上原りさに彼氏ができないのはNHKによる超厳しい契約のせい?

画像元:https://www.instagram.com/uehara_risa_official/

今日の「今夜くらべてみました」にNHKでパントマイムを演じていた、
上原りささんが出演します。

今夜くらべてみましたでは「彼氏」に関するネタを出すとのこと。

番組欄で「彼氏いない歴27年」と書いてありました。

いろいろ調べると体操のお兄さんや歌のお兄さんなど、
いつも一緒に仕事をしている人と恋人関係になっているのでは?

思ってしまいませんか?  僕だけかもしれませんが……

そういえば歌のおにいさんおねえさんに対し、
恋人にまつわるとんでもない話を知り、びっくりしました。

上原さんに彼がいないのはこれのせいかなと思ったのです。

 

結婚よりも絆の深い〇〇関係

画像元:https://woman.excite.co.jp/article/child/rid_E1492569414167/

実家へ帰省した際、僕の母親から聞いた話です。
母親は歌のおにいさんが出演していたバラエティ番組を見ていたとのこと。

そこで司会が尋ねました。

「いつも仕事で共演するから、恋人関係にならないのか?」

するとお兄さんはこう答えます。

「仕事でいつも一緒にいるからこそ恋人という関係は全くない。
兄弟といった感じでみんなで"こっそり"旅行を楽しんでいる」

ほぼ毎日一緒に仕事をしていると、
恋愛という関係以上に同じ志をもつ仲間へと変わり、
きずなも恋愛より数倍深くなります

歌のお兄さんやお姉さん同士で恋愛関係に至るのでなく、
むしろほぼ毎日接する仕事仲間だからこそ、
上原さんが共演者と結ばれる確率は極端に低い
と考えられます。

僕の母親が見ていた番組はバイキングらしく、
上原りささんと一緒に卒業した小林よしひささんと分かりました。

共演していた小林よしひささんはすでに結婚しており、決して仕事仲間ではありません。

二つ下の一般女性とのこと。

NHKEテレでよしひさお兄さんをほぼ毎日見ていた主婦は、
祝福よりもショックと疑問を抱いていたのです。

ショックはともかく「疑問」って何でしょう……

 

驚愕!歌のおにいさんやおねえさんは恋愛禁止…だと?

画像元:https://www.oricon.co.jp/news/

2017年に卒業した横山だいすけお兄さんもバイキングに出た際、
「歌のお兄さんでいるときはほか番組の出演を一切禁ずる」と、
厳しい契約がなされておりました。

ほかにも海外旅行や新宿歌舞伎町(風俗街で有名)を歩くこと、
そして恋愛も禁止していると厳しい契約内容
を語っていました。

※だいすけお兄さんは後にNHKプロデューサーから、
「恋愛はうまくやるように!」禁止ではなかったとのこと。
昔は禁止だったけど今は緩和されたと述べていました。

画像元;https://www.sukusuku.com/contents/248180

NHKからすると歌のおにいさんやお姉さんは子供たちのヒーローです。

ヒーローが汚れた場所(歌舞伎町のみなさん、ごめんなさい)
にいるのはふさわしくないし、信用が落ちてしまいます。

海外旅行を禁じているのも現地で何かがあったとき、
いろいろ面倒なことに巻き込まれるからでしょう。

日本と海外では法律も現地民族の考え方も違いますしね。

「歌や体操のおにいさん、おねえさんは清く正しくあらねばならない!」

おにいさんやおねえさんたちが魅せる人柄の良さは、
NHK側の厳しい契約があるからこそ成り立ちますね。

彼らがお笑い芸人なら犯罪行為さえしなければ、
ちょっと危険なネタも芸の肥やしとして役に立つからいい。

しかしアイドルや役者といった清く正しい心が重視される業界では、
質を落とす言動をとると、ショックを受けます。

仮にうたのお兄さんがプライベートであっちこっちナンパしていたら、
不真面目な僕は「面白いお兄さんだな」と思いますけれど、
世のまじめな主婦は「はあ、ふざけんな」思うでしょう

上原りささんが身体表現のおねえさんとして在籍していた時も、
恋愛はうまくやるようにとくぎを刺されていたのですね。

画像元:https://www.instagram.com/uehara_risa_official/

はじめNHKに恋愛禁止という契約があるから、
りささんに彼氏や好きな人がいたとしても……

「私、彼氏はいません!」と、
周りにアピールしなければならなかったのかな
と思いました。

だいすけお兄さんはこっそりうまくやっていたのを見ると、
彼氏を作ろうと思えばできたのですね。

焦らなくても変にえり好みしなければ結婚できると、僕は強く思っています。

とってもかわいいし美しいもの。

 

上原りさのインタビューで何度もうなずいた"この言葉"

画像元:https://www.sukusuku.com/contents/255123

最後に上原りささんのインタビューがありました。
パントのお姉さんとして子供と一緒にパントマイムをしていました。

りささんにとってパントマイムは未知の領域であり、
想像力について深く考えさせられた
と述べています。

おままごとという遊びがあります。
包丁やハンバーグといったおもちゃを通し、主婦の一日を味わう遊びです。

ただのおもちゃと子供の想像力が合わさることで、
子供にとっては「実際に料理をしたり、子供(人形)を寝かしつけたり」と、
ありありと目の前に世界が広がっております。

子供と接するまでは常に緊張とがちがちに体が固まる日々でしたが、
子供に関する真実を知ってから、
りささんは肩の力を抜いて表現するようになったと述べています。

ご自身のこれからの生き方にも役に立つ経験ができて本当によかった。

ちなみにりささんのあこがれはこちらの方であり、
今後はこの人と同じ道を歩むと予想できます。

ABOUTこの記事をかいた人

ミーハー男Taichi

僕はサラリーマンという平凡な毎日を送ること早10年目を迎えました。 職場ってなんとも言えない独特な人間関係がありますよね。。。 当ブログでは、そんな職場などで、朝のあいさつから始まる軽い雑談や、昼休みに同僚とランチをする時などに使える『会話のネタ』を、最新トレンド情報を中心に紹介していきます。 あなたの生活に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪