風間球打の出身中学や小学校は?4人兄弟で名前がスゴイ!プロ野球ドラフト1位候補を紹介




出典:https://full-count.jp/

今年のドラフト会議は10月11日に行われます。

ストレートは、もちろん変化球の精度も高いとスカウトの注目を集めてドラフト1位指名とありと言われているのが風間球打(かざま きゅうた)です。

なんと10月11日は風間球打の18歳の誕生日です。

今までにない特別な気持ちで誕生日を迎えることになった風間球打の事を調べて行きたいと思います。

 


風間球打の出身中学や小学校は?小学校と中学校の所属チームは?

風間球打は、高校は秋田ですが地元は山梨県甲州市です。

 

甲州市立奥野田小学校で、1年生の時から軟式野球を始めます。

小学3年から不動のエースピッチャーとして活躍していまます。


風間球打は、中学では陸上部に所属しながら笛吹ボーイズでプレーをしますが、笛吹ボーイズにはあまり行かなかったということですが、中学2年生の時に、笛吹ボーイズの一員として全国大会に出場します。

しかし結果は初戦敗退でした。

 

ノースアジア大明桜高校での成績は?球速はどのくらい?

風間球打

風間球打は中学の時はほぼ無名の選手と言っていいです。

ノースアジア大明桜の監督の輿石重弘さんは山梨出身で、知人から連絡を受けて、中学3年生の風間球打の投球を見たといいます。

 

その時に「投げ方のバランスがよかったので、この子は伸びる」と直感したといいます。

風間球打自身も、人と一緒のことはあまりしたくないというおもいがあり、県外も楽しそうだなと思い県外であるノースアジア大明桜に進学を決めたと言います。

父親は「150km/hを目指せ」と送り出してくれたといいます。

高校に入りたての時の球速は135キロでした。

 

風間球打は、高校に入るとすぐに、自分のフォーム改善に取り組みます。

倒れ気味になっていたフォームを体の軸を使うように修正したことで、投球が安定してきて球速に伸びしろが出てきました。

また、ストレートの他に「カーブ、スライダー、チェンジアップ」などの変化球を取り入れた事で、変化球でカウントを取りにいけてるようになり、最後は得意の直球で勝負できるようになりました。

1年生の春からベンチ入りを果たしていて、1年の春の地区大会の決勝で先発して1回だけを投げていますが、無失点に抑えています。無名だった中学生の高校デビューとしてはまずまずでしょう

 

夏の県大会でも準々決勝に先発して、当時自身のMAXである138kmをマークしています。

 

3年生の春の秋田県大会で自己ベストとなる球速157kmをだして優勝しました。

 

甲子園では雨で中断ノーゲームという波乱も

甲子園では、帯広農(北北海道)の試合で、ノースアジア大明桜が5―0とリードしていたが、4回裏の終わりの豪雨で中断ノーゲームになってしまうという悔しい想いをしています。

 

先発した風間球打は、四回まで無安打無得点に抑えて帯広農ナインを圧勝していました。

 

この時、足場の悪さを考えて、踏み出す足の幅を狭めたり、セットポジションに変更したりして、素晴らしい対応力を披露していました。

 


風間球打の兄弟の名前が全員野球からきてる!?


風間球打は「かざま きゅうた」と読みます。

風間球打のお父さんは、元高校球児の風間啓介さんです。

 

塩谷商業高校でプレーをしていて甲子園出場を目指したいました。

父親は、野球マンガ「球道くん」の大ファンで、4人兄弟全員の名前に「球」の文字をつけています。

・長男 球道(きゅうどう)
・次男 球星(きゅうせい)
・三男 球打(きゅうた)
・四男 球志良(きゅうしろう)


3歳上の2番目の兄・風間球星は甲府工業でキャッチャーとしてプレーしていて、現在は駿河台大学で野球を続けています。

高校3年生の時に、夏の山梨県大会の準々決勝で決勝打を放って注目を集めインタビューされていました。

風間球打の家の周りはには畑や空き地が多く、父親がキャッチボールやバッティングを思い切り練習できる環境を整えてくれたので、学校が終わると自宅で練習をしていたと言います。

 

風間球打(かざま きゅうた)のプロフィール

風間球打

出典:https://full-count.jp/

プロフィール

名 前:風間球打(かざま きゅうた)

生年月日:2003年10月11日

出身地:山梨県甲州市

身 長:182cm

体 重:81kg

ポジション:投手

最高球速:157km

憧れの野球選手 : 大谷翔平

名前の由来
「球けがれなく打つべし」

 

まとめ

風間球打は、1年生の時から注目されてきた右腕で、高校3年の時に157キロをマークして最後の夏に花を咲かせました。

甲子園ではノーゲームになってしまい悔しい思いをしましたが、格別な誕生日になることでしょう。

どのような結果になるのかドキドキして待ちたいと思います。