峯村リエの若い頃を調べた結果まさかこんな形で女優になろうとは!

画像元:https://www.instagram.com/sei_matobu/

明日の朝です旅サラダに、
女優の峯村(みねむら)リエさんが出ます。

今回、峯村リエさんは作家太宰治の軌跡を踏む形で
青森県を回ります。

ところでインタビューで演劇について問われたとき、
女優そして人の生き方として興味深い内容
語っておりました。

ふと気になったのです。

峯村リエさんの若い頃はどんな舞台や、
どんな気持ちで演技に挑んでいたのだろうか
と。

またその時の写真や動画はないのだろうかと

ちょっと調べてみたところ……

※上記画像左の女性は女優の真飛聖さん。

 

峯村リエの若い頃を調べた結果

画像元:https://www.youtube.com/watch?v=jOVpB4Nl77I

とりあえず若い頃の年齢について、10代から30歳未満と決めます。

峯村リエさんは1964年生まれです。
お母さんが舞台鑑賞にはまっており、リエさんも一緒に見て育ちました。

お母さんがまだリエさんを産んでいないころ、
劇団四季のオーディションを受けたのですが……

現在と違って1930年前後あたりの日本では女性に対して、
今よりも立場が高いわけではなく、断られたとのこと。

すぐ演劇の道に入ったかと思えば中高時代は、
体育会系(水泳部)の部活に所属するスポコン少女でした。

一方でイベント制作会社にアルバイトをしていた時、
制作会社社長の奥さまがかっこいい女性
だった。

奥さまは文学座という劇団出身の元女優であり、
あまりのカッコよさに憧れを抱き、俳優の養成所へ入ったのです。

画像元:https://www.youtube.com/watch?v=qKilMtFpjRA

ただし初めから役者を目指したわけではありません。
リエさんは作家を目指すため演出を学びました。

演出に関する授業ではいかに役者を動かすかが大切であり、
役者と同じコース(間の取り方など)を学んだのです。

リエさんが作家から役者へ変えたきっかけは先輩の一言でした。

「あなた、作家としての才能がないわ」

落ち込んでいた時、知り合いが新たな劇団ナイロン100℃を立ち上げ、
作家から女優へと転身したのです。

ナイロン100℃は1993年に始まりました。この時リエさんは29歳。

さらにテレビデビューは1999年ドラマ「ケイゾク」であり、
35歳で初めて顔を出したのです。

舞台時代の画像をいろいろ調べたのですが、
現時点で彼女の若い頃の画像はありません。

なお30代も若い頃に含めるなら、こちらのドラマですごい姿を披露しております。

 

峯村リエは女優になるべくしてなった!

画像元:https://www.youtube.com/watch?v=Pw1_IJ4pdAo

峯村リエさんは幼いころは母親の影響で、
アルバイト中に元役者の女性と出会いました。

はじめは作家を目指していたけれど、
先輩から「才能がない」はっきり言われ落ち込んでいるとき、
別の女優から「新しい劇団に入らないか」と声がかかった。

運がいいというより役者としての人生ですね。

劇団ナイロン100℃に入った当初、
リエさんが思ってもいない役をやらされ悩みました。

「なんで私がこんな役を?」

一度別の舞台やミュージカルに出るのですが……
ナイロン100℃の舞台はネジがずれて面白いのに対し、
別の舞台では型通りでつまらなさを抱いた。

結果、劇団ナイロン100℃で演じたほうが自分らしくいられる。
悟りを開き、現在に至ります。

画像元:https://spice.eplus.jp/articles/167133

若い頃だからこそ将来について悩みます。

10代のころは「自分はこうなるんだ、これはしたくない!」
はっきりと夢を抱きながらも、もがく時期でした。

20代後半になって若い頃のゴールが見えてしまうと、
今度は老化も含めて別のゴールを気にしなければなりません。

若い頃には見えなかったものが見えてくる。

リエさんも女優業をやめようかと思っていた時期はありました。
求人広告を見たらなんと、年齢制限があったのです

今から一般企業に勤めても年齢制限によって落とされる。
だったら女優として必死にもがくしかないと。

さらにリエさんは舞台を終えた後に響く拍手の音を聞き、
女優として今後もやっていけられると確信
したのです。

ブーイングや拍手が生じなければ今頃、別の道を歩んでいたかもしれません。

 

峯村リエが若い子に送るアドバイスがなんと!

画像元:https://www.instagram.com/keijitokenji/

音楽プロデューサー桑原茂一さんとリエさんが対談していました。

桑原さんが「これからお芝居を目指す子にアドバイスを」
尋ねたのでリエさんはすぐ答えました。

「女優なんてやめとけ、目指したらいけない」

もちろんこの発言は冗談であり、

「人に尋ねないで、まずはやってみろ」

いいアドバイスですね。
将来なんて自分を含めてだれにもわかりません。

わからないからこそ、本当にうまくいくのかなあ?
不安があるのは大変わかります。僕だってありますし。

年をとれば経験もあって、うまくいくかどうかが計算できますが、
計算を含めて「もっとこうしたらうまくいくな」と気づくのです。

とにかく失敗していいし、時間は無駄でないばかりか、
新しい扉を開くきっかけになるので、やってみるのがいいか
と思います。

リエさんも最初は作家志望でしたが、
作家として失敗した!と分かった後にまさか、
役者として声がかかるなど思ってもいませんでした。

若い頃のリエさんもまさかこうなるとは予想できないでしょう。

最後に一つ。リエさんの最近の画像をいろいろ調べていたところ、
ある時はロングだったりショートだったりと、
髪の毛が定まっておらず
、いろいろ試しているのかなあと思いました。

 

関連記事:峯村リエと池谷のぶえが似てるって本当?

関連記事:峯村リエが池袋ウエストゲートパークで演じた役に驚いた

ABOUTこの記事をかいた人

ミーハー男Taichi

僕はサラリーマンという平凡な毎日を送ること早10年目を迎えました。 職場ってなんとも言えない独特な人間関係がありますよね。。。 当ブログでは、そんな職場などで、朝のあいさつから始まる軽い雑談や、昼休みに同僚とランチをする時などに使える『会話のネタ』を、最新トレンド情報を中心に紹介していきます。 あなたの生活に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪