ふくしひとみ旦那のリンツチョコ購入大炎上がイカれすぎなほど理不尽な件




画像元:https://twitter.com/inu1dog1/

まさかこんなのが炎上になるとは……

ピアニストのふくしひとみさんが旦那さんに

「誕生日だから好きなの買いな」

そこで旦那さんはチョコレート(リンツ)を買った。

すると一部の人たちが強烈に反応し、

僕からすると「落ち着け」と
ツッコミたくなる事件が起きたのです。

 


ふくしひとみ夫妻の簡単な生い立ち

はじめにピアニストふくしひとみさんの簡単な生い立ちを見ていきます。

産まれた日はわかっておりませんが岩手県出身とのこと。
3歳のころからピアノを弾き、法政大学を出た。

現在ピアノはもちろん書道や舞踊など、
ありとあらゆる芸術をごちゃまぜにしたスタジオ代表でもあります。

一方旦那の戌一さんは生まれも育ちもわかっておりません。

Noteによりますと、奥様の裏方かつ弟子。
ペットシッターかつ日本どうぶつの会会長とのこと。

お二人の馴れ初めにについて、旦那さんが絵師として活躍中、
ふと立ち寄ったクレヨン画家の個展を見に行った。

主がひとみさんだった。

絵について二人は意気投合し、芸術方面でともに苦しみを分かち合い、
気が付いたら結婚していたと。

お二人が話題を集めたきっかけは2019年時、
ツイッターに貼られた一つの動画でした。

上記動画、当時話題となっていたのを思い出します。

ふくしひとみさんだったのか!
鹿が黙って彼女の演奏に耳を傾けている。

おもちゃのピアノだろうと音色及び弾き方がとても美しく、
アニメでも小説でもドラマでも引用したくなる世界です。

 

ふくしひとみ夫妻炎上が理不尽すぎる件

先日、戌一さんが誕生日だった。おめでとうございます

奥さまがチョコレート専門店で「好きなのかっていいよ」いい、
旦那さんが悩み、リンツの一口チョコレートを買った。

そこから旦那さんが自分の器の小ささ及び、
夫婦の会話で気づかされた何かをつぶやいた。

僕からするとそれだけなのですが、
世の中には普通のやり取りを面白くないと捉える人もいる。

一例ツイートを取り上げますと……

 

  • 家父長制強化の極み、ヘルジャパン(地獄に落ちろ、日本)
  • みみっちいくせに己への献身がなければ評価が上がらない家父長制精神がキモい。
  • 貧乏人のくせに「私、良い旦那です」アピールすんじゃねえよ
  • 妻でなく奴隷。結婚大失敗やん!
  • モラハラ(モラルハザード:倫理や道徳に反したいやがらせ)だ!

 

……ごめん、何に怒っているか正直わからない。
僕が男だからってのもあるのかもしれないけど本当に分からない。

家父長制とは家の中で父親+男が一番偉いといわれる仕組みで、
会社だと社長が一番偉く、次に副社長……へと続きます。

で、今回の旦那さんのツイートを読む限り、
旦那さんが直接奥様に「あれ買え!」命令しているなら、
家父長制だという指摘もわかります。

奥さまが「好きなもの買いな」いって、
旦那さんが自由に選び、奥様も了承している。

どこが家父長なのか?
適当すぎてヒガミでしかないだろと思うのです。

奥さまは上記ツイートを載せた。

すみません、本当はそっとしてあげたいのですが、
さすがに理不尽な叩かれ方かつ人として許せない部分もありました。

※怒りの対象はふくしひとみさんじゃないからね!

 


ふくしひとみ夫妻愛エピソードに震えた

胸糞悪い炎上被害はこのあたりで止めて、
最後にふくし夫妻の愛溢れるエピソードを調べました。

旦那さんがnoteやブログに夫婦エピソードを語っています。

旦那さんが奥様にピアノを買ってあげた。
奥さまが一気にピアノを弾いて、素晴らしい演奏を行った。

以降、奥様は絵にピアノを組み合わせて芸術創作の幅を広めた。

旦那さんは奥様に忘れた才能を思い出させる役割を担い、
この時点で「いい夫婦だな」僕は思うのです。

また旦那さんは適当に遊びながら生きていたタイプ、
一方奥さまは徹底的にのめりこむタイプ。

だからこそ旦那さんが適当で好奇心ある企画を思い浮かべ、
奥さまが不思議ながらも旦那の企画に乗ったところ、
あれよわれよと新しい才能を開かせてしまった。

旦那さんは「妻という表現者に屈した」書いていますが、
きっかけをポンポン簡単に作れる力は奥様にない。

好奇心ある企画を出せるってのも、すごい才能と僕は考えています。