島太星のおバカすぎる天然ボケ連発に一流芸人ほど心から惹かれるワケ




画像元:https://www.instagram.com/shimazaki0129/

今週木曜日のダウンタウンDXに
なんと北海道のアイドル、
NORDメンバーの一人、島太星君が出ます。

僕が島太星君を初めて知った番組はSTVラジオ
ぽっぷんろーるにズキューンです。

高校生向けの番組を担当しており、
なかなかいい青年だなあ。と思っていたら……

なんとダウンタウンDXに
出るまで有名になっていたとは!

彼についていろいろ調べると、
僕にとってはあまり良い言葉が
出ていなくてびっくり。

特におバカすぎる言動で調べたら……

まさかこうなるとは。

 


島太星の簡単な生い立ち

島太星

画像元:https://news.yahoo.co.jp/

初めに島太星君の簡単な生い立ちを見ていきます。

1998年北海道出身の2021年で23歳

深川西高校在学中に北海道男子限定オーディション、
アオタガイ学園という番組で優秀賞を取り、芸能界に入りました。

翌年優秀賞を取ったメンバーでNORDを結成。
NORDはフランス語で北を示します。

NORD結成から翌年、島君だけはSTVラジオの高校生向け番組を担うのです。
当時在籍していた若手女子アナと一緒に司会を担当していました。

※当時の女子アナ、結婚と同時に退職は悲しかった。

僕が彼を知ったのもラジオ番組でした。
たまたまいろいろな局のラジオ番組を聞いていた時のこと。

※今はラジコという全国のラジオを気軽に聞けるサービスがあります!

すでに社会人だった僕が高校生向け番組を聞いた結果、
高校生が何にはまり、どういう悩みをもっているか。

昔を思い出すような感じで面白かった。
しかも生放送だったので、最終回が来たときは嫌な気持ちになったのです。

当時の島君がまさか「天然かつおばかキャラ」とみなされるなんて
このころはちっとも思っていませんでしたよ。

ちょっと変だなって感じるところはあっても……。

 

島太星の歌のうまさは異常!

島君をさらに有名にさせた番組が日テレ系、歌唱王というカラオケ企画です。

島君が歌ったとき、司会者の南原清隆さんはべた褒めした。

くわえて南原さんと話をした時、天然ボケっぷりで視聴者及び、
南原さんらの笑いを誘い、全国区で有名となったのです。

ヒルナンデスでレギュラーとして一時期在籍し、北海道を代表する芸能人の一人になったのです。

北海道を有名にした俳優、大泉洋さんは彼をこう評価しています。

「あがり症で年上の前ではろくに話もできない。大丈夫か……でも強い子」

 


芸人をビビらせる島太星のボケっぷり

島太星

画像元:https://youtu.be/iu8TtvE6ftc

ヒルナンデスのある企画で南海キャンディーズ、
山里亮太さんと二人で服を選んでおりました。

島君はアイドルNORDとして活動する一方、パン屋でアルバイトをしており、

山里「二足の草鞋を履いているんだね」

述べたところ、

島「靴を履いてます」

もちろん山里さんは「そういうことじゃなくて」と、
ちょっと困った感じで突っ込んでいました。

ちなみに二足の草鞋を履くとは、
両立しない二つの職業を同時にこなすことであり、山里さんはことわざとして述べた。

島君はことわざとわからず、文字通りの意味で受け取った。

まさかのボケに山里さんも激しいツッコミを入れられず、
冷静に突っ込んでいたのが笑えました。

島太星

画像元:https://youtu.be/iu8TtvE6ftc

上記画像では南原さんが「君、パン屋でバイトしてるの?」
聞かれたとき、島君は「パンです」と答え、

南原「ニュースターが現れた」喜んでいました。

他にも南原さんが「北海道のいいとこ教えて?」
尋ねたとき、島君は「すごい快晴です!」答え、ばいきんぐの小峠さんは一言。

「絡みたくないわあ……」

島太星

画像元:https://twitter.com/Power69213001

さらにはクイズ番組でドラゴンボールの作者は誰かと聞かれたとき、
藤子不二雄とゆでたまご先生は知っているのに、鳥山明先生は知らないという。

くわえてくっつけたというセンスに脱帽です。
本気なのか、狙ってやっているのか……お、恐ろしい子

エキサイトニュースによりますと、島君の天然ボケっぷりがあまりにもぶっ飛びすぎて

「あまり面白くない」
「ただのあほやろ」

視聴者に不快感を抱かれていたとのこと。

島太星

画像元:https://youtu.be/pLtAAeW8Wfo

さらに別のクイズ番組に出演したとき、
島君はおかしな答えを出しまくって、みちょぱが激怒

視聴者も「みちょぱの怒り、大変わかる」と書いており、
記事だけを読むと、島君に思わず心配をかけてしまいますね。

さらにさらに、食レポでは肉の断面を「断層」と答え、
ジンギスカン丼を食べたときは「ラム肉が生々しい」答えた。

ここまで言葉の使い方を間違えると、
よくSTVラジオでレギュラー番組を取れたなあと感心するのです。

※今もレギュラーを持っている。

ちなみに大泉さんにあてた手紙も笑えました。

 

なぜ島君は周りから愛されるのか?

島太星

画像元:https://youtu.be/W41geyGtp2I

島君に関するブログ記事やツイッターをいろいろ読んでいると、
天然ボケっぷりも含めて、かわいく扱われているのです。

ヤフーニュースで島君にインタビューした記者も述べています。

島君はあまりにも天然だけど、すごく純粋な青年だ。

純粋だからこそ、目の前にあるものすべてを吸収し、
笑いや場を盛り上げる力に変えるし、チャンスを引き寄せる力を持っている

島君は計算しないぼけ役です。
島君が計算しないボケをいきなり行い、その場の対応に追われるから<
小峠さんもあまり絡みたくないのでしょう。

それでも小峠さんは島君に優しく接しています。

漫才もコントもボケだけでは笑いになりません。
ツッコミがいて初めて笑いへつながるのです。

島君のボケに周りが計算してツッコミをいれ、即興で漫才を作るのです。

島君が愛される理由として、芸人はもちろんアイドルや女優ですら、
島君を相方にもった芸人にならざるを得ない
からでしょう。

島君自身はラジオで述べていました。

僕は全くオーラがない、だから見つけたら声をかけてくれると嬉しい。

僕は声をかけたくなるなあ。

 

関連記事:島太星が大泉洋を越えた瞬間!!癖のありすぎるメールに大爆笑