大黒摩季と旦那の離婚にある子供の未来を守るためのマジ涙エピソード




画像元:https://twitter.com/m_ohguro/

今日のホンマでっかTVに、
歌手の大黒摩季さんが出ます。

大黒さんは北海道生まれ。
幼い頃からピアノに慣れ親しみ、
学校でも常に授業の傍ら音楽を聴いていた。

高校を出た後、
ビーイング主催のオーディションに合格し、
他の音楽会社を蹴って、下積みを行います。

下積みに嫌気を抱いて渡米した後、
歌手としてようやくデビュー。

デビューは売れなかったものの、
急遽入った二曲目が大ヒットを飛ばし、
以降オリコンチャート上位の常連だった。

2010年に一時引退し、
家庭内の問題を経たのち、15年に再開。
現在に至るのです。

さて大黒摩季さんはバツイチです。

ずっと独身だと思っていたら、
いつの間にか結婚し、離婚していた。

離婚理由を知ったとき、
なんともいたたまれない気持ちになりました。

その後、大黒摩季さんがとった行動に

「姉貴、ついてくわ」と思ったのです。

 


大黒摩季夫妻の馴れ初め

画像元:https://youtu.be/6IehtwGGeMw

大黒摩季さんは2004年(当時35歳)に一般人の方と結婚し、
2019年に離婚しています。

馴れ初めを調べたところ、コンパで出会い、意気投合したとのこと。
年齢は大黒さんが一歳年上で姉さん女房なのですね。

大黒摩季さんは2000年代からだんだん仕事のペースを下げ、
2010年に一時活動休止宣言をとりました。

この間、二つの問題と向き合っていた。

一つはお母さんの介護です。
お母さんの介護エピソードはこちらをお読みください。

もう一つが不妊治療でした。
大黒夫妻は子供が欲しかった。そのため治療を行っていた。

しかし、数年たっても成果が出なかった。

2015年には病気のため、子宮を取り除いた
米国の代理出産も試みたものの、失敗に終わった。

その後、夫婦で話し合い、
二人は別々の道を歩むため、離婚に至った。

画像元:https://twitter.com/m_ohguro/

オリコンのインタビューで大黒さんは述べています。

「子供に恵まれず、一生消えない罪悪感を二人で背負うより、
一人になってそれぞれの道を歩みながら、
夫の生活を応援する方がいいし、私らしい」と。

大黒さんのコメントを読んでいると、
一つ吹っ切れたようにも感じる一方、
悔しさがこちらにも伝わってくるのです。

子供がいらない夫婦にとって、大した問題には感じないでしょうが、
欲しいのに得られない!

もし子供が生まれたら、今頃どういう生活になっていたか。

そこを考えるだけで、
僕の胸にも寂しいという気持ちが押し寄せてくるのです。

 


大黒摩季がすぐ離婚を発表しなかった理由

画像元:https://www.fujitv.co.jp/

同じくオリコンインタビューによりますと、
離婚合意は2018年であり、
届け出及びマスコミへの発表は翌年出したとのこと。

大黒さんがツアーのため、なかなか届け出を出す時間がなかっのが一つ。

元旦那さんはその後再婚し、再婚相手との間に子供が生まれたとのこと。
ここにもう一つの理由があったのです。

元旦那と新しい再婚相手の間に子供ができたけど、
離婚合意後に「大黒摩季が離婚した!」報道が出たら、
元旦那たちの心を病んでしまうかもしれない。

心の闇具合は妊娠生活にも影響を与えてしまう。
新しい家庭でも流産あるいは死産になるのだけは避けたい。

大黒さんと元旦那の関係は夫婦→友達になりました。
元旦那であり友達として、彼らを守りたい。だから発表しなかった。

大黒さんはこの状態について、語っております。

自分の罪悪感も一掃された。

僕は男なので、大黒さんの発言に深い共感はできません。
不満や文句があるという意味ではありませんよ。

大黒姉貴の義理人情に、ほろりとくるものがあります。

 


大黒摩季の音楽論

画像元:https://youtu.be/cQz4zV7xJVA

アーティストにとって生活と芸術はつながっています。
どれだけきり放そうとも、生活があって芸術につながるのです。

大黒摩季さんの音楽論について調べてみました。
音楽論といっても、具体的テクニックには触れません。

まずエコノミストオンラインによりますと、
大黒摩季さんにとって逆境は歌が浮かぶ環境とのこと。

また大黒さんは下積みとしてコーラスを担っていました。
若い頃は自分が前に出たいのに一向に出られない。

一時嫌気を抱き、離れることもあった。
でも50を越えて、下積みのコーラスに感謝しているのです。

インタビューによりますと、あの頃は自分の実力というより、
バブル経済によるバブル効果の一つでしかなかった。

自分の底力の結果ではなかったと。
今は底力(=下積み)が反映されているということでしょう。

そしてもう一つ。

画像元:https://weekly-economist.mainichi.jp

音楽サイトのインタビューにて大黒さんは述べています。

大黒摩季は私の「私物」ではない。
大黒摩季というブランドであり大きな企画なんだ。

たくさんのミュージシャン及びスタッフの才能を借りて、
みんなで「大黒摩季」というブランドを創り上げている。

私(大黒)は「大黒摩季プロジェクト」の一員なんだ。

自分だけど、自分だけじゃない感覚といいましょうか。

自分は「会社:大黒摩季」の社員なんだと。

傲慢にならず、みんなと一緒に会社の売上を伸ばしていく。
視点が違ってきますよね。

音楽論といいつつ、人生論になってしまいました。

テクニックも大切だけど、それだけでは人が来ない。
大黒摩季というプロジェクトにかかわりたい、見ていたい、
そして企画から力をもらいたい!

こういった理念が大黒摩季を創り出しているのですね。