鷲見玲奈の魅力はシビれる言葉選びと子供時代の好奇心にあった!




画像元:https://www.instagram.com/sumi__reina/

今朝のヤフーニュースにて、
アクセスランキング1位になった記事がありました。

フリーアナウンサーの鷲見玲奈さんが、
ヤングマガジンの表紙に乗るとのこと。

「なんでこれだけでアクセス1位なの?
もっと衝撃的な芸能ニュース、あるじゃん!」

鷲見玲奈さんを知らないので、
思わず声から出てしまったのです。

そこで鷲見玲奈さんの魅力を掘り下げたところ……

なるほど、これは人気出るわけだ。

 


鷲見玲奈の簡単な生い立ち

https://twitter.com/yanmaga_g/status/1522440892988092416

始めにフリーアナウンサー鷲見玲奈(すみれいな)さんの生い立ちを見ていきます。

1990年岐阜県生まれ。
首都大学東京を卒業後、テレ東に入社。

2020年に退職し、現在はフリーアナウンサーとして活動しています。

僕は「鷲見玲奈」という名前を見て、
現在「のん」名義で活動中の女優「能年玲奈」さんを思い浮かびました。

事務所とのいざこざで「のん」名義にしたんですよね。

本題に戻り、詳しい生い立ちを見ていきましょう。
まずここに魅力の一つがありました。

 

鷲見玲奈の魅力1:好奇心旺盛

画像元:https://cool-gifucity.jp/special/interview2022/

岐阜市専門サイトのインタビューによりますと、
小さい頃から人前に出るのが好きだった。

また好奇心旺盛でお絵描き、新体操、ピアノ、ダンス、サッカー
そして玲奈さんのおばあちゃんが詩吟の先生だったため、
幼い頃から詩吟を習っていたのです。

たくさんの趣味や興味を見つける一方、
大学時代「自分は何も持っていない。何も身についていない」落ち込んだ。

就職試験が近くなったとき、
「一度やめたことを再びやり直せばいいのではないか?」

気づいて詩吟をやり直し、テレビ東京の面接でアピールできた。
(テレ東に入社できた理由の一つ)

※雑誌LEONのインタビューによりますと、
大学2年時にアナウンサーの道を決め、
アナウンサースクールへ通い、日本全国の放送局に挑んだとのこと。

生い立ちとインタビューから魅力の一つがわかります。

好奇心旺盛で何事にも首を突っ込むこと。

一方で「浅い知識のまま、大人になってしまった」自覚し、
再び自分が習ってきたものをやり直したこと。

この二つは魅力を創り上げるうえで欠かせません。

過去に一度遊んだ、味わった、勉強したからこそ
「ああ、これってこういう意味があったんだ」

深さに築き、深さこそが面白さへとつながり、
面白さを人に伝えた結果「魅力ある人だ」みなされるのです。

なおLEONのインタビューによりますと、
鷲見玲奈さんは「話していて楽しい人が好き」おっしゃっています。

魅力あるからこそ、さらに魅力ある人に惚れると。
これも人に対する好奇心があるからですね。

 


鷲見玲奈の魅力2:言葉遣いのセンス

画像元:https://www.oricon.co.jp/

詩吟を漏示ているなら、言葉の感覚もすごいはず。
彼女の言葉遣いに関するエピソードを調べたところ……

アサ女にて鷲見玲奈さんの発した言葉があまりにも衝撃すぎて、
多くの視聴者が耳を疑ったとのこと。

鷲見玲奈さんはモテ女で中学校時代、1週間で7人から告白された。

鷲見さんにとって、彼氏のどんな態度に不信を抱くか?

共演者から尋ねられた時
「黙って二人でご飯をいかれたら嫌、最悪寝てなきゃいいけど」

寝るというのは性行為を示し、しかもNHKで発言した。

「鷲見玲奈の品性を疑う」といったコメントが出たとのこと。

品性は置いといて「寝る」という言葉でぼかすところに、
言葉選びのセンスが現れているなと思いました。

公共の番組で直接性行為を示す言葉を言うと、
「おいおい」ドン引きにはなりますが、

「寝てなきゃいい」という言葉だけをとると、
「それが必ずしも性行為を示すのか」別の意味にもとれるわけです。

視聴者らは本当の意味をつかんでいるけど、
全員がピンと気づくかと言ったら違う。

「単純にふてくされて、その場で狸寝入りをするんだな」

別の解釈だってできるわけです。
本当に言いたいことを、ちょっと和らげてぼかす。

詩吟は直接でなく、言葉を通して感じてもらうのが肝です。
言葉に対する感覚が鋭いなと思いました。

 

鷲見玲奈の魅力3:カメラマンを意識した振舞い

「ウチのガヤがすみません」という番組にゲストで出た鷲見玲奈さん。

なぜ彼女はすごいのかと、芸人が魅力を掘り下げていました。

結果「お行儀の良さ」を取り上げた。

例えば本を持つとき、両手で本の端っこをつかみ、
本のタイトルから画像すべてを表示できるよう、キレイに持っている

彼女は言います。

「フリップの文字が隠れると、カメラマンがとりにくい。
カメラマンがうまくとれるよう、考えて本をつかんでいる。
自分が新人だったころ、よくカメラマンから叱られた

行儀の良さは本人だけの力でなく、周りの助けもあってこそです。

もう一つ「よく周りをほめる」と述べており、褒め方にも特徴があった。

芸人の分析によりますと
「どういうところで褒めるのか、きちんと計算している。
少ない時でも3回は相手をほめ、多い時だと10回以上」

テレ東で鍛えられたこそ、魅力もさらに磨かれた。

鷲見玲奈さんの魅力を調べていると、
僕はこのアナウンサーとかぶるなあと思いました。

むしろ同じ特徴を持っていないか?
とすら感じたのです。