小園健太の出身中学校や小学校は?兄はプロ選手の小園海人?ドラ1候補右腕を紹介

小園健太




出典:https://www.nikkansports.com/

2021年最も高く評価されている高校生投手・小園健太(こぞの けんた)は、「ピッチトンネル」理論をマスターしていると期待されている選手です。


小園健太について小園海人との関係が噂されていますが、小園海人について調べていきます。

 


小園健太の出身中学校や小学校は?小学校と中学の所属チームは?

 

小学生の時は「R・I・C・Aクラブチーム」に所属

小園健太は大阪府貝塚市立中央小学校出身です。

小園健太が野球を始めたのは小学1年生の時で、野球のクラブチーム「R・I・C・Aクラブチーム」に入団したのがきっかけです。

「R・I・C・Aクラブチーム」は
広い範囲の地域から小学生が入団している強豪チームで、
小園健太選手はいろいろなポジションを経験しています。

 

中学校の時は「貝塚ヤングチーム」で全国制覇

中学校は大阪府貝塚市立第一中学校出身です。

小園健太が中学生になると所属した貝塚ヤングチームは、全日本硬式野球連盟に所属している名門のクラブで、甲子園やプロ野球を目指す人が沢山いたといいます。


小園健太は、中学入学直後から140キロ超えのスピードをだしていて、中学2年の夏には最速152キロをマークしています。

 


小園健太が3年生の2018年の時には、ヤングリーグ春季大会ベスト8、ヤングリーググランドチャンピオン大会ベスト4、ヤングリーグ選手権大会で優勝と
小園健太はすべての試合ピッチャーとしてチームに貢献しています。


倉敷国際野球大会は、海外チームも出場する大会で日本代表選手として試合にででいます。

 

市立和歌山高校での成績は?球速はどのくらい?

小園健太は、中学3年の時に全国大会に何度も出場をして結果を残していたので、高校の野球部から推薦入学の話が20校近くあったといいます。

 

兵庫の強豪校への進学も考えていた小園健太ですが、中学の時に、バッテリーを組んでいた松川虎生選手から「一緒に市立和歌山高校に行こう」と声をかけられた事で市立和歌山高校への進学を決めたといいます。

 


また、監督から市立和歌山高校の野球の話を聞いたことも決断するきっかけになったといいます。

市立和歌山高校では1年の頃からベンチ入りを果たしています。

 

高校2年の春に最速152kmをマークしました。

小園健太の球種は多彩でポテンシャルも高く、各球団のスカウトがマークしています。


家族構成は?兄はプロ野球選手の小園海人?

 


広島東洋カープに小園健太選手と同じ同じ苗字の小園海斗選手が所属しています

もしかして兄弟ではないのかと噂されていますが無関係のようです。

小園健太は4人家族で小園智帆さんという3歳年上の美人なお姉さんがいます。

 

小園健太は、大阪府貝塚市の出身で小園海斗内野手は兵庫県宝塚市の出身です。


出身地からも兄弟ではないことがわかります。

しかし、小園という名字もは、全国でも5200人しかいない珍しい苗字なので「もしかして関係があるのか」と思った人が多かったのでしょう。実際どこかで繋がりがあるのかもしれませんね。

 

小園健太の母親は毎朝4時に起床して、息子の為に6食分の弁当と間食を準備したり、朝練に行く息子の為に、5時半に父親が最寄駅まで送っていたり、子供の夢は親の夢と家族のサポートは甲子園という夢に向かって万全でした。

 

姉は、弟の健太は練習から帰ってくるとツムツムなどスマホゲームに熱中していると話していました。

 

小園健太のプロフィール

プロフィール

名前:小園健太(こぞの けんた)

出身地:大阪府貝塚市出身

生年月日:2003年4月9日生まれ

身長:184cm

体重:89kg

 

小園健太は、野球の他に幼稚園の年長の時から小学6年生まで書道を習っていました。

その腕前は素晴らしく10段という腕前で、小学1年生の時には農林水産大臣賞に輝いています。

 

また、遠投が120mで50m走が6.6秒という記録の持ち主でもあります。

 

まとめ

夏の甲子園には出場できなかったが、

「自分の野球人生はまだ終わらないので、次のステージに向けてしっかりと準備していきたい」

と力強くプロ志望届を提出することを明言していました。

 

プロ野球選手になるのが夢と幼い頃から話していたといいますが、その夢が現実になる時が目の前に迫っています。