ハラミちゃんのかわいいを占める笑顔の仰天裏側に震えた




画像元:https://twitter.com/harami_piano

先日、徹子の部屋にて
ハラミちゃんが出ておりました。

ハラミちゃんは今年の紅白歌合戦に、
サブコーナーでの出演が内定し、
色々な意見が飛び交っているのです。

紅白内定おめでとうございます。

ハラミちゃんは4歳のころからピアノを習い、
小学校のオープンスペースにあるピアノを使い、
色々曲を弾いたところ、ヒーロー扱いされた。

音大まで行くけど、レベルの高さに挫折。
それでもピアニストの夢をあきらめず、
一度音楽とは違う業種へ働きます。

働きすぎてしまい、うつを患って引きこもった。
そこに職場の先輩が助け舟を出しました。

東京都庁でピアノを弾いたところ、
そばにいたおばあさんから温かい声をもらい、

同時に先輩がハラミちゃんの弾く姿を
YOUTUBEに収めたところ、大人気を得た。

現在は武道館ライブをはじめ、
有名歌手とのコラボなど、
いろいろ楽しい音楽生活を送っているのです。

ところでハラミちゃんの
ピアニストとしての実力評価を見ると、
「うまい」と「下手」で二分しております。

実力だけなら現在、
ハラミちゃんがこの場所にいなかったでしょう。

実力はもちろんだけど、
それ以上に強い部分があるからこそ、
ハラミちゃんは魅力があるのです。

その一つが「かわいい」です。
かわいいの大部分は笑顔からできています。

この笑顔、深く掘り下げたら
とんでもないところに気づきました

 


ハラミちゃんのかわいさは笑顔にあり

第三者が述べるハラミちゃんのかわいさとして、
スタイルが良いこと、しゃべり方がいいのとがあります。

僕は笑顔としゃべり方にあるとみています。

徹子の部屋にて徹子さんの質疑応答に応えるハラミちゃんは、
わざとらしくぶりっこせず、てきぱきと、恐縮する感じで答えている

そこがいいなと思ったのです。

また演奏中も笑顔をふるまう姿勢がいいと。
こわばった表情を浮かべるより笑顔のほうがいいなと思ったのです。

ところで笑顔について調べると「怖すぎる」という意見もあります。

演奏時に笑顔を浮かべながら、ピアノを激しく引いている光景を見ると、
「必死(オーラ)」さが伝わってくるからです。

必死に笑顔を作り、必死にピアノを弾いている。

視聴者は彼女の必死さをひしひしと感じる一方、
常に笑顔を浮かべているギャップに耐えられず「怖い」と意見が出るのでしょう。

 

顔で演技をするハラミちゃん

画像元:https://abema.tv/video/episode/

徹子の部屋にゲスト出演したとき、
徹子さんから即興で「現在の気持ちをピアノで弾いてくれ」といわれました。

ハラミちゃんは笑顔で弾くのですが、笑顔だけではないのです。

時折涙を浮かべそうな表情で、
盛り上がる場面ではまゆげを良く動かしながら力をこめるなど、

「ああ、彼女はピアノを使って演技をしているんだ」

思ってしまいました。
笑顔だけかなと思ったら、笑顔だけじゃなかった。

時に悲しく、時に泣きそうに、そして生きる喜びを伝えている。

ピアノとにらめっこせず、お客様を意識するけど、
同時に自分の生き様を顔に表している。

ピアノは手だけを動かして引く技じゃないんだ。
ハラミちゃんの表情を通し、僕は気づかされました。

笑顔だけではなかったのです。

 


徹子の部屋で語ったハラミちゃんの裏エピソード

画像元:https://abema.tv/video/episode/

徹子さんの質疑応答にいろいろ答えており、感心した箇所があるので紹介します。

絶対音感の秘訣について述べていました。
4歳からピアノを弾き、先生が提案した。

「絶対音感をつけよう」

そこで目隠ししながら音を当てるゲームをやり、音感をつけた
生まれ持って着いた能力でなく、ゲーム教育でみについたのです。

なおピアノは兄の影響(兄はすぐやめた)もあったとのこと。
言葉を覚える前に音楽を覚えたと述べています。

次にハラミちゃんはライブでお客様を「お米さん」と呼んでいる。
ハラミ(おかず)とお米(主食)の関係とのこと。

ファンとの関係を何かに置き換えるの、いいですね。

 

即興と暗記力

画像元:https://abema.tv/video/episode/

徹子の部屋でもハラミちゃんは徹子さんのリクエストにより、
いくつか曲を弾いておりました。

楽譜もなく即興でパパパっと弾いており、
「ハラミちゃん、暗記力いいんだなあ」と思ったのです。

同時に徹子さんも最新の音楽に精通しており
「うっせえわぁ」といったときは笑ってしまった

うっせえわぁの正体はこちら

僕はピアノ弾き出ないから、
頭の中にすでに楽譜がある状態で弾くのは当たり前!

と思う一方で、即興はすぐさま楽譜を浮かべなければならないし、
何より自分の弾いたことのない曲が出ると、大変だなと思うのです。

イラストだと一筆書きで違和感なく描ける能力に近い。

裏を返せば普段から即興でピアノを弾けるよう、
最新の音楽を常に研究しつつ、取り入れているんだな!

YOUTUBEに出ていない時間、どれだけピアノを前に練習をしているのか?

練習方法がとても気になりました。

 

ハラミちゃんの練習風景を見た結果

画像元:https://youtu.be/wU6YUsWV_c4

最後にハラミちゃんの練習風景が公式YOUTUBEに上がっていたので見ました。

2台のスマホを持ち、1台はチャット専用、もう1台は耳コピ用です。
楽譜がない代わりにペンとメモ用紙がある。

ハラミちゃんが一曲を弾くとき、まず耳コピをしないで全体を聞く。
(ハラミちゃんは俯瞰と述べている)

全体構成を聞くとき、ただうなずくのでなく体全体を動かし、
耳以外からの情報も得ているのです。

耳コピの段階でペン及びメモを取り、
時に少し弾きながら、いい曲を追い求めている。

楽譜をそばに置いていないっての、僕にとって衝撃でした。

ハラミちゃんの練習、そして本番を見ると、
ピアノを弾くときはただ手を動かすのでなく、
顔を含めた全身を使って表現することがわかりました

即興はもちろん、かわいいもこういった陰の努力から生まれるのです。