若い時の島崎和歌子に学ぶ現在も第一線で活躍できる驚きの秘訣!

画像元:https://www.instagram.com/kochike_official/

あさって水曜日のホンマでっかTVや
木曜日の櫻井・有吉THE夜会に、
バラエティアイドルの島崎和歌子さんが出ます。

島崎和歌子さんといえば
TBSオールスター感謝祭の司会です。

僕は気になるのです。
なぜ現在も島崎和歌子は生き残っているのか?

僕は島崎さんが凄いと思っているのです。
これといった特技や思いつく芸はない。
だけどお呼ばれしている。

じゃあ業界は何があって、
島崎和歌子さんをレギュラーにおいているのか?

そこで若いときから現在までを振り返り、
島崎和歌子さんが現在も芸能界で、
お呼ばれする秘訣
を探ってみました。

 

島崎和歌子の生い立ち

画像元:https://www.amazon.co.jp/

初めに島崎和歌子さんの簡単な生い立ちを見ていきます。
1973年に高知県の自然たっぷりあふれる田舎で生まれ、育ちました

和歌子さんの人生を変えたきっかけが1987年(当時14)です。
きっかけを調べたところ、淡々とした日常に恐れを抱きました。

大きな事をしたい。一生に一度の記念だし。

結果、アイドルオーディションに受けて準優勝を飾り、
芸能事務所からスカウトされて、アイドルとなりました。

なおスカウトした社長は和歌子さんに対し、
「君は山口百恵になれるよ」と声をかけられたのです。

画像元:https://www.oricon.co.jp/

和歌子さんのインタビューによりますと、デビュー当時は「正統派アイドル」とのこと。

同じく89年にドラマもデビューを飾りました。
この時は主人公をいじめる嫌な奴として出たのです。

そしてフジテレビ特撮、魔法少女ちゅうかないぱねま!に主演を勝ち取りました。

※魔法少女ちゅうかないぱねま!の脚本家といえば浦沢義雄。
浦沢義雄といえば人造昆虫カブトボーグ V×V

このアニメは主人公が超外道で悪人よりもえげつないうえ、
主人公の一人が1話目で死んだら、何事もなく次の話にでていたり……
常識を崩す脚本を書く人なので、超おすすめです。

魔法少女ちゅうかないぱねま!に出た結果、島崎和歌子さんの知名度が一気に上がりました。

91年にはオールスター感謝祭の司会を務め、どんどんバラエティ番組に出て行ったのです。

島崎和歌子さんはお笑い芸人とよく番組に出ています。
だからアイドルといわれて、僕は「うん?」と思いました。

 

島崎「和歌子」の由来元を調べた結果

画像元:https://talent.thetv.jp/person/0000001120/

「和歌子」という名前の由来に、
当時活躍して現在も活躍中の女優「酒井和歌子」さんから取ったのです。

酒井和歌子さんを調べますと、1949年東京都生まれで
1961年からドラマデビューしつつモデルもこなしていました。

64年に東宝へ入り、青春スターと呼ばれた後、
主演した作品で看板女優と呼ばれるようになったのです。

ちょうど和歌子さんの両親がドンピシャ世代であり、
お父さんは間違いなく酒井和歌子さんにメロメロだったのですね。

画像元:https://middle-edge.jp/articles/BH15l

こちらが当時の酒井和歌子さんの画像です。いやあ、こりゃわかるわw

 

若い頃の島崎和歌子にとって幸運だったバラドル路線

画像元:https://twitter.com/showbymagical/

島崎和歌子さんのインタビューによりますと、
和歌子さんがアイドルデビューをしたとき、
アイドル番組がことごとく終わり冬の時代でした。

先輩アイドルはバラエティ番組に出て素の自分をさらけ出すなど、
「アイドル=かわいい」から「アイドル=かわいいうえに面白い」と、
試行錯誤をこなしているときに、和歌子さんも流れに乗ったのです。

和歌子さんにとって、アイドルとしてデビューした場合、
素の自分を隠さなければならず大変だったけれど……

バラドルはむしろ自分をさらけ出すことが大切で、
アイドルとして人柄を切り替える必要もない。

一方で人間性が出てしまうからこそ、
発言に気を遣わなくてはならず大変だったと述べています。

島崎さんは自然たっぷりの田舎で育っています。
自由に走り回り、男の子に恋をしたり両親の価値観を強くもったり……

己を偽るのでなく常に真正面から生きて行く

一方で自分の発言がもとで仕事が一気になくなる恐れを常に抱き、
アイドルとしての管理を怠らなかった

発言を含め仕事できちんと自制できるところが、
現在も島崎和歌子さんが芸能界で生き残る理由の一つですね。

一方でわかっていながらこんな失敗をやらかし、炎上してしまいました。

詳しくはこちら。

 

島崎和歌子なぜオールスター感謝祭司会を任されるのか?

画像元:https://wezz-y.com/archives/59423

島崎和歌子さんといえばオールスター感謝祭です。
なぜ彼女が現在も司会として採用されているのか。

ニュースポストセブンに興味深い記事がありました。

島崎和歌子さんは即座に自分の役割をつかみ、
共演者の魅力を少しでも高めるよう、配慮しているとのこと。

しかも即座に判断してボケやツッコミを出すだけでなく、
物事を簡潔にまとめ、時間を調整する役割であり、
業界ではなくてはならない存在
と、書いていました。

段取り力がすごく、無駄な時間を作らないかと思ったら、
一方で共演者らの魅力を高める演出を行うなど、みんなのわき役になっているのですね。

みんなのわき役といえばこちらの芸人を思い出します。

彼女も芸人でありながらタイムキーパーを務め、
多くの芸人から「ありがたい姉さん」扱いされています。

なるほど、現在も芸能界で生き残るには、きちんとした理由があったのですね。

 

関連記事:島崎和歌子が嫌い!を調べた結果まさかこの不安を的中させてしまうとは!

関連記事:島崎和歌子がかわいい!に潜む81%の女子が抱く”この”話題!

関連記事:島崎和歌子の太った後のダイエット生活がいろんな意味で衝撃すぎる件

ABOUTこの記事をかいた人

ミーハー男Taichi

僕はサラリーマンという平凡な毎日を送ること早10年目を迎えました。 職場ってなんとも言えない独特な人間関係がありますよね。。。 当ブログでは、そんな職場などで、朝のあいさつから始まる軽い雑談や、昼休みに同僚とランチをする時などに使える『会話のネタ』を、最新トレンド情報を中心に紹介していきます。 あなたの生活に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪