牛窪恵の夫との馴れ初めを語るうえで絶対に外せない戦慄の大事件

画像元:https://www.instagram.com/meg_ushikubo/

明日のホンマでっかTVなどに、
マーケッターでタレントで評論家の
牛窪恵さんが出演します。

牛窪さんは大検を通して日本大学に入った後、
フリーライターからマーケティングの会社を営みつつ、
作家やタレントとしてのお仕事もなさっています。

20代のころに職場の同僚だった人から、
ストーキング被害を受けて、
体重を15キロも落としてしまったとのこと。

その時、現在の夫が大切な役割を果たし、

「男はこう生きるのが一番いいな」

僕も男として心から思いました。
同時になれそめを知った結果、

「この夫婦あの事件で変わったのか!」

ただただびっくりしましたね。

 

牛窪恵を支えた旦那様との"出会い"に仰天

画像元:https://dot.asahi.com/

アエラのインタビューに牛窪夫妻の写真が載っていました。
アエラによりますと旦那様の名前は佐々木淳さん。

1967年大阪生まれで恵さんより1つ上です。
京都教育大学を卒業した後、IT企業に働きます。

本当は教育者になりたかったのですが、教育委員会の横暴な態度に腹を立て

「こんな奴のもとで働きたくない!」

教師の道をあきらめSEに向かったとのこと。
現在は外資系企業でシステムエンジニアとして活躍中。

画像元:https://www.travel.co.jp/guide/matome/834/

アエラによりますと牛窪夫妻の初めての出会いは、
1991年サイパンのリゾートホテルでした。

この時二人はまだ大学生であり知り合いでもなかった。
たまたま日本人の学生同士が同じ場所を旅行していた。

プールのあるビーチで恵さんが椅子に座っていた時、
突風が吹いてい素事恵さんはプールに落ちてしまいました、

水泳部だった淳さんが速攻で助けにきた。

その時はただ自分を助けてくれた恩人であり、
連絡先を交換した程度で終わったのですが……

この時点で思います。偶然ってすごい

もしかすると僕も偶然人助けをした際、
恋の芽生えとなる出会いがあったのかもしれません。

 

納得できる結婚ドタキャン騒動

画像元:https://www.irasutoya.com/

アエラの別のインタビューによりますと、
淳さんがぽろっと恵さんの過去を漏らしていました。

当時恵さんには結婚をする予定の男性がいた。
しかしドタキャンしてお流れになったのです。

恵さんは振り返っています。

あの頃は周りがみんな寿退社しており、自分だけが独身のままで大いに焦った

だから男と付き合って結婚しようとしたのですが……お天道様は判断していた

結婚前に招待状を発送するとき、
当時の彼氏が恵さんに黙って会社を辞めていたこと。

恵さんのお墓に当時の彼氏と一緒に参る際、
その場で彼氏だった男性が腹痛を起こし倒れてしまったこと。

結果、牛窪さんは「結婚しないほうがいい」と判断したのです。

こういうのって昔ばなしによくある話だけど、現実に起きると思っちゃいますね。

世の中には見えない存在がいると。

 

牛窪夫妻の馴れ初めを語るうえで大切なあの事件

画像元:https://www.kobe-np.co.jp/rentoku/sinsai/

馴れ初めは……1995年に起きた阪神淡路大震災及び地下鉄サリン事件でした。

二つの事件を通して恵さんの安否を気遣った淳さんが、
速攻で恵さんに電話をかけた結果、
牛窪さんは旦那を初めて男としてみるようになったのです。

阪神淡路大震災についてはこちらをお読みください。
この女性も大震災によって人生に大きな影響を受けました。

一つの災害とテロ事件が起きた際、
淳さんは心配して恵さんにすぐ電話をかけたとのこと。

相手を気遣う行為が異性の心を射止めます

もちろん牛窪さんがストーカー被害にあわれたときも、
淳さんは心身ともに支えたとのこと。

被害を受けて心に大きな傷がついているとき、淳さんは恵さんに言いました。

「君は仕事を続けるべきだ。君の才能は、僕が一生かけて証明してみせる!」

引用元:https://dot.asahi.com/wa/2018011900015.html

僕が女性でも相手を信頼するセリフです。

何より自由奔放に生きていた恵さんにとって、
自由に生きていいんだよと許しを与える発言にグッときます

淳さんの支えがあって無事二人は無事結婚しました。
前の彼氏ではだめだったお墓参りの試練も乗り越えたのですね。

お二人にお子さんはいらっしゃいません

結婚する前に牛窪さんが味わった被害事件はこちらをお読みください。

 

地下鉄サリン事件について振り返る

画像元:https://president.jp/articles/-/29911

阪神淡路大震災と同じく95年は大きな事件、地下鉄サリン事件が起きました。

牛窪夫妻にとって結婚を語るうえで大切であり、
僕にとって「日本でもテロは普通におきる」事実を感じた事件でもあります。

※最近だと京都アニメーションスタジオを放火した事件。
京アニ放火事件もテロの一種だと思っています。

東京丸ノ内線、日比谷線、千代田線の地下鉄車両内で、
化学兵器サリン(最近ではシリアにばらまかれたとの見方も)を、
オウム真理教の幹部が散布し、多くの死傷者を出した事件
です。

世界中でも戦争以外による、化学兵器を用いた初のテロ事件であり、
当時の宗教団体であるオウム真理教が犯行を行いました。

事件からすでに25年の月日がたっていますが、
当時の衝撃が大きかったので今でも地下鉄の状況が浮かびあがるのです。

淳さんがこの事件を通してすぐ恵さんに電話をかけたところを見ますと、
当時恵さんはこの時間帯に通勤し、地下鉄を利用していたことがわかります。

それにしても阪神淡路大ン震災及び地下鉄サリン事件が、
牛窪夫妻の生き方に大きな影響を与えていた
とは。

ただただびっくりです。

 

関連記事:牛窪恵の味わった性被害体験が二つの意味で非常に恐ろしい件!

関連記事:牛窪恵のホンマでっかTVでの”ある仰天発言”がとても酷いのだが

ABOUTこの記事をかいた人

ミーハー男Taichi

僕はサラリーマンという平凡な毎日を送ること早10年目を迎えました。 職場ってなんとも言えない独特な人間関係がありますよね。。。 当ブログでは、そんな職場などで、朝のあいさつから始まる軽い雑談や、昼休みに同僚とランチをする時などに使える『会話のネタ』を、最新トレンド情報を中心に紹介していきます。 あなたの生活に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪