牛窪恵のホンマでっかTVでの”ある仰天発言”がとても酷いのだが

画像元:https://www.instagram.com/meg_ushikubo/

本日のホンマでっかTVに、
評論家かつタレントの牛窪恵さんが出ます。

牛窪さんは大検を通して日本大学に入ったのち、
ある会社で働いたのち独立し現在に至っています。

20代半ばに元職場の同僚から
ストーカー被害を味わい大変な時期を送っていました。

大学時代からサイパン旅行中に、
今の旦那と出会い、紆余曲折あって結婚。

現在はタレントとしてホンマでっかTV以外にも、
所さんの番組に出演しながら、
作家としても様々な本を出しています。

牛窪さんは本日のホンマでっかTVスペシャルに、
評論家軍団として福岡県民特集、
および2020年第予想特集
に出るのです。

牛窪さんはマーケティングを通し、
時代を作っています。

彼女がホンマでっかTVに出た際、
僕にとって驚きと怒りそして納得という、
複雑な感情を抱きました

まずは怒りからどうぞ。

 

男は雑菌を持ち込むバイキンマン

画像元:https://www.youtube.com/watch?v=35SabIuuXRc

2015年の知恵袋によりますと、ホンマでっかTVで牛窪さんは発言しました。

「男は雑菌を持ち込むバイキンマン」

どの特集で上記の発言をしたかわかりません。
おそらく草食系男子といった男性特集で述べたのでしょう。

僕は男なので上記の発言にカチンと来ました。

もちろん女性の中には「牛窪さんの言う通り」捉える人もいるでしょう。

実際男性の中には次から次へと問題を持ってきて、
穏やかだった生活をぶち壊されてしまう。

結果、人生設計に狂いが生じた女性の割合が多く、
バイキンマン扱いしているのかもしれません。

そうとらえると僕も結構雑菌を持ち込み、周りを困らせていたのでしょう。

画像元:https://www.instagram.com/meg_ushikubo/

ホンマでっかTVは評論家が遠慮なく発言していくので、
僕から見ると「はあ?」という発言も笑いになります

どの特集で述べたのかわかりません。

牛窪さんの発言に当てはまる男性(僕を含む)もおりますが、
それでも僕は男としてバカにされている気がし、カチンと来ました。

なおホンマでっかTVの出演者は、
僕にとってカチンとくる発言も許されております。

この先生も結構過激で鋭い発言を述べており、
前にある番組で過激な発言をしたところ、降板させられてしまったのです。

降板させられた番組に比べますと、
ホンマでっかTVはある程度自由のきいた良い番組だと思っています。

僕は牛窪さんの上記発言にカチンと来ますが、
今すぐ降板しろ、させろとは全く思いません

批判も意見も含めて表現の自由(そして責任)ですから。

ただ旦那はこの発言をどう思っているのでしょう?
気になりました。旦那様についてはこちら。

笑って許すだろうと僕は思っています。

 

牛窪恵のホンマでっかTV名言を調べた結果

画像元:https://twitter.com/Clairight

牛窪さんのホンマでっかTVでの発言や意見について、
ツイッターを見ますと酷評が目立ちます。

僕が気になった発言として、

「韓国では一重の塩顔に整形手術する子が増えている」

塩顔とは目が鋭く色白、唇が薄くあっさりした顔です。
女性芸能人はほとんど見かけませんが、
男性芸能人だと高橋一生さんや向井理さんが当てはまります。

画像元:https://www.instagram.com/pbygram/

いろいろ調べたところ、韓国Kスタイルというサイトで、
アイドルの子たちが一重で薄くあっさりした顔という、
塩顔女子が人気かもしれないと書いています。

※画像の女の子はKスタイルから塩顔女子とみなしているパク・ボヨンさん。

ほかの発言を箇条書きにしますと

  • 男より女のほうが酔うと一夜の過ちを犯しやすい
  • スマホ画像アプリのせいで化粧しない女子が増えつつある

他、性に関する事情もあったのですが、過激すぎて書けない内容でした。

牛窪先生も武田邦彦さんなみにすごいなあ。

男は雑菌を持ち込むバイキンマン
という発言はまだ優しい方だったと気づかされたのです。

 

納得できる牛窪恵の「親ラブ族」分析

画像元:https://mainichi.jp/sunday/

ホンマでっかTV以外から牛窪さんを調べますと、
2日前の毎日新聞にこんな分析がありました。

牛窪さんが現在の親子関係について考察し、
「親ラブ族」という新しい単語を創り上げたのです。

牛窪さんの会社で様々な調査を行った結果、
平成生まれの男子女子は親との関係が良好とのこと。

親との関係が良好を示す一つの指標として、
20を超えても父親、母親と一緒に風呂へ入る女子、男子。

20代になって母親と一緒に歩くのをなんとも思わない男子。
同じく女子の場合は「パパとデート」と平気でいう。

牛窪さんは両親世代のトレンドに原因があると述べています。
平成世間の流行に流されやすい時代でした。

だから両親が若い子のトレンドにのっかる努力をし、
両親でありながら友達としてもいられると。もちろん僕もこの傾向がありますよ。

一方で子供の自立心が育たず、
恋愛から結婚に向かいにくいとも分析しているのです。

この分析は大方当たっていると僕は思います。

画像元:https://www.irasutoya.com/

僕にとって親は友達ではありませんけれど、
若い頃には全くなかった感情が芽生え(恋愛ではない!)いたわるようになりました。

いたわりも親ラブ族に当てはまるのでしょうか?

牛窪さんの発言集を見ていきますと、
納得できる部分もありますが、驚きと怒りのほうが強い

今日のホンマでっかTVでは福岡県民特集より、
2020大予言でどんな分析をするか楽しみです。

 

関連記事:牛窪恵の味わった性被害体験が二つの意味で非常に恐ろしい件!

関連記事:牛窪恵の夫との馴れ初めを語るうえで絶対に外せない戦慄の大事件



ABOUTこの記事をかいた人

ミーハー男Taichi

僕はサラリーマンという平凡な毎日を送ること早10年目を迎えました。 職場ってなんとも言えない独特な人間関係がありますよね。。。 当ブログでは、そんな職場などで、朝のあいさつから始まる軽い雑談や、昼休みに同僚とランチをする時などに使える『会話のネタ』を、最新トレンド情報を中心に紹介していきます。 あなたの生活に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪