佐藤隼輔の出身中学校、小学校、高校は?ドラ1候補サウスポーの経歴




出典:https://column.sp.baseball.findfriends.jp/

2021年のプロ野球ドラフト会議は10月11日に行われます。

夏の甲子園が終わったばかりの時期なので、高校生が注目されがちですが、大学生の中にも各球団のスカウトの目が向けられている人物がいます。

佐藤隼輔(さとうしゅんすけ)、今年のドラフトで、上位指名か1位指名が期待されている選手の1人です。

ドラフトの目玉になりそうな佐藤隼輔の中学や高校などについて調べていきたいと思います。

 


佐藤隼輔の出身中学校や小学校は?小学校と中学の所属チームは?

 

小学校の時は愛子スポーツ少年団に所属し、リトルリーグ「折立スパローズ」に入団

佐藤隼輔が野球を始めたのは、小学4年生の時で、地元である愛子スポーツ少年団に入部して、
ピッチャーをしていました。

佐藤隼輔は、小学6年生の12月から「折立スパローズ」というリトルリーグに所属します。

 

中学生の時には全国制覇

軟式から硬式に変わりましたが、中学1年の全国選抜大会で優勝を果たしています。

中学1年生の夏までリトルリーグでプレイした後は、広瀬中学野球部に入部して、東北大会で準優勝したり、宮城県の選抜チームに選ばれたりして活躍していました。

 

高校と大学での成績は?球速はどのくらい?

 

宮城県立仙台高校に入学するも甲子園出場は無し

佐藤隼輔の通っていた仙台高校は、バスケットボールが強い高校で、プロバスケットボール選手が数多く輩出されていますが、野球はそれ程でもありませんでした。

佐藤隼輔は、高校1年生からベンチ入りを果たして、1年の夏の県大会の初戦に登板した時に135km/hをだしています。

3年生の春の県大会の2回戦の仙台育英高校戦では、144km/hをマークしていて、この頃から各球団のドラフト候補として名前が上がり始めました。

 

しかし、高校3年の最後の夏の大会前に股関節痛を発症してしまいます。

 

試合に出場しますが、甲子園出場の夢は残念ながら叶いませんでした。

 

甲子園出場がなかった佐藤隼輔ですが、高校卒業の時にもし大学進学ではなく、プロ野球を希望していた場合、ドラフト指名は間違いなかったと言われていました。

 

筑波大学に進学し、大学野球日本代表に選出


しかし、本人が「大学の4年間で力をつけてドラフト1位でプロに入る」と、強い意志で進路を決めて筑波大学に進学しました。

 

佐藤隼輔のは、大学1年の秋に初登板してから3勝して25イニング無失点という記録を残しています。

華やかな大学デビューを飾っています。


大学2年生の夏に日米大学野球に日本代表として出場して、全5試合にリリーフとして登板して、失点1、奪三振4を奪う素晴らしい活躍を見せています。

今年の秋季リーグの開幕戦では、152キロを出しますが、4回途中に右脇腹付近を痛めて緊急降板する事態になってしまいました。この日は12球団22人のスカウトが集結していたといいます。

右脇腹の肉離れと診断されています。

大学の防御率1.46という素晴らしい安定感ですが、最近の故障が少し気がかりな点と言えます。

一線級の速球と、切れ味の鋭いスライダーやチェンジアップなどのコンビネーションを武器としている佐藤隼輔のポテンシャルは高く、プロでも即戦力になと言われているので、新人王も夢ではありません。

 


佐藤隼輔の家族構成は?

佐藤隼輔の家族は、両親と姉の4人家族で、家族の中でスポーツをしている人は誰もいないようです。

スポーツ一家というわけではありませんね。

 

佐藤隼輔(さとう しゅんすけ)のプロフィール

佐藤隼輔

出典:https://4years.asahi.com/

プロフィール

名前:佐藤 隼輔(さとう しゅんすけ)

生年月日:2000年1月3日

出身:山形県生まれの宮城県仙台市育ち

身長:181cm

体重:80kg

投打:左投げ左打ち

ポジション:ピッチャー

家族:両親と姉

血液型:B型

好きな音楽:ザ・チェインスモーカーズ

各球団のスカウトからも佐藤隼輔の評価は高く「一位指名の能力」「トップクラス」「上位候補」という声が1つの球団だけでなく複数のスカウトから聞こえてきます。

 

まとめ

プロの世界に入っても新人王も夢ではないと言われている佐藤隼輔について調べて見ました。

ドラフトはもうすぐですが、どのような結果になるのかとても楽しみです。

いつまで佐藤隼輔を応援していきたいと思います。