谷口彰悟のイケメンを示す3つのキーワードに韓国女子完全トロ堕ち!




画像元:https://twitter.com/J_League

イケメンは国境を超えて盛り上がる――。

おとといのヤフーニュースにて、
サッカー日本代表が韓国を破り、勝利を収めました。

おめでとうございます。

日本と韓国の戦いにおいて、
韓国メディアは意外な視点で報じていたのです。

現在川崎フロンターレ所属のDF谷口彰悟選手。

韓国戦でキャプテンを務めた彼が、
プレースタイルよりもイケメンを熱く語っていた。

韓国女子は谷口選手の表情、見た目にやられ、
「あのイケメン誰?」とお祭り騒ぎになったとのこと。

日本は言うまでもありません。

僕は谷口選手をよく知りません。
彼のどこに惹かれ、イケメンさを感じたのか。

色々調べてみました。すると……

 


谷口彰悟選手の簡単な生い立ち

画像元:https://web.gekisaka.jp/news/university/detail/?113843-117748-fl

始めに谷口彰悟(しょうご)選手の生い立ちを見ていきましょう。

1991年熊本県生まれ。身長183cm体重75kg。

YELLのインタビューによりますと、
“体育”幼稚園のサッカーチームでお兄さんが試合に出て、
お兄さんの影響でサッカーを始めたとのこと。

一つのボールを追いかける、ゴールを決めるなど楽しい一方、
中学に入ると周りとの体格差が現れはじめ、
成長の遅い自分に焦りを抱いたとのこと。

年に2回完全オフがある程度の大津高校に入り、
最も厳しく最もサッカーと向き合えた生活を送りました。

大学は筑波に入ります。
この時点で彼の将来はサッカー選手でなく教師でした。

※好きな科目は地理だが、保険体育教師の免許をとったとのこと。

一方高校2年冬に川崎フロンターレの練習に参加した時、
始めて「プロとはこういう生き方か」イメージできた。

それでも迷っていた。ほかの選手はもう進路を決めている。
しかし自分は4年になっても「プロか教員か」決めかねている……。

※川崎フロンターレや清水エスパルスからオファーは来ていた。

試合を通し、彼は悟ります。

「たくさんのお客様に囲まれながら、スタジアムでプレーできる。プロでしかできない」

教師でなくプロの扉をたたいたのです。

 


谷口彰悟選手のイケメンさ:甘いマスクと高身長

画像元:https://i-voce.jp/feed/1780315/

ヤフーニュースなどによりますと、
谷口選手のイケメンさを一番示している箇所が甘いマスクです。

甘いマスクってなんでしょう?

顔が整って美しい、優しい雰囲気を兼ね備えた男性を示します。
女性から見てとろけてしまいそうな、温和な感じです。

マスクそのものに、顔を示す言葉があるとのこと。

VoCEにて非常に形の整った顔(上記画像)がありました。

頬に無駄な贅肉がなく、眉毛は太く、目は黒くきりっとしており、
ひげもあまり目立たない。

そのうえマスクをぴったり合わせるかのような、形の整った輪郭

この状態をアマイマスクというのですね。

 


イケメンさ2:高身長と厚い胸板!

甘いマスクに加えて身長の高さ(183)もイケメンさを表しています。
身長が高くて体重も75kgとくれば、モデルとしてもやっていけるのではないか。

もう一つ、僕が感じる見た目のイケメンとして「胸板の熱さ」を上げます。

すごくしっかりしている、安心感のある体格というか。

谷口選手のポジションはセンターバック(主に守備)です。
何度かはサイドバックも務めていた。

サッカー関連SNSにて面白いコメントがありました。

「実生活も安心して守ってくれそう」

守りの固いイケメンとみなされています。

以上が「見た目」でのイケメンです。
僕が重視する部分は見た目に加えて内面です。

ということで、内面を追いかけてみました。

 


イケメンさ3:己を知る癖

外見ばかりイケメンでも、内面がだらしないとどうしようもない。

そこで彼の生活やサッカー姿勢について調べてみました。

スポスルインタビューによりますと、

「とにかく自分を客観視することが大切。
自分の悪いところはもちろん、いいところも含めて、
自分が一番わかっているようで、以外とわかっていない。

自分の癖ほど把握しておかなければいけない。
練習を行う時、常に自分を客観視しながらやってきた。

それが自分と向き合うということ。
プロとは”自分で考え、何かをする”ができる人

またこうも語っています。

「どんどん悩め、プロになるイメージを保ったまま1日1分を過ごせ」

自分を客観視する姿勢を持っているからこそ、
自分のスタイル・見た目においても、常に自分を見ている

※上記動画では試合にて本来のポジションでない
サイドバックをになったとき、戸惑いながらも勝利に貢献した。
自分を客観視しているから、臨機応変に対応できる。

そして自分の「イケメン傾向」にも気を遣っていると。

プロは「自分で企画を立てて、自分で何かをする」以外にも、
エンターテイナーとして「かっこよく見られる」状態も考えています。

鏡はまさに自分を客観視できる手段の一つです。

谷口選手のセリフを借りるなら、
ただ客観視するだけでなく「自分の癖を知っている」と。

甘いマスクはなんとなく、自然とできるのでなく、
「客観視して自分の癖=強みと弱みを把握し、整えた」結果、
産まれる要素の一つだと、僕は強く考えています。

そう考えたら、イケメン(あるいは美女)である人は、
生まれつきの場合もあるけど、

「いかに自分を客観的に見ているか」の指標でもあると思うのです。