工藤公康の年俸推移が選手と監督で恐ろしいほどに違うとは!




画像元:https://twitter.com/sanspo_hawks

先日、ソフトバンクホークス監督の
工藤公康さんが引退を発表しました。

父親の勧めで野球少年チームに入り、
カーブのえぐさが大きな武器となった。

中学校ではハンドボール部にいたものの、
カーブの曲がり方をみて顧問が即座に
野球部へ転向させ、地球優勝を飾った。

高校では甲子園準決勝までいき、
ドラフト会議にてちょっともめたのち、
西部に入団し、30年間選手生活を送りました。

選手を引退後はコメンテーターになり、
2014年からソフトバンクホークスの監督へ。

そして先日引退を発表したのです。

工藤公康選手及び監督時代の年俸推移を見たところ、

「嘘でしょ」びっくりしました。

工藤さん、それでいいの?
とすら思ったのです。

今季はボロボロなホークス。
何があったのかも含めて調べました。

 


工藤公康選手時代の年俸推移

画像元:https://www.monespo.com/

工藤公康選手の年俸推移を見ていく前に、

西武:1982-94
福岡:95-99
巨人:2000-06
横浜:07-09
西部再:2010

81年のドラフト契約では6000万円。
82年は400万円で、86年に1520万円と4桁を越えました

西武ライオンズ脱退前の93年には年俸9500万円とうなぎのぼり。
翌年は1億4000万円と1億円台を越えたのです。

2001年には3億円。巨人時代が最大年俸額となります。
その後は維持あるいは下落し、引退前の年俸は3000万円。

30年間、選手一筋で頑張ってきたものの、
やはり引退直前の年俸を見ると、競争の厳しさを物語るのです。

 

衝撃の工藤公康監督年俸

画像元:https://www.monespo.com/

続いて監督時代の年俸を見ていきますと……ずっと1億円とのこと。

4度も日本リーグを優勝に導いた男です。
もっともらってもいいのでは?

思ってしまいました。
もちろん工藤監督が納得しているなら、それでいいと思います。

いくつか調べたところ、工藤監督が別球団の監督になった場合、
年俸1億円の壁を破るのではないか?

といわれております。

 


工藤公康がソフトバンクの監督を選んだわけ

画像元:https://news.yahoo.co.jp/

日刊スポーツに工藤公康監督の記事がありました。

工藤公康さんは王貞治さんに尊敬の念を抱いていた。
監督として頑張ることで恩返しをしていきたいと。

王貞治会長は会見で述べていました。
「今の時代にあった指導をできる人を選んだ」

工藤選手時代の訓練について、こちらで読めます。

勝つために「負ける」戦略が衝撃を受けたのです。

工藤公康時代、ソフトバンクホークスは日本シリーズで5度、優勝を飾っています。

一方リーグ優勝は1位が4回、2位を3回とっており、
今季はまさかのリーグ4位です。

 

監督の戦略:ソフトバンク常勝の秘訣

工藤監督の戦略は基本、自分は支える側になる。
試合運びや理念については主将に決めてもらう方法です。

他の情報を集めたところ、スポーツ紙サイトのインタビューで、
「下位打者がきちんと得点をとってくれるところ」が強さの秘訣と述べていました。

下位打者とは7番から9番までをさし、
コツコツとヒットを出し、盗塁やバントによって、
地道に点数を稼ぐ人たちです。

※時にホームランを放つことも!

下位打者の打撃力を鍛えたことが一つ。

もう一つ、西日本スポーツのインタビューによりますと、
工藤監督は選手たちが勝つ秘訣として、

「自分(監督)が何も言わなくても、
選手たちが監督の狙いや考えを分かったうえで行動してくれた」

述べております。

監督の思惑通りに選手が動いてくれる。

部下を持っている人ならわかると思いますが、
部下は高い確率で上司や社長の思うがままに動きません。

だから上司は部下に指導や教育を行い、部下を育てるのです。
(パラハラなどにならないよう、上司自身も教育されながら)

ストレスをなるべく与えない育て方を行うと、
だんだん部下が上司の考えをくみ取って、きちんと行動に移してくれる。

監督としての強さはこういうところにあったのですね。

 

今季のソフトバンクに何があったのか?

画像元:https://baseball.sports.smt.docomo.ne.jp/

なぜ今季は弱くなってしまったのか?

スポーツ解説ブログによりますと、
「けが人が異常なほど多かった」とあげています。

勝てる選手はもちろん、守備も立派な選手たちが故障によって離脱せざるを得なくなった。

すると戦略においても変えなければならなくなります。

例えば今季ソフトバンクで残っている選手について、
勝利のため、いつも以上に試合へ出してしまう。

もちろん連投で出て強い選手もおりますけど、
試合は中だけでなく、後の展開も大事です。

弱点や課題を見つけ、少しずつ埋めていくと。

試合に出てばかりいると、次の展開を先に考えなければならず、
弱点を出したまま試合に挑んでしまった。

画像元:https://youtu.be/R2Kd_4H-mOQ

もう一つは打者が点数をとってくれないことです。

打者がまず、打ってくれないと試合になりませんし、
アウトになる打ち方をしても意味がない。

大きな失敗は今季のみなので、僕はもう一年使っても……
思ったのですが、工藤監督自身が決断したこと。

本日、ツイッタートレンドで西武の監督も退任の意向を示していたものの、
周りの説得で1年残りそうになりました(まだわからない)。

工藤監督はそうならないのでしょうな。
とにかく監督、お疲れ様でした。