赤楚衛二の父親が世界に認められる新人類を生み出していた件

画像元:https://www.instagram.com/akasoeiji/

今週の世界仰天ニュースに俳優の赤楚衛二さんが出ます。

赤楚衛二さんといえば先日最終回を迎えた、仮面ライダービルドで万丈龍我を演じました。

万丈龍我こと赤楚衛二さんの生い立ちを調べると「父親がすごい!」と出るのです。

名称だけを見たら、確かにすごいけれど、
具体的にどの部分がすごいか、よくわかりません。

そこで調べてみました。すると、赤楚衛二さんのすごさもみえてくるのです。

 

赤楚衛二のプロフィールについて

画像元:https://www.instagram.com/akasoeiji/

父親の話へ入る前に、まずは赤楚衛二さんを見ていきます。
1994年に愛知県で生まれました。2018年で24歳
身長は178cmで血液型はBです。

10代あたりからすでにモデルとして活動し、
2015年(21歳)に映画やテレビに役者としてデビューしました。

去年、仮面ライダービルドで準主役の万丈 龍我を演じています。

 

赤楚衛二の父親はどんな人で何がすごい?

画像元:https://www.ngu-kenkyu-db.jp/V02010_choord.php?PARAM=4BE6280

赤楚さんの父親は赤楚治之さんといいます。

最終学歴はウィスコンシン大学であり、
現在は名古屋学院大学の外国語学部講師を務めている
のです。

1989年4月から務めているのですね。
生年月日は赤楚教授のページを読んでも伏せており、分かりません。

画像元:http://blog.ngu.ac.jp/kgakusyu/2015/06/no19.html

赤楚教授の研究科目は言語学の生成文法です。
(赤楚衛二さん出演のビルドは物理学)

生成文法はアメリカの研究者であるノーム・チョムスキー氏が提唱した、
「いかにして子供が文法を取得していくか?」であります。

なんとなくだけど、すごそうですね。

「具体的にどうすごいか?」といわれても、よくわかりません。

 

赤楚教授が研究する生成文法はどこがすごい?

画像元:https://www.amazon.co.jp/

そこで赤楚教授の研究分野を簡単に触れてみましょう。

生成文法のすごさは何か?

言語学と生物学という交わらない部分を、生成文法の研究という形でくっつけ、
新しい研究対象(利権も絡む)を作り出したことです。

生成文法の概念を作った人がノーム・チョムスキー博士(上記画像)です。

私らの例でいうと、
「携帯電話+デスクトップパソコン+仕事」をくっつけたら、
スマートフォンができる
ようなものです。

今では当たり前に多くの人がスマホを使っていますが、
スマホが生まれるまで、様々な研究や思考錯誤を重ね、生まれたのです。

30年前の人がスマホを見たら、震えますよ。

「未来はこんなものを当たり前に使っているのか」と。

生成文法も同じように、子供がいかに言葉を習得するか?

今までは言葉だけに焦点を絞っていたのですが、
ノーム・チョムスキーは人間が生まれる仕組み(生物学)をはじめ、
脳みその構造をきっちり分析し、強引にくっつけた結果……

言語習得に関して新しい解釈を作ったのです。

画像元:https://www.instagram.com/akasoeiji/

新しい分野が生まれると、人間とは何か?
どうやって仕組みをつかんでいるのか?

人を知り、AI(人工知能)やロボットに当てはめていくと、
新しい発明が生まれ、技術が発展していくのです。

新人類を作る偉業をやっているのですね。

未来を創るという意味でも、彼の研究はすごいのです。

他にも研究に多額の費用を費やすので、新たな利権も生まれます。

赤楚治之さんは英語だけでなく日本語文法も研究しています。

英語研究を通して日本語そのものや、
日本語を使う人々(主に日本人)の学習方法を研究しているのです。

結果、より効率的にさまざまな言語を習得し、
自分で物事を勧化、新しい概念を生み出すクリエイター作りに貢献
しています。

 

赤楚衛二の父親に関するエピソードにうなずく

画像元:https://www.instagram.com/akasoeiji/

朝日新聞に赤楚衛二さんが父親について語っておりました。
いつも書斎にこもり、学界は一緒についていったこともあると。

インスタグラムにはドイツであった学会でしょうか。
赤楚治之さんが衛二さんを撮影した光景があります。

赤楚治之さんは子育てについて、こう述べています。

「子供は思うように育たない」

赤楚治之さんは衛二さんをどの道に進ませたかったのかわかりません。
僕も母親からよく言われます。

「あんたはこっちの道に行くと思ったのに……」

親としては「子供にはこうなってほしい」と思いますが、
子供から見れば、親とは違うものを色々見て育っています。

どこの家庭も一緒なのですね。

なおこちらの家庭は両親が裕福なのか、子供はこうなりました
まさかきれいな道からげらげらお笑いの道へ行くとは……

 

赤楚衛二の母親はどんな人?

画像元:https://www.irasutoya.com/

赤楚衛二さんの母親はピアノの先生です。

赤楚衛二さんも趣味の一つにピアノと書くほど、母親の腕前と教育はすごいと考えています。

音楽は脳みその構造を形作るのに役立ちます。

音楽も表現の一つであり、言語の一つでもあるのです。
(数式や絵と同じ類の言語)

言葉を覚えるのも歌や曲を通して覚えますし、
曲を聴けば「ああ、今、こんな展開なんだ」世界観も想像できます。

アニメやドラマで「悲しいシーン」があった場合、
戦いにふさわしい曲は流れませんよね。

彼が役者を目指したきっかけも、
感性の母親と理論の父親という面白い家庭が要因と思っています。

すごい言語家庭に育ったものだ。

ちなみにこちらの家庭は子供が一人で飯を食べていけるよう、
幼いころからある奏者になったのです。こちらもよい育て方をしていますよ。

なお、赤楚さんは感性が他の人より優れているので、
彼女になりそうな人はこうでないと、赤楚さんから失格認定されると思います。

彼女に関する話はこちらをお読みください。

ABOUTこの記事をかいた人

ミーハー男Taichi

僕はサラリーマンという平凡な毎日を送ること早10年目を迎えました。 職場ってなんとも言えない独特な人間関係がありますよね。。。 当ブログでは、そんな職場などで、朝のあいさつから始まる軽い雑談や、昼休みに同僚とランチをする時などに使える『会話のネタ』を、最新トレンド情報を中心に紹介していきます。 あなたの生活に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪