清宮幸太郎が太った?新庄剛志監督の真意を調べた結果!




画像元:https://twitter.com/hnhfspi

「野球選手にとって太るは悪くないよ」

今朝、ツイッターを開いたところ、
真っ先に新庄剛志日ハム新監督が
清宮幸太郎選手に向かって、
かなり厳しい指摘をしました。

指摘の一つがダイエット。

新庄剛志監督の意味することを
調べた結果、恐ろしい事実に気づいたのです。

 


清宮幸太郎の野球人生を簡潔に振り返る

画像元:http://fighters-kingdom.blog.jp/

まずは清宮幸太郎選手の野球生活を簡単に振り返ります。
生で甲子園-苫小牧vs早稲田実業-を見て野球に目覚めた。

高校は早稲田実業で次々ホームランを放つ選手だった。
日ハムに入り、1年目で大けがを負って2軍へ。

以降、1軍にいたりケガで2軍に落とされたりを繰り返し、
今季は調整のため2軍で活躍しておりました。

2軍事での成績はこちら。なかなかいいのですが……

 


新庄剛志の野球人生を簡潔に振り返る

画像元:https://hochi.news/

続いて新庄剛志監督の野球人生を振り返ります。

父親の影響で野球と接し、
地元の大会決勝で相手に敗れたのが非常に悔しく、
自分からチームを率いて県大会3位という成績を出しました。

甲子園には行けなかったものの、
阪神に拾われて連続負け越しチームを救い、
自身のキャラもあって一躍有名人に!

2001年に米国で活躍し、再び日本へ戻り引退。

19年にふたたび選手としてトライアウトを受けるものの不合格。
そして今年、日ハムの新監督を引き受けたのです。

新庄剛志選手の武器は守備及び統率です。
詳しくはこちらをお読みください。

 


清宮幸太郎は太っているから成果が出ない?

画像元:https://youtu.be/Rjwlpyhh50E

さて昨日の中日スポーツ新聞によりますと、
新庄剛志監督は清宮幸太郎選手にダイエットを命じたとのこと。

清宮選手の弱点は守備の弱さ(高いエラー率)にあります。

1軍にいたとき、彼はファーストを守っていた。
よくボールをとれず、彼自身も悔しい思いをしていた。

新庄監督は守備及び統率力において一流です。
清宮選手に体の重要性を教えたのち、ダイエットを伝えた。

清宮選手は減量したくないと述べます。
原料するとボールが飛ばなくなる=ホームランが打てなくなるのでは?

すると新庄監督がズバリと一言。

「昔のほうが飛んでいた、今もそんなに飛んでいない」

清宮選手は弁当を7つも平らげるほどの大食漢で、
かなりの覚悟がないと、ダイエットは難しいのではないでしょうか。

 


清宮幸太郎の身長と体重を調べた結果

画像元:https://youtu.be/_gXuQfIPfzc

新庄監督の指摘を通し、清宮選手らの体重を見ていきましょう。

2017年(早稲田実業時代)のニュースによりますと、
清宮君は身長184cm、体重97kgありました。

そして2021年時のニュースだと、102kgと増えているのです。

一方新庄剛志現役時代の身長181cm、体重は76kgと大きく違いますね。

体重を増やすとパワーが増えてスイングスピードも速くなる。
結果、長打距離につながり、本塁打率も上がるのです。

画像元:https://youtu.be/swp0uuSmIa4

ここで清宮幸太郎選手とほぼ同じ状態でありながら、
現在ヤクルトで今季優勝に大きな貢献をした選手、
村上宗隆さんの身長及び体重を見ていきますと……

188cm、体重97kgとなっています。
早稲田実業時代の清宮選手とほぼ同じ体重ですね。

村上選手の活躍についてはこちらをお読みください。

もう一つ、2021年村上選手と清宮選手の本塁打率を比べます。
本塁打÷試合数で計算し、小数点を四捨五入して割合で示したところ、

  • 村上:39/143=27%
  • 清宮:19/106=18%

もう一つ、今季清宮選手の試合数が143あるとしたら、
19:106=X:143 X=26(四捨五入)、

ついでに村上選手の今季試合数が106なら
39:143=Y:106 Y=29となるのです。

今季本塁打のみで見ていきますと、
村上選手に追い抜かれている事実があるのです。

清宮選手の前年本塁打率が7/96=7%なので、
前年に比べたら2倍以上のいい成績を出していますが、
同期の村上選手に比べると、まだまだでしかありません。

 

「痩せたらモテる」に見るコーチング理論

画像元:https://youtu.be/1rm1Av0WljM

新庄監督は清宮選手に対し、ただダイエットを言っただけでなく、
「痩せたほうがモテる」と指摘をしました。

また痩せて成果が出なくなったら太ってみようともアドバイス。

ただ叱るだけでは人がついてこない。
きちんとフォローをしつつ、課題を乗り越えるメリットを伝える。

メリットといっても、言われた方は不安があるわけです。
そこで別のメリット(ここではモテモテ)を指摘した。

こういった部分に新庄剛志のコーチング理論、
そして守備理論が見て取れます。

相手を叱るばかりで「こいつと一緒にやるの、嫌だ」という気分を減らし、

「叱られたけど、同時にいい指摘ももらった。やってみよう」
やる気にさせる指導はまさにいいコーチングだと思うのです。

もう一つ、報道陣向けに差し入れ(上記画像)を行い、
新庄さんはマスコミを味方に引き入れようとしていますね。

※上記画像男性は福田太郎アナウンサー

清宮選手がどう化けるかわからないけど、頑張ってもらいたいものです。