ゴジラvsコングネタバレあり感想!小栗旬の扱いに納得がいかん!




画像元:https://jp.ign.com/godzilla-vs-kong/

昨日、久しぶりに仕事が休みで
時間が空いたので、
かねてから見たかった映画、
ゴジラvsコングを見てきました

もうゴジラvsコングが終わって、
次の映画がどんどん入るせいか、
人も少なかった……。

※時と場所によって、もう上映されてないかも。

それは置いとき、良かった。

ゴジラとコングが予想以上に
肉弾戦の殴り合いをした挙句
最後は共通の敵に立ち向かう。

共通の敵がいなければ、
ゴジラとコングは終わらなかったな!

と思うほど、共通の敵は欠かせなかった。

一方で脚本を見ていきますと、
日本人として参加した小栗旬さん。

彼の扱いに僕は思わず。

「ま、ま、まじっすか」

思ってしまったのです。

 


ゴジラvsコングのネタバレ含む大まかなあらすじ

画像元:https://www.toho.co.jp/

僕はゴジラVSコングについて、事前情報なしで行きました。

ネタバレ含めて大まかなあらすじを書きますと、
人間パートは二つに分かれます。

一つはある大手会社の陰謀を暴く立場
もう一方はキングコングを管理する立場

大手会社の陰謀を暴く立場として、太った黒人男性(バーニー)が、
疑惑の会社(エイペックス社)を一人で調査していた。

彼はラジオを使って、一部の人に情報を伝えていた。

一部の人がモナーク(巨大生物研究機関)で働く男性の娘、
全作キングオブモンスターズ(以下、KOMと表記)
に出たヒロイン(マディソン)だったのです。

バーニーはエイペックスの秘密(新たな怪獣作成)をつかんだところで、
怪獣王ゴジラが出現し、エイペックスを焼き討ちにします。

画像元:https://youtu.be/q4fo4gRbQ-A

一方、キングコングはモナークの施設に飼われていた。

なんとコングはどくろ島の先住民である少女(ジア)と、
手話で意思疎通を行っていたのです。

僕、この時点でコングがただの怪獣でなく、
人間らしさを持った動物と感じ、愛着を抱きました。

ある日、エイペックスからの頼みで大学教授(ネイサン)が、
地球の中にある別の世界へ行くため、
鍵となるキングコングを外に連れ出した。

エイペックス社は地下にある大きなエネルギーを使い、
極秘開発していたメカゴジラを起動させようとしていたのです。

エイペックス側の社員に小栗旬さん演じる日本人、
芹沢蓮が社長の補佐として大学教授に情報を伝えます。

芹沢蓮の父親は全作KOMで一度ボロボロになったゴジラに
活をあたるため、犠牲となったいいおっさんでした。

モナーク管理施設から別世界への入り口、南極まで船で運びます。

※KOMでキングギドラが封印されていた場所。

画像元:https://youtu.be/q4fo4gRbQ-A

運ぶ途中、ゴジラが来てしまい、キングコングと一戦。
人類側はキングコングを支え、共に戦うのですが……

水中でも呼吸ができるゴジラが圧倒的に有利で、
コングは途中でへばってしまった。

人類側も白旗を上げる作戦でゴジラが満足、どこかに消えます。

その後、コングは地球の空洞を通って故郷にいき、
ここからコングと人類のRPGゲームが始まるのです。

一方、黒人男性側は再度、
娘たちと一緒にエイペックス社破壊後に侵入し、
秘密の入り口を見つけてしまいます。

そこで輸送地下鉄に乗ってしまい、
アメリカから香港に移動してしまうのです。

香港にもエイペックス社があり、
芹沢息子らは極秘でメカゴジラを開発していました。

画像元:https://news.yahoo.co.jp

ゴジラはこいつをつぶすために香港へ上陸。
途中、ゴジラは真下に向けて放射熱線を吐きます。

吐いた先にいたのがなんと、地球の真下にいたキングコング。

コングと人類による地下探索RPGは幕を終え、
ゴジラが作ったトンネルを元に、香港へ上陸……

夜の香港でゴジラとコングの殴り合いバトル第二戦。
結果、ゴジラが勝ってコングはいったん倒れます。

ここでコングとゴジラがお互い咆哮しながら、
会話してるかのようなシーンを挟むのですが、
ゴジラとコング双方に人間らしさを感じました。

ゴジラはエイペックス社に行き、
ちょうど目覚めたメカゴジラと戦い、ボロボロにやられます。

ネイサンの考えで復活したコングとゴジラ、
共にメカゴジラを叩きのめし(とどめはコング)、
コングとゴジラの間に熱い友情が?

ところどころ穴をあけたネタバレ付きあらすじです。
詳しくは本編をお楽しみください。

 


小栗旬こと芹沢息子の扱いに涙

画像元:https://youtu.be/q4fo4gRbQ-A

ゴジラは特撮映画です。

特撮映画の主役はゴジラや怪獣、ヒーローであって人類ではありません。

だから人類のシナリオなんて、あってもなくても気にならない……
と、僕は思っていました。

人類側の展開もばっちり映っていると、嫌でも気になってしまうものです。

今回日本人から小栗旬さんが前作KOMで、
ゴジラの復活に大きな貢献を行った博士の息子として出ました。

息子は父親と同じくゴジラを助ける役割になるか……
と思ったらまさかの敵側(ゴジラにとって)だったこと。

父と息子は必ずしも同じでないのはまだいいとして、
芹沢息子はメカゴジラを動かすパイロットだった。

コングと人類が訪れた地下深くにあるエネルギーを、
メカゴジラに注ぐのですが……あまりにも強すぎた。

強すぎるあまり、芹沢息子の体がおおいに揺れて、
そのままお亡くなりになってしまうのです。

うっそでしょ、え、これだけ?

米国版ゴジラだから主役は向こうの人です。

だから日本人の扱いがしょぼいのは別にいいのですが、
さすがにあの退場の仕方は納得がいきません

画像元:https://jojotheworld.com/

どうせならジョジョの奇妙な冒険でディオが放った一言、

「俺は人間をやめるぞ」

くらいに精神を暴走させた後に亡くなったほうがよかったな。

もちろん、芹沢息子がなくなる狙いとして、
人類が作った怪獣は人類でも操縦不能!

自然VS人為を越えた怪物→ゴジラとコングの共闘!

へのつなぎとして大切だった。
それでもあの退場の仕方はもったいなかったな。

もっと暴走させればよかったのにと、見ていて思いました。

最後にゴジラvsコングはどちらも人類に対して、
ただの悪ではない存在として描いています。

特にコングは人類と共同でゴジラ他怪獣と戦うシーンがあり、
少しウルトラマンっぽさを感じたのです。

 


小栗旬のインタビューにあった仰天発言

画像元:https://theriver.jp/ren-serizawa-oguri/

The Riverというサイトのインタビューによりますと、
芹沢息子は「死んでいない可能性」もあるとのこと。

もしかしたら続編、次回作では普通に出てくるかもしれない……
どちらにしろ、敵として出てくるのは確実でしょう。