小林陵侑が患っていた病気を調べた結果まさかの難病に大衝撃!




画像元:https://www.instagram.com/ryo_koba/

本日放送、炎の体育会系TVに出る
スキージャンプ金メダリスト小林陵侑選手

YOUTUBEでは遠慮なく質問がきたり、
いろんな部分が暴露されたりと、面白い青年です。

彼を調べたら「病気」が出てきました。

なぜか本人ではないのに、
何とも言えない気持ちになってしまったのです。

 


小林陵侑の簡単な生い立ち

画像元:https://twitter.com/taiikukaitv

始めに小林選手の簡単な生い立ちを書きます。

1996年岩手県生まれ

彼含めて一家みんなスキージャンプ選手であり、
陵侑選手もお兄さんの影響でスキージャンプ選手を志した。

高校まではノルディック複合にも取り組んでいたものの、
葛西紀明監督からスカウトされ、土屋ホームに入社。

北京五輪では金メダルを勝ち取る一方、
公式YOUTUBEチャンネルではうっかりさんな姿も露呈し、
若さと面白さにあふれた青年です。

詳しい生い立ちはこちらをお読みください。

 

小林陵侑は病気を患った?驚きの結果

小林陵侑を調べると「病気」が出てきます。
2022年6月段階にて、大きな病気を報告しておりません。

代わりに出てきた選手が竹内択さん。

好酸球性多発血管炎性肉芽腫症ことチャーグ・ストラウス症候群を患っているとのこと。

環境再生保全機構のインタビューによりますと、
症状は今から9年ほど前、果実を食べたときに喉がかゆくなった

検査を受けたところ、モモやリンゴといった果実に対し、
アレルギー反応があると分かった。

他にもスギ花粉にアレルギーがあると分かった。

さらに調べていくと、喘息を患っていると診断を受けたが、
軽い症状だったので気にしないで生きていた。

3年ほど前から咳が止まらず、
ソチ五輪直前のトレーニングでは、少し走っただけで咳が止まらない。

オーストリア遠征中に40度の熱を出して急遽帰国し検査した。

そこで全身の細い血管に炎症が生じる好酸球性多発血管炎性肉芽腫症とわかった。

難病を患いながらも、医者の手伝いもあってなんとか五輪に出場、
銅メダルという成績を残せたのです。

経口ステロイド薬の服用を通し、現在は症状を抑えているとのこと。

ステロイドを服用しないと、すぐに病気が再発し、
アレルギーは改めて怖いと思ったのです。

※アレルギーは生体の過剰防衛反応であり、
花粉症も防衛反応の働きすぎが要因の一つ。

さらに竹内選手の現在の活動はツイッターで確認できます。

役者として映画に出たり、チームを組んで活動したりと、
病気に負けないで頑張ってほしい。

 


小林陵侑が最近患っていたコロナウイルス

小林陵侑選手と病気で調べると、
彼でなく竹内選手の難病に関する情報ばかり出てきました

竹内選手の闘病生活に小林陵侑選手の名前があったから、検索に出てきたのですね。

ところで小林陵侑選手も去年11月にコロナウイルスで陽性反応を出した。
反応は出たものの、倦怠感や高熱といった症状を出しておらず、隔離だけですんだのです。

病気に関する情報はこれくらいですね。

 

小林陵侑と高梨沙羅の関係は?

病気という言葉から「恋の病」が出てきました。
そこで小林陵侑選手の恋愛事情などを調べてみたところ……

小林陵侑公式YOUTUBEチャンネルによりますと、
すでに5人ほどの女性と”経験”があるとのこと。

イケメンだし若いしお金もあるしで、女性が近づかないわけがない。

一方で小林陵侑公式チャンネルに届いた、
遠慮なしの質疑応答に、同じスキー選手高梨沙羅さんとの関係を問われました。

本人はニヤニヤしながら、次のように答えていた。

普通に仲がいい。一緒に飯を食った関係。

北京五輪では二人が抱き合うなど、
普通とはいいがたい仲になっているため、
僕を含めて多くの人が気になるのでしょう。

※高梨さんが理不尽な失格を受け、一人責任を感じているとき、
小林選手がハグして慰めていたのですね。

ともに1996年生まれの同級生であること。

色々な考察サイトによりますと、
高梨選手の好きなタイプが小林選手そのものであり、
小林選手のタイプも高梨選手そのものであると。

ただ選手でいる間は仮に付き合っていたとしても結婚は行かないでしょう。

どちらも選手であり、選手としてすべきことが優先であり、
結婚や恋愛となると、気にしなければならない項目が増えます。

技術を磨くだけでなく、相手の関係にも気を配らないといけない。
もちろん恋人がいて強い選手もいるので、選手と周りの状況によるでしょう。

現在の関係は戦友かつ同級生だと思っています。
僕は仲良くても結婚はしない、お互い別の人を選ぶと思いますねえ。

なお、五輪時の高梨選手についてはこちらをお読みください。

今朝の新聞によりますと高梨選手は現役を続行するとのこと。
色々大変でしょうが、両選手のご活躍を期待しております。