野茂英雄と鈴木啓示の確執を調べ震えた”大人”の怖さ

画像元:http://column.sp.baseball.findfriends.jp/

昨日、ヤフーニュースに野茂英雄さんに関する記事がありました。

野茂英雄元選手とお金の問題でもめた、野茂さんと同期の佐野慈紀元選手。

現在は飲食コンサルタント会社社長の秘書みたいな仕事をしています。
ほかにも芸能事務所に在籍し、地方営業の仕事を持っているのです。

野茂さんと金銭にかかわる裁判が起きた結果、
佐野さんの知り合いが仕事を紹介した
とのこと。

野茂英雄さんと佐野慈紀さんの裁判を調べていると、
野茂さんに確執のある人が浮かんできました。

元近鉄の鈴木啓示監督です。二人の確執は本当、怖い。

 

鈴木啓示の簡単な生い立ち

画像元:http://meikyu-kai.org/member/pitcher/keishi_suzuki.html

まずは鈴木啓示元選手兼監督について、簡単に生い立ちを述べます。

鈴木啓示さんは1947年兵庫県生まれ(第二次大戦終結から2年後)、
元は右でボールを投げていたのですが、けがをして左に転向。

兵庫県育英高を出たのち、春の甲子園には出場しました。
ポジションはピッチャー

1965(当時18歳)にドラフト2位で近鉄バッファローズに入団。
※近鉄バッファローズは現在、ありません。

入団して二けた勝利をおさめ、近鉄に欠かせない存在となりました。
通算317勝で歴代4位。彼以降、300勝上げる勝利投手はいないとのこと。

輝かしい実績が監督で災いとなって表れるとは……

1985年(当時38歳)にけがが元で引退を表明したのです。
93年から95年まで近鉄の監督を務めました。

なお野茂英雄元投手は1968年生まれと鈴木元選手とは21歳も差があります。

鈴木さんが高校卒業後にプロ野球へ飛び込んだのに対し、
野茂さんはいったん社会人野球を経て近鉄に入団したのです。

 

野茂英雄と近鉄の対立

画像元:https://headlines.yahoo.co.jp/

野茂英雄さんは1990年に近鉄の選手として、で初めて試合を経験しました。
94年のある時期まで好成績を収めておりましたが……

右肩を痛めたうえ、ある選手の逆転ホームラン敗北を境に、
調子の悪い日々が続いて途中離脱したのです。

同時に野茂さんは代理人交渉を希望したのですが、
球団は拒否したうえ、野茂さんを嫌うようになります。

代理人交渉制度を受けるメリットとして、
球団との交渉が苦手な選手にとって、少しでも有利になる契約ができるところ。

デメリットとして球団側の心象が下がり、野茂さんのように球団から嫌われるところ。

球団は「野茂はもっと年俸を出せ」と受け取ったのですが、野茂さんは否定しました。

結果、近鉄は野茂さんを任意引退扱いにしたのです。

任意引退扱いを行うことで、
日本で野球をやるなら近鉄以外、どこもできませんよ。
嫌なら引退して結構ですという、一種のいやがらせです。

 

野茂英雄が鈴木啓示に苛立ったわけ

画像元:https://www.suruga-ya.jp/product/detail/G3139488

もう一つが本題の、鈴木啓示監督との確執です。

野茂さんは近鉄に入る条件として、
「自分の投球フォームを変えたくない」

以前の監督は野茂さんを信頼しておりましたが、
鈴木監督は自身が優秀なピッチャーだった事実が災いし、
野茂さんにあれこれ投球フォームを変えさせます。

野茂さんの血液型はB、鈴木さんはOです。
血液型を見ると「譲れないこだわり」を持っております。

※鈴木監督の前にやっていた仰木彬さんはA

鈴木監督の指導法は野茂さんから見て、
科学に基づいたやり方でなく根性論でした。

「それをやるメリット」を野茂さんは納得できなかった。

野茂さんは「鈴木監督の下では活躍できない」と見切りをつけ、
日本球団による嫌がらせもあって、メジャーリーグに挑みます。

これぞ大人(個人を含む会社ぐるみ)の怖さですね。

なお佐野慈紀さんは91年から99年まで近鉄バッファローズにおりました
ポジションも投手であり、当時の野茂さんに何を抱いていたのでしょう?

 

「昭和の男」鈴木啓示の特徴

画像元:https://headlines.yahoo.co.jp/

9月7日のヤフーニュースにて鈴木元監督の記事が上がっておりました。

昭和の野球に生きた男の象徴として挙がっており、
鈴木さんが監督である前に選手として在籍していた近鉄バッファローズ。

近鉄はパリーグではほぼ負けている状態であり、
鈴木さんは先輩選手型に苛立っていたとのこと。

最初は寮に住んでいたのですが、敵地阪神の選手がたくさんいるマンションに引っ越し、
先輩たちから嫌われる存在になりました。

だけど鈴木さんにとっては身内に敵を作ること自体が狙いであり、
きちんと投手としての成績を出したのです。

その後体力の衰えややる気の低下などを理由に引退し、
後に野茂さんとピッチャーの在り方で対立、彼はメジャーへいったのです。

ヤフーに会った記事を読む限り、鈴木さんは強いこだわりを持っていた。
周りから見るとおかしな人だったけど、鈴木さんは揺るがない信念を持っていた。

ただ、揺るがなさ過ぎて折れることを知らなかったために、
監督としては失敗したのかなと分析しています。

 

鈴木啓示の監督としての腕前

画像元:http://gensun.org/pid/93460

野茂英雄投手以外にも、自分のやり方(根性論)に固執し、
ほかのコーチともめながら持論を押し切った結果、
チーム成績も低下して、途中交代しました。

野茂さんもメジャーに行くときはマスコミを中心に、
猛バッシングを受けましたが、鈴木さんも同じように叩かれたのです。

鈴木監督のやり方に不満を持った選手は野茂さんだけでなく、
吉井理人元選手もおり、彼も近鉄を抜けヤクルトで大活躍。

野茂さんがメジャーに行くと知ったとき、
鈴木さんは侮蔑かつ卑猥な言葉を投げました。

自身も監督で大失敗を通して野茂さんと同じ状況に陥ったのか、
後に鈴木さんは野茂さんの行動をほめていたのです。

ここまで知ると、野茂さんの行動は正解だったし、
自分のやり方(成功)に固執するのはよくないなと思いました。

そして野茂選手は正解でした。事実、こうなったのです。

 

野茂英雄と佐野慈紀の確執とは何か?

画像元:http://www.yakyu-niki.com/2015/04/0409sano-kaisetu.html

野茂さんの同期である佐野慈紀さんとはお金の貸し借りでもめています

佐野慈紀さんは野茂さんと同じ1968年生まれ。
現役選手だったころからチビハゲデブという、
男性ならコンプレックスを抱く部分を自慢していました。

明るい人ですね。

ただ選手引退後は定職につけず、
2003年から野茂さんから3000万円を借りたものの返せず、裁判へ。
佐野さんは自身が悪いと完全に認識しております。

佐野さんの性格の良さが転じ、
自身が借金まみれであり、野茂さんに訴えられたのを知ったほかの人々が、
仕事という形で彼を支えているのです。

佐野さんと野茂さんはお金の関係のみであり、
鈴木さん近鉄球団に比べると、深い因縁はなさそうですね。

画像元:https://headlines.yahoo.co.jp/

少し違った見方をしますと、野茂さんは佐野さんを訴えたからこそ、
佐野さんの本当の宝=信用と優しい性格が見つかったとみています。

佐野さんの人柄が生意気だったら、助けてくれる人もいなかったでしょう。

佐野さんは30歳の時に結婚し、大学2年生と小学5年生の子がおります。

佐野さんは借金を機会にプライドも捨てたらしいので、
佐野さんに良い流れに向かうといいですね。

 

関連記事:野茂英雄の嫁紀久子さんの馴れ初めと現在の息子がすごい役職に!

関連記事:野茂英雄が国民栄誉賞をとれなかった真の理由に心底震えた!

関連記事:野茂英雄の年俸推移を見たらメジャーリーグ挑戦は大正解

関連記事:野茂英雄の海外の反応や評価を調べ大きな不満を抱いた箇所

関連記事:現在の野茂英雄が太った本当の原因はこれ!

ABOUTこの記事をかいた人

ミーハー男Taichi

僕はサラリーマンという平凡な毎日を送ること早10年目を迎えました。 職場ってなんとも言えない独特な人間関係がありますよね。。。 当ブログでは、そんな職場などで、朝のあいさつから始まる軽い雑談や、昼休みに同僚とランチをする時などに使える『会話のネタ』を、最新トレンド情報を中心に紹介していきます。 あなたの生活に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪