根尾昂ピッチャー転向までの流れが本当にかわいそうすぎる件




画像元:https://twitter.com/livedoornews

昨日、すごく気になるツイートがありました。

中日の根尾昂選手が不遇の扱いを受けていると。

僕はツイートを通し、根尾昂選手を初めて知ったのです。

ツイッターやグーグルほかで調べると

「根尾昂を救いたい」

単語が出てきて、よほどやばい状態にあるのだろう。

彼は難病を患っているわけではありません。

ファンはもちろん第三者が
「根尾昂選手を救え!」訴えている

どうして彼に救いを求めているのか。
生い立ちほかを調べてみると……

 


根尾昂の簡単な生い立ち

画像元:https://column.sp.baseball.findfriends.jp/

始めに根尾昂選手の簡単な生い立ちを書きます。
2000年岐阜県生まれ。

小学校2年生で地元の野球チームに入り、野球人生が始まります。

投手及び三塁を務め、中学校では146km/hを出すなど好調だった。

大阪桐蔭高校時代は1年生からベンチ入りし、
投手、遊撃手、そして外野手など幅広いポジションを務め、
2012年の甲子園で春夏連覇をとった。

ドラフト会議にて中日が交渉権を獲得し、記者会見にて遊撃手を希望した。

 

根尾昂の年俸推移

画像元:https://www.gurazeni.com/player/1647

根尾選手の年俸推移を見ますと、1500万円と1100万円をうろついています。

試合成績を見ますと年間打率が2割を越えていない。

色々調べたところ、中日に入って(2019年)すぐケガをした。
バッターとしての成績もふるわず、始めてお立ち台に上がった時期が2021年。

根尾選手は内野手をやりながら外野手の練習に取り組み、
そして今年は投手としても練習に取り組んでいる

高校時代は二刀流選手として活躍

昨日のニュースで根尾選手が投手に変更すると発表があった。

 


なぜ根尾選手を救え!なのか?

根尾選手の生い立ち及び年俸推移、打率など色々見ていきますと、
大阪桐蔭時代は成績を残していたものの、
中日に入ってからガクっと落ちてしまった。

ケガも成績を落とした要因の一つです。
一番は中日の使い方だと思います。

昨日、僕がたまたま上記ツイートを見てしまった。

「監督の采配に振り回され、かわいそうだ」

その後上記ツイートは自己返信で
「野手として育成してほしかった」述べております。

https://twitter.com/Yuto_Dragons073/status/1534826683500761088

彼だけではありません。
根尾選手他、監督に振り回されすぎている。どうにかならないか。

当然僕は気になります。

中日の監督ってどうなっているのと。

 

中日の監督から見る根尾選手-与田剛前監督編

画像元:https://npb.jp/bis/teams/yearly_d.html

根尾選手は2019年に中日へ入りました。当時の監督は与田剛さん。

与田剛元監督は中日の選手であり、投手として活躍しました。
2000年にケガがもとで戦力外通告を受け、引退。

引退後は野球解説者を務める傍ら、社会人野球チームのコーチを務め、
楽天では投手コーチとして活躍しました。

2019年から中日の監督として活躍したものの、
主力選手(根尾選手含む)が次々ケガをして戦線離脱

選手を鼓舞したり勝ちパターンを見つけたりと奮闘したものの、優勝はできなかった。

ツイッターや知恵袋などを見ますと、人としての評価は高い

与田剛元監督はインタビューで根尾選手の二軍入りについて、

チャンスを点につなげる努力は認めるが、状況に応じた打撃や盗塁に課題あり。
上手く育てれば、守備も打者も盗塁もやっていける

根尾選手の二刀流姿勢を認めている。

spotivaのインタビューでも根尾選手について、
メジャー含む他球団から欲しい!いわれる選手に、私たちが育てていかねばならない

先を見据えた良き監督だなと、僕は思いました。

 

中日の監督から見る根尾選手-立浪和義監督現監督編

現在の立浪監督も根尾選手について語っています。

例えばサンデードラゴンズという番組では、

打てれば外野という考えだったが、実際は違った。
スタメンで出られるチャンスはほぼない。頑張りは認めている

そこでショートかつ2軍から始め、守備力が良ければ1軍にあげる。

4月の時点で投手としての起用も考えていた。

1か月たって何度かピッチャーをやってもらったとき、
同じくサンデードラゴンズで監督は述べています。

投手としての潜在能力が高い。
150キロ出してきちんとストライクを取っている。
少しずつ彼を見て登板を増やしていきたい

一方で元中日選手、ポジションは投手、現在解説者の鈴木孝政さんはラジオにて、

「ちょっと違うんじゃないか。投手への変更って甘くないよ」

鈴木さんの指摘として

  • 上体に頼って投げ、下半身を上手く使えていない
  • 大阪桐蔭時代と今とではいろいろ違う

今から対策を建てたところでどうなるか、ギャンブル側面が強いです。

さらに中日スポーツ新聞での立浪監督インタビューにて、

「野手と投手、いつまでもどっちつかずではいけない」

根尾選手を詳しく知らない僕でも、
「振り回されているなあ」思ってしまったのです。

どこにいても活躍の場所が少ない。
じゃあどうしたらいいのか、中日も含めてもがいている。

どっちつかずではいけないといいながら、
二刀流という形のどっちつかずを狙っている

上手くいけばいいな、祈ることしかできません。

もし元中日監督の落合博満さんなら、どう采配していたのでしょう。

上記動画にて気になる言葉がありました。
「守備は教えてもらうといいが、打撃は独学。人の言葉をうのみにするな」

根尾選手はまじめな性格とのこと。

まじめすぎるからこそ、何もかも受け入れたうえ、固まってしまい、
自分を必要以上に追い込んでいるのではないか?

考察があり、納得してしまったのです。ちなみに落合監督についてはこちら。

 

追記:ピッチャーデビュー戦

6/20日巨人との試合で根尾選手がデビュー。
きちんと巨人から三振を打ち取ったとのこと。

いいデビュー戦ですが、同時に対策も取られてしまう。
この試合を軸に、どんどん頑張ってください。