエピソードを上げましょう。

 

トンデモ発言?地球は温暖化でなく寒冷に向かっている!

画像元:https://www.youtube.com/watch?v=aWxEfZoehM8

まぐまぐニュースにあった内容であり、
ネット番組でもたびたび武田さんが主張していることとして、
地球は温暖化どころか寒冷化へ向かっていると述べています。

地球温暖化は二酸化炭素量が増え、オゾン層を破壊が進み、
紫外線が直接当たるようになり、北極や南極の氷が解け、異常気象が生じ……

はっきり言って僕もよくわかりません。
二酸化炭素が増えすぎたことが地球温暖化の原因だ。

という情報のみ僕はつかんでいます。学校で習う情報ですし。

武田さんによると、地球温暖化の背景には政治や経済が深く絡み、
意味のない対策に無駄な税金を費やしている
と主張しています。

二酸化炭素濃度が上がったからといって、
その後の流れでどうやって温暖化に向かっていくのか?

画像元:http://www.jaxa.jp/

一応二酸化炭素濃度が高い場所として金星(上記画像)があります。

温室効果および地球よりも太陽との距離が近いことから、
400度くらいの熱さがあるのですけれど……

科学は実際にいろいろ実験しないと分からないことが多い。

二酸化炭素だけでなく地球には地熱やヒートアイランド現象をはじめ、
気流や温かい空気を運ぶ高気圧など温暖化要因はいろいろあります。

「二酸化炭素がありすぎるから地球温暖化へ結びつくんだ!」

主張している人から見ると、武田さんの発言はトンデモ発言であり、
「何を言っているんだ、こいつ」とみなされます。

武田先生はほかにも有害物質や資源環境、遺伝子ほかにも言及し、
「あなたの主張はさすがにおかしい」と時々いわれているのですね。

僕ら一般人をはじめ、一部の学者やジャーナリストからも。

画像元:https://www.instagram.com/kyokofukada_official/

今回、深田恭子さんらといったゲストに対して、
武田先生は科学の視点からどんな切込みを行うのか?

ちなみに深田さんは「ぐっすり眠れる子」がうらやましいとのこと。

僕たちが一般常識としてつかんでいる論調で述べるのか?
全く知らない「え、そんなところから?」という見地で述べるのか

ワクワクしております。

 

関連記事:武田邦彦の虎ノ門ニュース降板を調べた結果まさかの炎上事件に大爆笑

関連記事:全人類必見!武田邦彦の父親が持つ数学的思考と熱い武士道エピソード

ABOUTこの記事をかいた人

ミーハー男Taichi

僕はサラリーマンという平凡な毎日を送ること早10年目を迎えました。 職場ってなんとも言えない独特な人間関係がありますよね。。。 当ブログでは、そんな職場などで、朝のあいさつから始まる軽い雑談や、昼休みに同僚とランチをする時などに使える『会話のネタ』を、最新トレンド情報を中心に紹介していきます。 あなたの生活に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪