伊沢拓司の親による超重要かつ誰でも簡単にできる優秀な教育方法に震えた

画像元:https://www.asahi.com/edua/article/12312700

本日のぴったんこカンカンに、
タレントでクイズに関する会社の代表、
伊沢拓司さんが出ます。

新聞の番組欄によりますと、
伊沢拓司さんの父親が旅人と書いてあり、
今回は両親に焦点をあて、

いかに伊沢拓司という面白い青年が生まれたのか?

スポットを当てていきたいと思います。

※伊沢さんは一人っ子です。

 

伊沢拓司の父親の仕事がこれ

画像元:https://www.yomeishu.co.jp/yomeishu/

伊沢さんのお父さんは養命酒に関するお仕事をなさっていました。
養命酒といっても製造でなく広報担当であり、広告を作っていたとのこと。

また産経新聞のインタビューによりますと、名前は隆司と分かっております。

養命酒といえば薬用養命酒が有名であり、時々CMでも見かけます。

※某薬局店で養命酒を買いますと、いつもよりポイントが高くつきます。

薬用養命酒の広報仕事の一つにコピーを任されており、
濃い赤を基調に、赤と白の対照が力強く目立ちます。

単純に見えるからこそ難しいのです。

単純でわかりやすい言葉を生み出すために、めちゃくちゃ頭を使いますので。

伊沢さんのお父さんは2018年まで、工法としてのお仕事に携わっておりました。
今は退職して自由人となっております。

YOUTUBEを見ますと、オシドリ夫婦の藤井夫妻が出ております。

藤井隆さん、伊沢さんとは違う形のセンスを持っており、
伊沢さんの企画のたてかたにつながる部分もあるのです。

詳しくはこちら。藤井さんのセンスはあのラッパーも大絶賛しています。

 

伊沢父の趣味が温泉巡り

画像元:https://www.jalan.net/news/article/401290/

伊沢さんのお父さんは温泉巡りを趣味としており、
僕から見ますと趣味と仕事が一体化しているなと思います。

日本全国、いや世界全土にある温泉巡りにて、
あちこちで特殊なお湯が出ており、入るだけで楽しめるのです。

どのお風呂がどれだけ魅力なのか?
養命酒におけるコピー作りの参考になる情報も載っていますね。

自宅でも入浴剤を入れて楽しむことはできますが、
現地の温泉とは全く違うわけですよ。

各地の温泉巡りをするからこそ旅人とみなされるのですね。

 

伊沢拓司の母親の仕事を調べた結果

画像元:https://www.irasutoya.com/

一方でお母さんはかつて新聞社に勤めており、
ある企画における調査員として分析を行っていました。

お母さんについてはあまり情報がありません。
物事を分析し、世の流れをつかむお仕事についており、
これも現在の伊沢さんに役立っておりますね。

お父さんが自由に物事を考える人なら、お母さんは計画かつ管理を担う人であり、
バランスが良いといえるでしょう。

 

現在の伊沢拓司に影響を与えた父親秘伝のトーク術

画像元:https://www.irasutoya.com/

伊沢さんのお父さんは結婚式で司会を任されたとき、
「司会が本業でしょうか?」と間違われるほどのトーク上手

お父さんのトーク術にはこんな秘訣がありました。

産経新聞インタビューによりますと、
お父さんが会社から帰ってきますと、必ず拓司さんに冗談を振舞い、
なおかつ子供の疑問にもきちんと答えて
いたのです。

さらに伊沢両親は家に歴史に関する本をたくさん置いてあり、
休日はブックオフに連れて行ってもらい、ひたすら本と接する日々だったとのこと。

一つの物事について、徹底的に知る。
知るからこそ人にも教えられるし伝えられる。

お父さんもお母さんも知識に対する姿勢が真摯だったため、
現在の伊沢さんが代表を務める会社、QuizKnockの理念にもなっているのです。

 

伊沢父が息子に叱った「超大切な言葉」

画像元:https://web.gekisaka.jp/news/

伊沢さんは父親に叱られたエピソードとして、
当時日韓ワールドカップが開かれて日本が特典を入れられた際、

「今のが守護神川口能活だったら、絶対に止められたのに!」

するとお父さんは「世の中に絶対はない。軽々しく使うんじゃない!」

父親が「絶対」という言葉に敏感なのも、
お仕事で広報、コピーを通して言葉にこだわっていたためと、
後に伊沢さんが分析しておりました。

日本には言霊信仰があり、言葉によって自分を縛ります
時には呪いとなったり励ましとなったり、そして相手に癒しや災いを与える……

全て自分に跳ね返ってくるので気をつけなくてはなりません。

まして広報は言葉の使い方を間違えたら売り上げだけでなく、
お客様にも呪いをかけてしまい、自分に跳ね返ります。

伊沢さんは父親の説教を通し、言葉の大切さ及び、
物事を一つに決めつけない姿勢を持つようになりました

伊沢さんにとって、お父さんが冗談交じりに、
息子と話をしたことが今の仕事に役立っていると強く述べています。

もし言葉についておろそかにしていたら、
伊沢さんは今頃違った人生を送っていたのかもしれません。

一つに縛らないところが伊沢さんの企画作りにも影響を与えているのでしょう。
伊沢さんが企画を作るとき、こんな考えを持っているのです。

なおぴったんこカンカンでは父親から言われた言葉を、
安住アナがさっそくネタとして扱っていました。

本当にすごいよね、安住アナ。

 

子供の成長につながる言葉選びの大切さ

画像元:https://www.youtube.com/watch?v=KftpsCbeYo0

言葉に関連する話題として、あるツイートが話題を呼びました。

ある家族のお子さんはYOUTUBEを見るのが好きでした。
ゲーム実況で、そこでは汚い言葉ばかり飛び出ていました。

僕もゲーム実況をたまに見ており、
そこで飛び交う言葉が「あああおう」といったリアクションたっぷりの騒音です。

そういう言葉を使う番組ばかり見ていたら、
子供の言葉使いも感化されて汚くなってしまい、
ついには子供の考え方にも悪影響が出てしまった
とのこと。

そこで父親は「そういう動画を見せない」と決めて、
1か月たったころ……子供の言葉使いが元に戻っただけでなく、
振舞いや言葉使いも元に戻った
のです。

どれだけ言葉の使い方が子供の成長に変化を与えるか。
親として気をつけなくてはなりません。

 

関連記事:伊沢拓司がかっこいいのは誰でもできるコレのおかげ!

関連記事:伊沢拓司の仕事姿勢における"ひとひねり"の工夫が大変素晴らしい件

関連記事:伊沢拓司の東大卒業と中退に関するあまりにも驚きの裏事情



ABOUTこの記事をかいた人

ミーハー男Taichi

僕はサラリーマンという平凡な毎日を送ること早10年目を迎えました。 職場ってなんとも言えない独特な人間関係がありますよね。。。 当ブログでは、そんな職場などで、朝のあいさつから始まる軽い雑談や、昼休みに同僚とランチをする時などに使える『会話のネタ』を、最新トレンド情報を中心に紹介していきます。 あなたの生活に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪