若い頃の川合俊一が持つ2つの凄い伝説に震えが止まらない

画像元:https://www.instagram.com/shunichi_kawai_1/

明日のぴったんこカン・カンスペシャルに、
元バレーボール選手で現在はタレントの川合俊一さんが出ます。

川合俊一さんはタレント時代しか僕は知りません。
若い頃……バレーボール現役選手だったころ、どれだけすごかったのか?

興味を抱いたので調べてみました。

まさかこっちの方面でも伝説を残していたとは……びっくりですよ。

 

川合俊一とバレーボールの出会い

画像元:https://www.instagram.com/shunichi_kawai_1/

まずは川合俊一さんとバレーボールの出会いについて述べます。

バレーボールに出会ったきっかけはお父さんです。
当時から身長が高かった川合俊一さん。

現在の身長は195cm(股下104cm) 体重100kg
靴のサイズは28.5cm(佐藤二朗さんより小さい)

身長をうまく生かしたスポーツとして当初、バスケを求めていました。
川合さんが入った学校はバレーが強く魅力もあった。
だからバレーボール部に入ったとのこと。

明大中野高校を卒業し、日本体育大学に入り卒業後、富士フイルムに入社します。
1990年に富士フィルムを退社し同時にバレーボールからも引退します。

バレーを引退後、ビーチバレーの選手として世界各地を回り、
2007年に日本ビーチバレー連盟会長、
15年にトヨタ自動車ビーチバレーボール部GMを就任しました。

中学生からバレーをはじめ27歳で引退します。
ちなみに現在の川合さんはこちら。

ビジネスマンとしてもすごい才能を発揮していたのですよ。

 

川合俊一伝説1:ミスターブロックマン

画像元:https://www.youtube.com/watch?v=8zkqLPbyaLo

川合俊一さんの若い頃(現役時代)の動画を探していたら、
身長の高さをいかしたブロックを行っていました。

身長が高いとブロックにおいて有利に働きます。

相手方のスパイクをきっちり相手に跳ね返すだけでなく、
レシーバーが取れない位置に落とす

※ブロックとは相手の攻撃を跳ね返したり、
攻撃を和らげたりしてチャンスをつかむ守備法

スパイクは鋭い攻撃で相手のコート内に落とす行為。
レシーバーは鋭いスパイクを拾う守備者。

川合さんのブロックを見ますとジャンプ力だけでなく、
すぐに地面へ着地せず、2秒ほど浮いているのです。

現役時代、川合俊一さんはミスターブロックマンとも呼ばれています。

ロサンゼルス五輪の切符を手に入れるための大会では、
日本が負けているところに川合さんが出場し、
相手の攻撃を次々ブロックし、逆転勝利をもぎ取りました。

画像元:https://www.youtube.com/watch?v=4B3vuBtWTEY

もちろんブロックだけではありません。

時間差攻撃によるブロッカーの隙をついた攻撃や、
斜めに飛んで相手のブロックを堂々とかわす流れ攻撃
を行い、
アタッカーとしても勝利に貢献したのです。

現役時代は日本のバレーボールを背負うビック3と話題を集めました。

※ほかは熊田康則選手、井上謙選手。

現在川合俊一さんは特別コーチも務めております。
彼の教え方はとても厳しく、泣いて引きこもる選手もいるとのこと。

選手としての伝説がまず一つ。

 

川合俊一伝説2:モテすぎて女の子たちが争う事態に

画像元:https://www.instagram.com/shunichi_kawai_1/

川合俊一さんの若い頃に関する情報を調べていると、
ある番組に川合さんが出たとき、川合さんは礼儀正しくない人と分かりました。

現役時代、富士フィルムには門限があり川合さんは基本、守らない。
門限を破って朝帰りをするものの、練習は誰よりもまじめにやる。

やんちゃなところがありました。

だから川合さんは女の子からもモテモテな生活を送っていたと、
2017年のスッキリに出演した際、述べていました。

モテるといってもどれくらいすごかったのかなあ……
調べたらとんでもなさ過ぎて、笑ってしまったのです。

川合さんは中学校時代からラブレターをもらうほどモテており、
ラブレター一つで血みどろの争いもありました。

川合さんにラブレターを届けたい女の子たちと、
届けさせないようにバリケートをはってラブレター攻防戦が起きていたのです。

漫画の世界かよ、冗談ですよねと突っ込みたくなります。

画像元:https://www.instagram.com/shunichi_kawai_1/

女の子たちの激しい争いを危惧し、高校は男子校(明大中野高校)に入ったとのこと。

高校はもちろん大学時代もモテすぎてしまうばかりか、
周りの女の子たちが「川合は私のもの!」と火花を散らしていたので、
川合さんは弱気になって神様に祈りました。

「モテなくなりますように」

モテない男からするとうらやましい言葉ですね。

現役選手になると、バレンタインデーイベントは4トントラックに、
チョコレートが彼宛に届くなど、想像できない世界がありました。

僕が知っている川合俊一はタレント時代のみであり、
現役時代の川合さんはあまり知りません。

画像元:https://www.instagram.com/shunichi_kawai_1/

凄いですね……。
バレーボール選手でも伝説を残していますが、
女性関係でもかなり伝説を残しております。

それも本人がナンパをするのでなく、
女性の恋愛本能を刺激するフェロモンを川合さんが出していた

それで女の子同士が罵倒と血みどろの争いを繰り広げるなんて、
ああ、うらやましいうらやましい(笑)

ちなみに川合俊一さんは女の子だけでなく、男の人からも好まれていました。
もちろん性的な意味を含んでおります。

女にモテる男は同性からもモテる。

同性からモテる男こそ魅力あふれた人であり、本当にかっこよかったのだなあと思いました。

 

関連記事:川合俊一の嫁(画像あり)と子供を調べた結果まさかの心配事にびっくり!

関連記事:現在の川合俊一がまさかコンナ世界にトスとアタックをかましていたとは!

ABOUTこの記事をかいた人

ミーハー男Taichi

僕はサラリーマンという平凡な毎日を送ること早10年目を迎えました。 職場ってなんとも言えない独特な人間関係がありますよね。。。 当ブログでは、そんな職場などで、朝のあいさつから始まる軽い雑談や、昼休みに同僚とランチをする時などに使える『会話のネタ』を、最新トレンド情報を中心に紹介していきます。 あなたの生活に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪