源田壮亮のグローブが即転売された理由はサインでなく強固な守備力10割にあった




画像元:https://www.instagram.com/gendagenda6/

今日のツイッタートレンドに、
何とも残念なニュースがありました。

プロ野球選手の源田壮亮さんが、
昨日こどもの日に子供たちへグローブをあげた。

速攻でオークションにかけられ、次々売れたと。

もちろんファンや第三者は怒っています。

「すぐ銭に結びつける姿、嘆かわしい」

僕も同じく嘆かわしいと思う一方、
源田壮亮選手のグローブに、どんな秘密があるのか。

オークションで即購入者が決まるほど、
源田壮亮とはどんな人(怪物)なのか。

単純に気になり調べてみました。
すると……

※上記画像左は源田選手の奥さまで元乃木坂の衛藤美彩さん。

 


源田壮亮の簡単な生い立ち

https://twitter.com/PacificleagueTV/status/1522077673526542336

始めに源田壮亮さんの簡単な生い立ちを見ていきます。

1993年大分県生まれ。

小学生時、源田選手はソフトボールをやっていました。

思えば小学校時代、野球でなくソフトボールがクラブ活動にあって、
「どうして野球じゃないんだろう」と思ったのです……

本題に戻ります。
中学生から野球をやり始めた。

大分商業高校に入り、甲子園経験はなし

愛知学院大学で遊撃手として活躍、
4年生でキャプテンを務め、リーグ優勝を果たします。

大学を出た後はトヨタ自動車に入り、社会人野球を経験した後、
2016年のドラフト会議にて西武から指名を受け、
2017年から現在、選手として活躍しているのです。

2020年から西武のキャプテンとなり、
東京五輪に出場し、金メダルを勝ち取ったのです。

一方私生活では2019年に元乃木坂の衛藤美彩さんと結婚し、
去年の8月にお子さんが産まれました。

 

源田壮亮のグローブに隠されたこだわり

画像元:https://news.yahoo.co.jp/articles/

グローブの話へ入る前に守備率の話をします。

上記画像によりますと
「120試合中、失策(エラー)は9つ。守備率は0.983」

また去年は0.985とほぼ変わっておりません。

比較として他の選手を見ると守備率が1(100%)となっていますが、
試合に出た量を見ますと、源田選手が最も多い120試合

どれだけ守備力がいいかがわかるのです。

西武の中で最も試合に出ている源田選手のグローブについて、
色々秘密を見ていきましょう。

 

コユニ型グローブにして、よりボールをとりやすくする

上記動画にて、グラブ職人の解説がありました。

コユニとはグラブの小指部分に薬指と小指を入れ、
薬指部分に中指が入っている状態です。

源田さんが使っているグラブは
「源田モデル」と呼ばれており、人気グローブの一つ。

グラブにも手の感覚が行き届き、手とグラブを一体化できている。

おかげでボールをつかみやすくなった。

またボールをつかんだときにグラブを思いっきり握る必要がなく
手に対する負担も取り除くことができるとのこと。

さらにグラブの容積が普通より広いため、普通に比べて取りやすい

 

内野手なのにピッチャー用グラブを使う

画像元:https://zett-baseball.jp/special/genda/

守備率を解説したサイトによりますと、
内野用グローブで網目のような部分をバスケットウェブといいます。

※上記画像、赤く囲んだところ

バスケットウェブは主にピッチャーが使います。
相手バッターに球種を悟られないためです。

源田選手はバスケットウェブを使っている。
バスケットウェブの欠点は重さにあるとのこと。

外野手に内野手はピッチャーが使うウェブと違うのです。

後はグラブの色が青や紫と、オレンジや黄色でない。
単純に目立ってカッコイイというのも一つの特徴です。

 


源田壮亮が語る守備向上のコツ

グラブの秘密だけでなく、守備力の高さにも何かしらのルールがあります。
そこで本人の言葉をいろいろ探したところ……

高校野球ドットコムにて、源田選手の強さを取り上げていました。

源田選手はすぐおいしい話(プロ野球入り)に飛びつかず、
冷静で旬及び流れを見極めている。

次に源田選手が他と違って、自信ある分野及び強みを自覚して練習する。

ふつうの選手は弱点補強という、弱みを補うために練習するが、
源田選手は強みをさらに鍛えて相対評価を上げると。

バッターとしての練習はほぼなく、守備の練習を中心に行っている。

そういえば新庄剛志日ハム監督も選手だったころ、
バッターよりも守備力の強さ及び統率を武器に、
お偉いさんに売り込んでいったという話を思い出しました。

詳しくはこちら

一方、フリーライターの笠川真一朗さんの解説によりますと、
打者の研究も行っているとのこと。

打球、スイング軌道、振り方、投手(味方)のボール軌道……
敵だけでなく味方の研究も行い、分析し、予測し、
カンでなくボールをとれるべくして取っていると。

ここまでくると、源田さんがこどもの日に提供したグローブが、
即座にオークションで売りに出された理由もわかります。

そこらの野球選手のグローブでなく、
多く試合に出場かつほぼ10割の守備率を誇る、
源田壮亮の魂がこもったグローブだからこそ、売りに出されると。

もちろん源田壮亮選手のサイン入りなので、
サイン目当てに購入した人もいるでしょう。

転売を見ると、泣けてきますね。