野茂英雄と嫁の馴れ初めと息子がすごい役職についている件

画像元:https://baseballking.jp/ns/column/22278

昨日、NHKスペシャルの野茂英雄さんをやると思ったら、
台風に関するニュースのおかげで中止になってしまいました。

昨日の台風はすごいし、NHKとして延期してもらって当然です。

いつ頃放送するかは未定ですが、楽しみにしています。

さて、野茂英雄さんの年俸推移を昨日、書きました。

野茂英雄さんがメジャーリーグへ挑戦する際、
日本球界やマスコミなど、実に多くの方から批判を浴びたのです。

野茂英雄さんの親父さんからも無視される有様。
彼は孤独のままアメリカにわたり、実力でいろいろ勝ち取ったのです。

支えてくれた人の中に奥様やお子さんがいます。
奥様やお子さんを調べてみました。すると……

 

野茂英雄の奥様はどんな人?

画像元:http://news-everyday-tech.seesaa.net/

野茂英雄の奥様は野茂紀久子さんといいます。
1991年に結婚したのですね。

お二人の馴れ初めを調べたところ、
野茂さんがまだ社会人として近鉄バファローズへ入団する前です。

上記画像にある新聞記事を読むと、奥様の仕事はチアリーダーで、
野茂英雄さんの対戦相手チアリーダーを務めていたのですね。

そこから2年の交際を経て1991年に結婚へ至ったのです。
1991年といえば野茂英雄投手が近鉄バファローズへ入団し、
6試合連続2桁奪三振と自身の記録を塗り替えたのです。

奥様のインタビューに関する情報を調べたのですが、
結婚以外は一切のっておりませんでした。

 

野茂英雄の息子が日ハムで活躍している人だとは

画像元:https://number.bunshun.jp/articles/-/822582

野茂夫妻の間に二人のお子さんがおります。
二人ほどいるそうで、一人は野茂貴裕さんと名前が出ております。
もう一人はわかりません。

野茂貴裕さんは1992年生まれの2018年時点で26歳。
野茂夫妻の結婚年から1年後に生まれたのですね。

息子さんは3歳から父親の仕事(メジャーリーグ)のため、
アメリカへ渡ったものの、
日本の世田谷区にあるインターナショナルスクールへ通っていたのです。

もちろん、アメリカにいる日本駐在者のチームに交じり、
野茂英雄さんの血を継いで、野球をやっていたとのこと。

画像元:https://www.change.org/

サンフランシスコにあるメンロー大学では野球のマネージャーを務め、
大学を卒業したのち、日本ハムの通訳者として働いているのです。

日本人野球選手がメジャーへ挑戦したとき、
お子さんもアメリカの学校へ通う傾向が高い。

こちらの選手のお子さんは小学校もアメリカであり、
アメリカは日本と違っていろいろチャンスを得やすいとのことです。

ただ、日本と違って準備が色々大変だと述べています。

野茂貴裕さんは日本語と英語だけでなく、スペイン語もできるとのこと。
三か国語以上、通訳できる方といえばこちらのモデルがいます。

彼女は両親の仕事で東南アジアの学校を出たのですが、
ある事件の解決として奇想天外な生活を送ったの、とてもすごい。

表に出ない裏プロフィールをぜひ読んでください。

 

野茂英雄の息子が語るプレッシャー

画像元:https://www.sponichi.co.jp/baseball/

野茂貴裕さんがインタビューを受けておりました。

インタビュアーが「偉大な父親をもって悩んだことは?」尋ねた際、
貴裕さんが日ハムの通訳者として就任時、
新聞の書き込みに何とも言えない気持ちになったとのこと。

「野茂英雄の息子が日ハムの通訳者に!」

普通、裏方が記事になることなどない。なるとしたら親が有名な人であると。

日ハムのヒーローインタビューなどで外国人選手話をするとき、
必ず貴裕さんが通訳として日本語で選手の意見を伝えます。

その際、貴裕さんはカメラに視線を合わせたくないので下を向き、
口下手な部分があり、父親にそっくりだねとインタビュアーに言われています。

親と子は必ずしも似るわけではありませんが。
父親が偉大であるほど、子供は比べられやすい。

なお比べたところ、こちらも似ておりますね。
ここは似なくてもいいんじゃないかと思うのですが……

 

メジャー挑戦時に野茂一家が味わった重圧

画像元:http://www.afpbb.com/articles/-/2961239

貴裕さんのプレッシャーとは違う意味で、
野茂英雄さんが初めてメジャーリーグへ渡ったとき、
お世話になった人をはじめ、色々な人から批判と罵倒を浴びました。

もちろん、マスコミは言うまでもありません。
その時のプレッシャーもかなり大きかったはず。

野茂選手は沈黙を貫いたまま、メジャーへ挑んだのです。

貴裕さんが3歳のときに野茂英雄投手はメジャーへ挑みます。
この時の野茂選手がどんな状況だったのか。知りたかったなあ……。
おそらく当時の出来事を覚えていないでしょうけれど。

手記でいいから奥様からもききたいなあ。
チアリーダーの経験を活かして、旦那を支えたのは間違いないでしょう。

奥様やお子さんの存在があったからこそ、
野茂英雄さんはバッシングにも耐えて、メジャーに挑戦したと思っています。

そして実力で彼らのバッシングをねじ伏せたと。

なお、野茂選手がメジャー移籍してから年俸は上がりました。
年俸推移を見ると、メジャーへ挑んで正解だったとみています。