矢野兵動の矢野勝也は”いらない”のでなく絶対にいたほうがいい!

画像元:https://twitter.com/paisen_yano

あさって土曜日の番組、
人志松本のすべらない話に
お笑い芸人矢野兵動の兵動大樹さんが出ます。

矢野兵動さんの相方である矢野勝也さんは出ません。

矢野勝也さんについて調べたところ、

「いらない」という単語があり、
失礼ながら気になってしまいました。

確かに兵動さんの一人トークを見ておりますと、
ピンでも十分にやっていけますね。

そこで矢野さんを調べたところ、

「あ、これは絶対にいたほうがいいわ」

思ってしまいました。

 

矢野勝也(かつや)の簡単な生い立ち

画像元:https://www.daily.co.jp

初めに矢野さんの簡単な生い立ちを見ていきます。

1970年8月生まれで2020年現在は49歳
兵庫県尼崎市出身で血液型はAB

ツッコミを担当しており、

趣味の一環にボディビルがあり、
2014年の尼崎ボディビル大会に出場した際、
新人及びシニア部門でいきなり優勝しました。

ボディビルも元々お子さんの友達の父親による誘いから、
尼崎市の市民体育館で鍛えたところ……優勝できたとのこと。

私立尼崎高校を出た後はどこかで仕事をし、
途中からよしもとに入り、兵動さんと出会います。

矢野兵動として空白の時代は歌唱が好きなので
ボイストレーニングにも励んだ結果……

現在の明るくハキハキ、人によってウザいと感じる、
声だけで笑いのとれるボイスを得ることができたのです。

画像元:https://twitter.com/paisen_yano

現在は関西圏でお仕事をなさっている一方、
NHKの連ドラスカーレットにも役者として出演するなど、
お笑い芸人以外の幅も広げております。

さらに矢野さんは劇団を立ち上げており、自身が脚本や演出を行っています

ダンスや歌に演劇といろいろ交えた物語を作っているのです。

 

矢野勝也の嫁における驚愕エピソード

画像元:https://twitter.com/kantele

矢野さんは2011年に結婚し3人のお子さんを育てています
なお結婚は遠距離恋愛で6年も時間を費やしたとのこと。

読売テレビのバラエティ番組によりますと、
矢野さんの奥さまが顔を隠して出演した際、
結婚式3日前に矢野さんが浮気をしていた
と述べました。

奥さまの目の前で矢野さんが誰かと電話をしており、
浮気の現場を押さえて怒っても、

「俺がそういう人と分かって結婚したんやろ」

開き直り、番組出演者から注意を受けていたのです。
現在は奥様に携帯電話を管理されているとのこと。

3人中2人のお子さんは奥さまが結婚する前の子供であり、
矢野さんとの正式な子供は一人のみ。

奥さま強いわあ。

 

パイセンの語源がまさか矢野さんだったなんて

画像元:https://www.youtube.com/watch?v=fQwHLXmYDDU

矢野さんを調べていると「パイセン」という言葉が出ました。
先輩を反対に読んだ言葉ですね。

パイセンという言葉の語源がなんと、矢野さんにあったのです。

矢野さんが自身の感性を頼りに「パイセン」という言葉を使い
いつの間にか広まっていきました。

矢野さんの使い方を見ていきますと、先輩芸人に親しみを込めているだけでなく、
先輩センキューといったありがとうの意味も含んでいます。

先輩は芸人としての先輩もあれば、人生としての先輩も上げられまるのです。

後はファンから「パイセン」と呼ばれており、
ファンに対する感謝の気持ちとして使っております。

パイセンという単語は元AKB板野友美さんの冠番組に使用されたほか、
一部で使っている人も結構いるのです。

先輩はしっかりとした定義がある一方、パイセンは年上及び使用範囲が広い印象を抱きます

親しみある先輩は「パイセン」で、怖い先輩は「先輩」と使い分けて使うのがいいかも。

 

矢野さんはいらない?

画像元:https://www.youtube.com/watch?v=ByagdatV86E

今回人志松本のすべらない話には兵動さんのみがでます。
兵動さんはコンビだと主にボケ担当であり、
フリートークのみでピンとして出演しているのです。

ピンでやっていけられるなら相方はいらないのでは?

思ってしまいますね。
矢野兵動に限らず相方のみいろんな仕事を持っていると、

「相方と解散してもやっていけるのでは?」

※矢野さんもピン芸人としてお笑い番組に出ている

思ってしまう場合があるのですが……思いません。

相方がいるからこそできる芸がある。

ピンでも十分にやっていけられるけれど、相方がいなければできない芸だってあります。

例えば漫才……ちょっとびっくりしたのです。

 

兵動矢野の漫才を見て驚いたワケ

画像元:https://www.youtube.com/watch?v=ByagdatV86E

基本、立ち位置は兵動さんがボケで矢野さんがツッコミですが、
漫才を聞いておりますと……

「あれ、矢野さんがボケじゃないの?」

兵動さんは一人しゃべりの延長戦であり、
淡々と静かに語りつつ、ウケるところで大げさになります。

一方矢野さんは最初から最後までテンションが高く
兵動さんがボケに対するツッコミはもちろん、
前振りをしているところですらテンションが高い

「いつの間にかツッコミの矢野さんがボケている」

ツッコミ役の矢野さんが時折ボケに回って、
兵動さんと一緒にツッコミ不在のボケ漫才をしているのです。

あまりにもテンションが高いときは兵動さんが突っ込むほど。

ボケ+ツッコミというよりボケ+ボケ×ツッコミという一人二役漫才です。

僕の勝手な見方として兵動さんはおとなしく静かな人に対し、
矢野さんは積極的でうるさく性格が正反対です。

正反対だからこそお互い足りないものを補っている。

兵動さんがあまりはしゃがないからこそ、
常にはしゃぐ矢野さんの明るさが重要と考えています。

お互いピンでも活動しているので、
どちらかが大活躍をすれば「相方はいらない」と考えるのも当たり前です。

しかしいたほうが芸の幅も広がり、一人では出せない芸を披露できると考えています。

なお漫才の中で兵動さんの奥さまがネタに出たとき、
二人そろってツッコミ(兵動さんは話を広げる人役)になっていたのは笑えました。

詳しくはこちら。

 

関連記事:兵動大樹の嫁の写真を調べた結果奥様の天然”珍プレー”に大爆笑!

関連記事:兵動大樹が面白い理由は誰もやらない細かすぎる配慮にあった!

関連記事:兵動大樹の生い立ちから現在までの怒涛すぎる展開に震えが止まらない!

ABOUTこの記事をかいた人

ミーハー男Taichi

僕はサラリーマンという平凡な毎日を送ること早10年目を迎えました。 職場ってなんとも言えない独特な人間関係がありますよね。。。 当ブログでは、そんな職場などで、朝のあいさつから始まる軽い雑談や、昼休みに同僚とランチをする時などに使える『会話のネタ』を、最新トレンド情報を中心に紹介していきます。 あなたの生活に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪