袴田吉彦の演技力評価を探った結果ココに意外な魅力があった!




画像元:https://twitter.com/revenge_sweet_/

本日のダウンタウンDXに
袴田吉彦さんが出ます。

ジュノンボーイコンテストで優勝を飾り、
すぐ映画に出演。

元グラドルの女性と結婚し、
お子さんもうまれたものの……

アパホテルで年下のグラドルと不倫、
離婚、そして大変な時代がありました。

その後ダウンタウンガキ使年末SPで、
自分の不倫を自らネタとして登場し、
以降は吹っ切れて、現在に至るのです。

さて袴田吉彦さんの本業、
役者としての演技について気になりました。

演技力について調べると、
若い頃と現在ではある個所が大きく違うとのこと。

どう変わり、何に気を遣っているのか。

僕たちの仕事や生活に役立てる部分はないか?
いろいろ探ってみました。

※画像右の女性は女優の夏菜さん

 


袴田吉彦の若い頃と人柄について

画像元:https://youtu.be/qwOdaL89JyE

袴田吉彦さんはジュノンボーイコンテストに優勝し、
すぐ映画に役者としてデビューを飾りました。

僕が袴田吉彦さんを初めて意識したドラマが俺たちに気をつけろ

「とてもかっこいい人だなあ」覚えています。

※上記画像は「恋のから騒ぎ」でゲストに出たとき。
十分かっこよさが伝わるじゃないっすか。

肝心の演技については特に印象もなかった。

印象もないということは、違和感も抱かないことから、
僕の中で「普通かうまい」でしょう。

一方、アパ不倫前から袴田吉彦さんに注目していたブログによると、
彼はよく小声でしゃべる傾向があり、
そのたびにダウンタウンからいじられていた。

不倫事件からの吹っ切れがあったと、
袴田さんはハキハキ喋るようになり、

「ここまで人は変わるのか!」驚いていたのです。

 


アパ不倫とガキ使が変えた演技力

画像元:https://youtu.be/jChc62s-lFQ

袴田さんにとって、
アパ不倫とガキ使出演はその後の人生を大きく変えました。

アパ不倫がばれた後、袴田さんは謹慎生活を送った。
謹慎中、周りから写経をすすめられ、
お経を読み、ひたすら心を無にしていました

謹慎後のガキ使出演により、
袴田さんは一人でコンビニに行くことはもちろん、
大好きなサウナ、ホテルにも堂々を行けるようになった

不倫とガキ使によって、袴田さんは心の強さを得ました。
「ゲスで結構」な生き方を送れるようになったというべきか。

心の変化は演技力にも大きくつながります。
演技力だけでなく、得られる役柄にも深くかかわってくるのです。

 


第三者が語る袴田吉彦の演技力がうまい/下手

画像元:https://youtu.be/jwSjV828TYA

袴田吉彦さんの演技力について、第三者はどうとらえているか?
アンケートサイトによりますと、9割が「良い」と答えました。

「袴田吉彦の演技は下手」という意見を見ていきますと、

  • 演技でなく、不倫ネタでしか周りに使われていない。役者として、それってどうなん?

ここは「なるほど」とうなってしまいました。
演技力でなく自身のスキャンダルで仕事を得ている

注目という意味ではいいかもしれないが、
周りは演技力の高さで見ているわけではない。
そのうち、仕事がなくなるかもしれないよ……心配ですね。

一方「彼の演技が凄い」という意見は

  • 捨て身の演技が素晴らしい
  • だらしない役が格段にうまくなった
  • 味のある顔が病みつきになる

特に「あなたの番です」は袴田さん演じる久住と本人役として、
一人二役をこなし、ネタ要素満載で大盛り上がりだった。

「あなたの番です」は交換殺人をテーマにした物語で、
袴田さん演じる役は久住と袴田吉彦本人を演じました。

劇中内で久住は袴田吉彦が死ねばいいと述べた。
そしたら実際に袴田吉彦は死んでしまった。

※久住は生き残った。

ネタと現実がごっちゃになり、多くの視聴者から喜ばれたとのこと。

ちなみに「あなたの番です」は今年、劇場版として上映されます。

 


袴田吉彦が語る演技論

画像元:https://thetv.jp/news/detail/189648/

袴田吉彦さんの演技手法についていろいろ調べたところ、
michillというサイトのインタビューがありました。

袴田さんは基本、台本を良く読み込み、自分のものにしていく。
後はコツコツ積み重ねていき、少しずつ花を開かせると。

大きく目立った演技論はなく、目の前に与えられた役を一生懸命こなす。
単純を突き詰めていくやりかたですね。

「あなたの番です」で本人を演じなければならないとき、
台本を手に取って、大変驚いてしまった。

驚いた後、いったん冷静になって考えた。

もし自分がからかわれたら、どんな気持ちになるのか?

たとえ自分を演じることになっても、
一度自分を客観視して、状況を見ていく。

役者としての面白さだし、人生としても面白いですね。
自分をありのまま見るのでなく、突き放してみる、というやり方が。

後はザ・テレビジョンのインタビューで、
袴田さんが不倫をやってしまう男を演じます。

演技論として袴田さんは述べていました。

「相手役(原沙知絵)に甘えまくった」

演技なのか、実際に演技を外して甘えてるのか?
わからなくなってきますね。

 

周りがほおっておかない

画像元:https://www.oricon.co.jp/

袴田吉彦さんをネタ扱いした作品は「あなたの番です」をはじめ、
いくつかあがっているとのこと。

袴田さんの場合、周りが放っておかないタイプなんですね。

現在、袴田さんには新しい彼女がいるし、
ドラマでも次々いいわき役を得るし……

人柄としては十分にいじりやすく、傲慢でないんだな。

それでいてどんな役–たとえ自分のトラウマをえぐる作品でも–
与えられた以上は全力でやっていく。

演技技術ではありませんが、
イジられやすさこそアパ不倫があっても生き残れる理由でしょう。