ダイヤモンドユカイの子供が発達障害?根拠を調べた驚きの結果




画像元:https://www.instagram.com/yuriaraki0726/

「発達障害、実は……」

先日のバイキングにて、
ミュージシャンで俳優のダイアモンドユカイさんが、
現在奥さまと別居中と報じられました。

お二人の間に女の子が一人、双子の男の子がいて、
奥さまは女の子を連れ添って出て行った。

現在ユカイさん家は双子の少年と一緒に、
生活を送っているとのこと。

さてお子さんの話題が出てきて、
「発達障害」という言葉が出ました。

「確かにこれは……」思う反面、
発達障害を調べると、さらに驚きが!

 


ダイアモンドユカイの簡単な生い立ち

画像元:https://ameblo.jp/diamondyukai/

簡単にダイアモンドユカイさんの生い立ちを書きます。
1962年生まれ、86年にRED WARRIORSとしてバンドデビュー。
翌年は俳優としても活動を始めた。

97年に元アイドルで女優の三浦理恵子さんと結婚したものの、
01年に性格や環境の不一致がもとで、三浦さんから離婚を切り出された。

09年にさんま御殿で再婚を告白。
翌年に長女が生まれ、さらに11年、双子の男の子が生まれた。

そして今年8月に奥様とけんかをして別居。
現在も奥様と長女は帰ってきてないとのこと。

詳しい生い立ちはこちらをお読みください。

 


ダイヤモンドユカイの子供が発達障害?

事の発端は双子の男の子が小学校へ入るとき、就学前検査があった。
そこで双子は「再検査」の通知を受けてしまった。

ユカイさんのブログによりますと、
奥さまは「大丈夫、就学前にわかってよかった」と述べ、
ユカイさんは「こうなったら尾木ママに連絡だ」としめた。

双子の再検査は「言葉の教室で行われる」とのこと。

尾木ママと話し合った結果、
ユカイさんは子供たちに言葉を覚えさせようとしたが、

奥さまは「その場しのぎではだめ、彼らに合う環境を考えるべき」否定。

ユカイさんのニュースに
「双子の少年たち、発達障害かな?」書き込みがあったのです。

確かに言葉の遅れは発達障害の一つとみなされます。
一つアメーバニュースにて気になる報道があったのです。

画像元:https://youtu.be/S3oGI3U539A

2019年9月にユカイさんがブログで、
担任の先生が長男のある態度を奥様に伝えたとのこと。

「彼はチコちゃんの真似が上手い」

チコちゃん:チコちゃんに叱られる!のマスコットで毒舌

長男(小学校3年あたり)が先生や同級生の前で、
「ボーッとしてんじゃねーよ」と発言

奥様は長男を叱りました。
ちなみに彼はチコ田君と呼ばれているとのこと。

小学校中学年だから先生の前で、
いや、同学年の見ている前で堂々とチコちゃんをふるまうの、
少し普通じゃないなと思ったのです。

 


小学校3年・4年生男子の特徴

画像元:https://ameblo.jp/diamondyukai/

ここで小学校3年生男子の特徴が気になりました。
僕にとってはずいぶん昔の出来事なので、忘れてしまった。

知恵袋などを見てまとめますと

  • 口答えが多くなった
  • お化けは怖くて、まだ母がいないと歩けない
  • 気分のいい時は親の手伝いをしてくれる
  • 親と手をつなぐのを恥ずかしいと感じるようになった

ついでに4年生男子の特徴を見ますと、

  • 10歳の壁(思春期へ移行する時期)がある
  • よく反抗的な態度をとるようになる
  • 親と離れて寝るようになる

大きな変化が訪れているのだけは事実です。
僕も思えば反抗していたのでしょう。

はっきり覚えているの。周囲からいじめられていたこと、ですかね。
あともう一つ、先生が太っていたこと、くらいでしょうか。

 


誰もが発達障害者?

僕の弟は発達障害で言語に遅れがあります。
そして僕のいとこの子供も発達障害で、突拍子もない行動をとるのです。

※どちらも医療機関から正式に障害者と認定されている。

突拍子もない行動例を一つ上げましょう。

いとこの話です。何かが気になったから、親に黙って散歩した。
散歩した結果、家から歩いて60分もかかる港まで歩き、

「お母さん、迎えに来て(車で20分ほどかかる場所)」

お母さん(いとこ)をとにかくびっくりさせた。

僕の弟はそこまでひどくないのですが、
今でも重要で優先して報告しなければならない情報を、自分から決して伝えない。

※報告しないと恥、馬鹿にされるといった理由ではありません!

結果、焦って僕や母を慌てふためかせたこともしばしばあったのです。

厚生労働省のHPによりますと、
発達障害は生まれつきの特性であり、

  • 注意欠陥
  • 多動性
  • 学習障害(言語など)
  • 吃音

学習障害の一環として、計画的に物事をすすめられないのがあります。

例えばテスト前になると周囲のゴミが気になりだして集中できない!
仕事をしようと思っているのに、ついほかの何かが気になってしまう。

軽い学習障害の一環と捉えていいでしょう。

「今もある」思ったら「これが発達障害」思ってよさそうです。

僕もいくつか当てはまりますしね。

ただ第三者がわかるほどひどくないだけで、
僕の弟やいとこは第三者から見ても「普通じゃない」とわかります。

言語の遅れよりも、とにかく黙っていられない。
歩きながら口に出して何かをぼやいている。

歩き方もぎこちなさ、違和感があって普通に背筋良く歩けない

別の特徴も重なった場合、ぜひ病院で見てもらいましょう。

画像元:https://ameblo.jp/diamondyukai/

現時点でユカイさん側から「息子が発達障害」とは何一つ述べておりません
軽い程度の障害ならあると、僕は思っています。

軽度の発達障害なら僕自身も持っていますしね。

奥さんと別居し、ユカイさんが男の子らを育てて初めて、
子育てを奥さんに任せっきりだったこと、
奥さんの大変さがよくわかったことを上げ、感謝しております。

子育てを通してユカイさんの歌にも変化が生じると思うのです。

お互い頑張りましょう。