迫田孝也の高校時代の部活が名脇役の条件になるなんて!

画像元:https://twitter.com/yaddeyo

笑ってコラえてに現在放送中の大河ドラマ
「西郷どん」に江藤新平役の迫田孝也さんが出ます。

迫田孝也さんを調べていると「運命って面白いなあ」思ったのです。

特に高校時代と大学時代の出来事を見ると、

この人は役者になる運命が決まっていたのだなあ」思うのです。

 

迫田孝也の出身高校はどこ?

画像元:http://www.edu.pref.kagoshima.jp/sh/tsurumaru/

迫田孝也さんは鹿児島県出身、1977年生まれの2018年時点で41歳。
事務所はホリプロに所属しております。

鹿児島県立鶴丸高校を卒業しております。

鹿児島県立鶴丸高校は鹿児島県で最も古い歴史を持ち
鶴丸の由来が鹿児島城の別名から取ったとのことです。

鹿児島城は戦で有名な島津氏が拠点を構えており、
高校は体育系はもちろん、文科系も充実しているのです。

 

脇役に欠かせない能力を培ったバレーボール

画像元:https://twitter.com/_haikyukarasuno/status/811769656075632640

迫田孝也さんはバレーボール部に所属し、キャプテンを務めていました。
ポジションはセッター。アタッカーに良いトスを上げる重要な役目です。

※上記画像は漫画「ハイキュー」でセッターを務める影山飛雄。

セッターはアタッカーと違って、敵味方の状況を瞬時に判断し、
アタッカーが攻撃しやすいよう、気を配る必要があります。

この時点で「役者」になる伏線がないところが面白い。
伏線の一つになりそうな経験としてはセッターでしょう。

周りの状況をすぐ観察し、最善手段を尽くすセッターは、
現在の迫田孝也さんが役を演じるうえで重要と思っているのです。

周りに気を配り、瞬時に主役を引き立てるよう、
頭の中(というよりは本能)で高速計算を行い、周りの役者を引き立てているのです。

うまく生きたてるわき役としてはこちらの役者もおります。
ぜひお読みください。

 

迫田孝也も血液型も名脇役の証

画像元:https://twitter.com/yaddeyo

迫田孝也さんは血液型がOです。

O型といえば幅広い趣味を持ち、一つにはまると冷めにくい性格です。

バレーのセッターを務めることができたのも、
O型の良さが出ていると思っています。

O型のお笑い芸人はこちら。
彼も迫田孝也さんと同じように幅の広さで活躍をしております。

もう一人は元プロの料理人です。
今は相方と仲良くしているところが有名です。

 

迫田孝也の出身大学と運命を変えたバイトエピソード

画像元:https://www.hiroshima-u.ac.jp/

鹿児島県立鶴丸高校を卒業したのち、
迫田孝也さんは広島大学教育学部へ進学しております。

1997年あたりの出来事ですね。

広島大学は国立大であり、入試問題は難しい部類に入ります。
迫田孝也さんは教育学部を出て、保健体育の免許を取っているのです。

何事もなければ保険を含めた体育の教師としてやっていたのでしょう。

しかし運命はまさかの道を好みます。

大学時代に住み込みで奄美大島でアルバイトをしていたとき、
山田洋次映画監督が撮影をしておりました。

映画のロケ地でスタッフと話をしているうち、役者になろうと決意したそうです。

詳しいところまではわかっておりませんが、現場を見て感動したのは間違いありません。

 

迫田孝也の運命を変えた山田洋次監督の映画って何?

画像元:https://filmarks.com/movies/14155

山田洋二監督が撮影していた映画は「虹をつかむ男 南国奮斗篇」です。

1997年12月27日公開、迫田さんもちょうど大学時代です。

元は「男はつらいよ」の最新作をやるつもりだったのですが、
主演の渥美清さんが1996年に他界したため、
西田敏行さんが主演になった「渥美清追悼映画」になりました。

中身は「釣りバカ日誌」+「男はつらいよ」を足して2で割るような感じ。
この現場に、迫田孝也さんがアルバイトとしていたこと。

迫田孝也さんが出演した作品の中に、
山田洋次監督がかかわった作品はありません。

山田洋次監督は1931年生まれの2018年時点で86歳。
生きているうちに一作とって、迫田孝也さんも出演してもらいたいものです。

 

山田洋次監督と迫田孝也をつなげる「西南戦争」

画像元:https://youtu.be/_1dXlhkuc00

直接的なかかわりはないのですが、
迫田孝也さんは「西郷どん」で江藤新平をやっております。

江藤新平といえば佐賀の乱です。

薩摩藩武士による明治政府への抵抗である「西南戦争」よりも、
3年前に起きた大規模な武力闘争です。

佐賀の乱は明治政府によって鎮圧されましたが、
佐賀の乱をきっかけに九州地方であちこち、乱がおきました。

士族最大であり最後の乱である西南戦争において、
山田洋次さんの祖父は西南戦争の官軍(西郷隆盛の敵)として、
実際についたのだとか。

西郷隆盛にとって敵は江藤新平にとっても敵です。
迫田さんと山田洋次監督に直接のつながりがなくても、
演じるものを通して間接的につながるのは面白いなと思いました。

最後に迫田孝也さんは九州人の血を、父親の血を受け継いでいます。
迫田さんの父親を調べたら、意外なことが分かったのですよ。

現在の迫田さんと親父さんのエピソードが……

ABOUTこの記事をかいた人

ミーハー男Taichi

僕はサラリーマンという平凡な毎日を送ること早10年目を迎えました。 職場ってなんとも言えない独特な人間関係がありますよね。。。 当ブログでは、そんな職場などで、朝のあいさつから始まる軽い雑談や、昼休みに同僚とランチをする時などに使える『会話のネタ』を、最新トレンド情報を中心に紹介していきます。 あなたの生活に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪