鈴木亮平の色気と魅力が某国民的アイドルと違うところから出ている件




画像元:https://twitter.com/ryoheiheisuzuki

ヤフーニュースにて
俳優の鈴木亮平さんが同業者から
べた褒めされておりました。

いろんな役をこなしながら、凄みを感じると。

僕も鈴木さんのある部分にやられた一人(笑)

素人の僕がほめるのはもちろんですが、
同業者から褒められるところに、
鈴木亮平さんのすごさがありますね。

と、ここで気になりました。

第三者は鈴木亮平のどこに魅力があり、
なぜ彼がドラマや映画で採用されるのか?

意外なところに答えがありました。
カギはジャニーズとの違いです。

 


鈴木亮平の簡単な生い立ち

画像元:https://youtu.be/C2r2hGY8RM4

始めに鈴木亮平さんの簡単な生い立ちから見ていきます。
1983年兵庫県生まれの2021年で38歳

小学校高学年時、アニメを見て声優に憧れを抱いた。
そして小学校6年生時、阪神淡路大震災に見舞われた。

阪神大震災についてはこちらをお読みください。

震災から数日後、電車にのって崩壊した町を見たとき、
お父さんが言いました。

「この景色を覚えておきなさい」

鈴木さんのお父さんがとても勉強できる人だなとわかります。

ショックに対して、きちんと一言を言ってあげる。
今見てる光景が将来、何らかの形で生かされるだろうから。

経験の投資とも呼べる言葉です。

お父さんも普段から勉強している人でないと、
今起きている出来事に対し、冷静な視点で物事を語れないし、
子供に「きちんと覚えておきなさい」とは言えません。

まず自分がパニックになります。

画像元:https://youtu.be/j2nFSuHY_vg

さて鈴木少年は中学生時、映画を見て俳優になりたいと決めた。
周りに伝えたら「は?」と、白い目で見られた。

かえってやる気がでた。

兵庫の高校を出た後、東京外国語大学に入ります。
演劇サークルに入り、改めて進路を俳優に定めた。

就職としてあちこちのタレント会社に履歴書を送ったものの、
採用してくれた会社がモデル事務所のみ。

モデルとして仕事をこなしながら、2006年にテレビドラマデビュー、
翌年に映画デビューをします。

なお週刊FLASHのインタビューによりますと、
モデル時代にたくさんのオーディションを受けて、次々落選。

結果、オーディションに落ちてもショックを受けにくくなった。
(ショックによってほかの仕事に影響を与えるリスクがない)

述べております。

2011年に一般人の女性と結婚、
NHKドラマなど様々なドラマ・舞台・映画で活躍しているのです。

 

鈴木亮平の色気は”目”にある

画像元:https://youtu.be/Cz79t4ILeJ0

鈴木亮平さんの魅力はどこにあるのでしょう?

僕がドラマを見たとき、たまたまTOKYO MERだった。
医療現場で働く男性リーダーを演じていました。

リーダーであり、難しい決断も重たく受け止めながら、
時に熱く、それでいて冷静に仕事をこなす。

鈴木さんの目がきりっとしてて、よかった。

上記画像は映画「孤狼の血」で悪役を演じる鈴木さん。
目が怖くてきりっとしてたまらない

僕の場合、鈴木さんの色気は「目力」と考えています。

 


鈴木亮平が語る「色気」の出し方

画像元:https://www.neowing.co.jp/

OCEANSというサイトで鈴木亮平さんのインタビューがありました。
気に入ったTシャツについてです。

そこで面白い意見を述べていました。

「色気は無理をしなくても勝手ににじみ出る」

ちなみにシャツの色気を出すなら「クルーネック」と答えていたのです。

僕は男です。男は女からモテたいという欲求があります。
モテたいがために、自分がすごいとつい、アピールをかますと。

自然とにじみ出るものなら、別にすごいと奇をてらわなくても、
話し方や行動一つですでに色気が漂っているのです。

裏を返すなら、自然と色気を出すには、
普段の話し方、動作一つ一つに気を遣わなくてはなりません。

鈴木さんは過去にモデル、現在は役者をやっています。

モデルとしてのふるまい及び役者としての演技力という、
仕事として習慣化させているからこそ、
強く意識せずとも、色気を出しているといえるでしょう。

 

第三者が語る「鈴木亮平の魅力」

画像元:https://youtu.be/u-qgMHvyUgQ

僕以外の第三者は、鈴木さんのどこに魅力を抱いているか。
どこに惚れこんでいるか、色々調べてみました。

まずヤフーニュースにて作家・芸能評論家の宝泉薫さんは述べます。

「固定ファンを当てにせず、作品の魅力で勝負をかける俳優」

固定ファンとは、例えばジャニーズ主演のドラマですと、
キャラとしてであく、アイドルとして人物を見てしまう。

だから次のドラマを見るときも、
「〇〇君が出ているから」だけで見てしまうと。

悪いことじゃありません。
ドラマを見てくれる、十分な理由になりますから。

鈴木さんの場合は「鈴木さんが出るから」は通用せず、
「お、医療ドラマか、新しい医療チームか。面白そう」

鈴木さんはたまたま選ばれたのであって、
視聴者の関心は作品のコンセプト(中身)に興味を抱いている。

固定ファンを当てにしないからこそ、
作品を通して「鈴木亮平、めっちゃいいやん」
新しいファン層を獲得できるわけです。

鈴木さんを知らない層を取り込む。
これも色気の力といえますね。