天才高橋留美子の米ハーベイ賞殿堂入りに嫌な予感を抱く理由




画像元:https://twitter.com/hanyo_yashahime

昨日、高橋留美子先生原作、
うる星やつらがアニメ放送40周年ということで、
たくさんのツイッターでお祝いコメントがありました。

そしたら今日、なんと高橋留美子先生が
アメリカのマンガ大賞である「ハーベイ賞」に
殿堂入りしたという報道が!

昨日と今日、それぞれ違う話題で
高橋留美子先生のテーマが上がるとは!

最近、高橋留美子先生は注目されてますよね。

だからちょっと嫌な予感もあるのです。

 


高橋留美子の簡単な生い立ち

画像元:https://youtu.be/Nk35KMHPfws

始めに高橋留美子先生の簡単な生い立ちを書きます。
1957年新潟県生まれ。2021年時点で64歳です。

お父さんは医者であり俳人であり水墨家でもあるとのこと。

幼い頃からお兄さんが読んでいた漫画「少年サンデー」を読んでいた。
中学生になると友達(同じ漫画家の近藤ようこさん)とサークルを設立。

週刊少年マガジンに原稿を持ち込んだものの落選しました。
ここで漫画家の夢をあきらめようかと思ったとのこと。

大学になると上京し、劇画村塾に入って、
大学在学中にデビュー作を書き上げ、
卒業後「うる星やつら」を書いたのです。

画像元:https://twitter.com/rumicworld1010/

その後はめぞん一刻や犬夜叉、らんま1/2、人魚シリーズ、境界のりんね
そして現在サンデーでMAO(上記画像)を連載しております。

同時に日テレ系では犬夜叉の続編、
半妖の夜叉姫を放送しているのです(漫画未掲載)。

今年になって公式ツイッターアカウントを設置し、
大きな話題を集めているのです。

僕が高橋留美子先生を初めて知ったのが、
漫画でなく学研の図鑑シリーズでした。

最近だと学研で戦隊シリーズ、キン肉マンの超人シリーズを出しており、
昔子供だった人たちが購入していますよね。

※ウルトラマンかガンダムが出たら、買おうか考える

漫画の項目があり、高橋留美子先生が顔つきで乗っていたのです。
眼鏡をかけて、水玉模様のワンピースを着ており、

「どこにでもいるおばさんだなあ」と子供の僕は思いました。

タレントと違って基本、裏方ですもの。

 


高橋留美子先生の1日の生活が怖すぎる

ツイッターで高橋留美子先生が1日の生活を述べていました。

朝はペン入れ(下書き)を行い、
昼から夕方まではフリータイム(+勉強)
夜はひたすら仕事、翌朝に仮眠をとってまた仕事。

もう一つが高橋留美子先生の編集者ツイートから、
3時間ほど打ち合わせをした後、

ネーム作業(絵コンテのような作業、
下書きかつ物語の軸であり、色々なやり方がある)に最も時間をかける。

ネームが終われば、後はひたすらペン入れ、トーン、セリフ、
そして微調整を行って完成すると。

先日なくなったさいとうたかをさんをはじめ、
多くの漫画家を見ててすごいなあと思うのは、

ハードスケジュールにもかかわらず、
よく今でも徹夜できるわ、6日で漫画を描き上げるわ、
何より余裕を作っているわ……

今の僕がやれと言われたら、数日でダウンしちゃいますね。
だからある日突然死!となっても不思議じゃないのです。

さいとう先生もすぎやまこういち先生も、
僕らにとっては突然おなくなりになった印象が強い。

今回、高橋先生は米ハーベイ賞をとりました。
いいことが次々起きると、だんだん死に近づきつつあるのでは?

それも突然死といった意味で。

漫画の展開で考えてしまうと、とてもうれしいしお祝いする反面、
嫌な死亡フラグにも思えてしまうんですよね。

 


米ハーベイ賞はどれだけ権威あるの?

画像元:https://books.rakuten.co.jp/

米ハーベイ賞について、僕は初めて聞きました。
米国のマンガ大賞に興味ないからでしょう。

作家・芸術家である ハーヴェイ・カーツマン(1973没)さんの名を冠した
米国の漫画大賞であり、日本作品も海外部門で入っています。

チェンソーマンの作者藤本タツキ先生いわく、
もっとも偉大な受賞でうれしすぎるとのこと。

日本の作品も進撃の巨人、ヒロアカ、AKIRAなどが入っています。

※チェンソーマン(上記画像)、よく少年ジャンプで載せたよ。

今回、手塚治虫先生に続いて高橋先生が殿堂入りとなった。
受賞できた理由についてはわかっておりませんが、とにかくおめでとうございます。

高橋留美子先生、去年は紫綬褒章(日本の学術、芸術、技術開発等の功労者をたたえる)をとり、
すごい勢いで受賞していますね。

 


高橋留美子の編集者が語る仕事論

画像元:http://www.miyakomainichi.com/

最後に高橋留美子先生を良く知る編集者のインタビューが、
文春オンラインに乗っていたので紹介します。

担当編集者によりますと、高橋留美子先生はアドリブが強いとのこと。

先生はまずキャラと舞台設定を決めてしまう。
後は誰がどうなるかは描いていくうちに決まっていくと。

※その場その場で決めていく様をアドリブといいます。

一方、今回のMAOはダークミステリー要素が強いため、
きちんとストーリーラインを立ててやっていると。

もう一つが永遠の“中2病”。
自身が中高生のころ、よく漫画を読んでいた。
主に彼らが楽しめる作品を描いていきたいと。

次にふっと気になったものから妄想を浮かべることです。

編集者の例として、宮古島へ旅行した時、焼却炉があった。
多くの人は「ただの焼却炉」と捉えた。

高橋留美子先生は「焼却炉」から次々物語を浮かべていった。
誰が、いつ、どんな目的で、どんな結末があったのかなど。

そして物語を作る際は「面白い嘘を描く」のがポイントとのこと。
ただの嘘ではいけないし、面白くなければ人もついてきません。

後は大量のインプット。言うまでもありません。

いやあ、色々勉強になりますね。
受賞、おめでとうございます。

でも体調にはお気を付けください。