五月千和加嫌い!意見を集めた結果”人として”大変厳しい生き方に惚れた!

画像元:https://www.instagram.com/satsuki_senwaka/

あさっての番組、
今夜くらべてみましたに
五月流家元の五月千和加さんが出ます。

見た目がギャルで、
本人も意図しないところで
ギャル家元といわれているとのこと。

家元というお堅い印象を崩したためか、
好き嫌いがはっきり分かれております。

二つの意見を拾いながら、
どんなところに魅力があるか探ってみました。

すると……これは人を引き付けるわあ。

 

五月千和加が嫌いという意見を集めた結果

画像元:https://youtu.be/cmOEIdh0T_Y

ツイッターや知恵袋ほかで五月千和加さんの評価を集めました。

嫌いという意見を集めると、

  • 着物の着こなしが酷い
  • 踊りもところどころ雑

人柄でなく仕事の姿勢に嫌悪感を示すコメントを見つけました。

また五月千和加さんの腕や背中にタトゥーがあると分かったとき、

「さすがにタトゥーを入れるのはちょっと……」

引いてしまう意見はありました。

見た目に対する批判はなく、本業について厳しく述べる意見があるくらいです。

 

五月千和加をふった男性が……

画像元:https://www.youtube.com/watch?v=DRsvdjJNE_w

五月千和加さんが深夜バラエティ番組にゲストとして出た際、
恋愛話について盛り上がりました。

家元かつたくさんの男性が入り込む業界のためか、付き合った人はたくさんいるとのこと。

祖母からも「多くの男と付き合いなさい」と、
アドバイスをいただき、自由に恋愛していました。

五月さんは三つ上の男性と付き合いました。

男性は「おなかがすいた」といったところ、
五月さんは食事代(1万円)を渡し続けたのです。

結果男性は「別れる」と破局を迎えました。

五月さんは今でもふられた理由がわからないと述べたところ、
共演者は「あなたはただの金づる」と指摘していました。

画像元:https://youtu.be/-cemRPJfGko

僕は別の部分から考えます。

五月さんのような女性、僕の知り合いにもいるのでわかります。
知り合いは金に困っていないため、金で解決すればいいと考えるのです。

本当に相手が欲している部分は心、温かさ、優しさであり、
最も欲する部分に対し、知り合いは冷たく突き放します

冷たく突き放す代わりに、お金で解決すればいいじゃん。
考えてしまうため、知り合いは今、親しい人がいません。

五月さんをふった男性も上記のような想いを抱き、
別れたのかも
しれないと、僕は考えました。

 

五月千和加好き!を集めた結果

画像元:https://www.instagram.com/satsuki_senwaka/

反対に五月千和加さんのここが好き!
を集めたところ、かなりありました。一部を載せます。

初めに「下手ながらも努力する姿勢は素晴らしい」

例えば五月さんがピアノを演奏した時、
ピアニストとしては下手だけど、努力する姿勢は素晴らしい。

五月さんの努力を評価するコメントがありました。

五月さんは家元という地位に執着しているのでなく、
五月流や日本舞踊、芸能全般においても、
新しい風を吹き込むと理念を抱いております。

詳しくはこちら。

周りから罵倒や批判されようとも、
常に新しい何かに挑む姿勢は素晴らしい
と僕も考えています。

他にも
「五月先生は見た目ギャルで軽く見えるけど、しゃべり方に品があり丁寧で芯がある」

見た目と中身のギャップを通し、好きになるコメントもありました。

なお僕は、いろんな表情を持つ五月さんが好きです。
インスタでもツイッターでも五月さんはいろんな髪型やメイクを行い
見ているだけでいろんな芸術を味わっています

疲れているときに五月さんの画像を見ると癒されるのです。

※僕の好みはロングストレート。

 

五月千和加に求められる生き様

画像元:https://www.fnn.jp/articles/-/6449

好き、嫌いという意見を集めているうち、ツイッターで興味深い書き込みを見かけました。

五月千和加先生がおっしゃっていた。

時代に合わせて新しい文化を作らないと、未来に残る伝統や文化が廃れてしまう。

また石坂浩二さんとの対談にて、
伝統を次世代へ伝え、素晴らしい芸術を見んなと分かち合いたいと述べています。

五月さんいわく、今の日本舞踊は大衆文化から離れ、
多くの人にとって慣れ親しみにくいもの
となっている。

※なれ親しいものは漫画やアニメといった文化ですね。

いかに大衆も親しみやすい文化へ変えていくか、
古典(古来からの伝統)を大切にしつつ、
今の時代に合わせた作品を出したい
と述べています。

画像元:https://www.instagram.com/satsuki_senwaka/

なぜ五月さんは時代の流れを読み、舞踊の伝統やしがらみを壊そうとしているのか?

五月さんのインタビューによりますと、
2歳からお稽古の日々が始まり、18歳で千和加を襲名し弟子をとった。

弟子にいろいろ教えるため、舞踊を改めて学びなおしました。

「創作舞踊」という古典舞踊をある程度受け継ぎながら、
自分なりに新しい踊りを考え披露するという、一つのジャンルを見つけたのです。

ギャルメイクも伝統を壊す一つの手段であり、今までのお堅い業界からすると、

「なんだあの女、ちゃらちゃらしやがって」

批判を受け、一部の人から嫌われる要因にもなるけれど、理念を貫く姿勢はかっこいい。

伝統を崩すとは、舞踊に携わる一部の人からすると、
今まで築いてきたもの、自分自身そのものを否定される行為であり、
到底認められない生き方
です。

しかも壊した先にある結果が必ずしも良いとは限らず、
むしろ「壊さなければよかった」負の結果にもつながりかねません

後世へ伝統を残すために、あらゆる障害と試練を自ら作った五月さん。

困難ははあるけれど、頑張ってください。

 

関連記事:五月千和加にとって殺人の”真相”があまりにも悲しすぎる!

関連記事:五月千和加の父親が娘に伝えた熱く心を揺さぶるメッセージ!

ABOUTこの記事をかいた人

ミーハー男Taichi

僕はサラリーマンという平凡な毎日を送ること早10年目を迎えました。 職場ってなんとも言えない独特な人間関係がありますよね。。。 当ブログでは、そんな職場などで、朝のあいさつから始まる軽い雑談や、昼休みに同僚とランチをする時などに使える『会話のネタ』を、最新トレンド情報を中心に紹介していきます。 あなたの生活に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪