現在の深津絵里が仕事を激減させてでも得た演技の境地に震えが止まらない!




画像元:https://lee.hpplus.jp/

先日のNHK朝ドラ、
カムカムエブリバディで、
深津絵里さんがトレンド入りしました。

かわいい。まさか10代の役をやるなんて……

来週から10代の深津さんを見られるとのこと。

気になったのが彼女の演技。

どういう気持ち、生い立ちがあって、
かわいさを引き出せるのか?

調べていくうちに、震えました
役は人を救うんだと。

 


深津絵里の簡単な生い立ち

画像元:https://youtu.be/WW5UHlQ_O2E

始めに深津絵里さんの簡単な生い立ちを書きます。
1973年大分県生まれの2021年時点で48歳。

86年に原宿で行われたグランプリで優勝をとり、
13歳で芸能界デビューを飾りました。

中学で芸能界に入り、芸能人の名門こと堀越高校へ入るのです。

最初は本名の深津絵里でなく、水原里絵や高原里絵など、
いくつか名義を分けて女優、アイドル、歌手活動を行っていた。

彼女を一躍有名にさせたドラマが「踊る大捜査線」、
僕も彼女を初めて知ったドラマが(上記画像)です。

といっても僕の記憶は青島の名言をはじめ、
体でぶつかって操作していく青島の姿と室井さんの葛藤、
紅一点の深津絵里さん(性格は厳しい)

懐かしいなあ……と、深津絵里さんに話を戻します。

2010年には日本アカデミー賞で主演と助演のダブル受賞をとり、
そして今年のカムカムエブリバディではヒロインの一人として、
いい仕事をなさっているのです。

 


カムカムエブリバディで魅せるかわいい深津絵里

一部では「劣化した」とささやかれている深津さん。

確かに40台を超えて、ふさわしい演技や役柄をこなしていると、
一部から「劣化した」言われても仕方ないでしょう。

人間、誰だって年を取りますもの。
だからこそ若い頃にはない魅力が出てくるのですし。

その一つが役柄上、18歳になった雉真るいを演じています。
顔のみを見たら、さすがに18では通じないなと思いますよ。

現時点で10代のるいちゃんについて上がっている動画はNHK公式ツイートのみ。

動き方、振舞い、振り向き一つからも、
40代には全く見えない「女の子」がいますね。

顔だけを見たら「きついわあ……」だけど、
言動まで見たら「ああ、もうかわいいなあ」と印象をがらりと変える。

これぞ演技の凄さだと僕は思うのです。
実力で黙らせるというべきでしょうか。

画像元:https://www.nhk.or.jp/comecome/

そうそう、ちょっと話を横道にそらします。
当初は敵役だったYOUさん演じる美都里おばさん。

最初は怖かったし時に憎いなと思ったところもあったけど、
話が進むにつれてだんだん彼女の心も変わり、
最後はきちんと和解し、息を引き取りました。

YOUさんを選んだスタッフは本当によくやった。
よくぞ彼女を選んでくれたと心から思うのです。

当初のYOUさんについてはこちらをお読みください。

 


仕事激減?空白の時代があった?

画像元:https://youtu.be/H-U3wU9DadU

深津絵里さんの経歴をいろいろ調べていた時、
90年にドラマデビューをしたのち、2011年までドラマに出ていました。

しかし12年から19年真でテレビドラマにはほとんど出ず、
映画にはちょくちょく出ている程度だけだった。

舞台も映画やテレビに比べると本数は少ないけど、お仕事はあった。

一部では「仕事激減し、干された」というのです。

色々調べたところ、自分から仕事を抑えて、
プライベートな時間を増やしているとのこと。

ドラマや映画の仕事は基本、拘束時間が長い。
するとプライベートをとれず、空虚な心となり、

「自分は何のために役者をやっているのか?」

2012年当時、深津さんは39歳。
40代に差し掛かるからこそ、今後をじっくり考えたのでしょう。

 


仕事をセーブしてたどり着いた「役者の境地」

画像元:https://twitter.com/kaiyen_ooi

セーブした時期も含め、彼女の演技論、仕事論が気になりました。

Leeのインタビューによりますと、
深津さんは自身を「未来がどうなるか全くわからない、先が見えない」
物ほど興味を惹かれるタイプと述べています。

別のインタビュー(Lmaga.jp)では、
何が起きるかわからないうえに、何かに縛られない作品――

予定調和をぶっ壊してくれる監督や演出家の作品ほど、
心から熱が出るし、なんとしてでも出たいと語っているのです。

今回、カムカムエブリバディの役をプロデューサーからのお手紙を通し、
オーディションもなく直接役をもらった。

ここで深津さんは述べています。

「物語に私という存在が必要といってくれた。
自分にも役割があるんだなと、年齢を重ねるとともに実感している」

画像元:https://twitter.com/musicapiccolino

役割について、重要な言葉があるのです。

深津さんがカムカムエブリバディに出ると分かったとき、
周りから次のメッセージをいただいた。

「放送されるまで、終わるまで絶対生きなければ」

例えば自分の夢の舞台が現実に行われる!
現実に行われるからこそ、きついことがあっても死んでられない。

何が何でも生きてやる!
生きるに対する執念を抱き、自分の心を燃やします。

それがなかったら、さらに死へ近づいていたかもしれない。

その意味で深津さんは周りの命を救ったといえるのです。

役を通して人を救う。
彼女がたどり着いた境地の一つと、僕は考えています。