野茂英雄の年俸推移を見たらメジャーリーグ挑戦は大正解

画像元:http://news.livedoor.com/article/detail/9784885/

今日のNHKスペシャルで野球界に伝説を作った男の一人、
野茂英雄元投手が出演します。

現役時代において最も気になるお金の話、年俸推移を見た結果……

メジャーリーグに挑戦してよかったと心から思っています。

特にメジャー挑戦する際のエピソードを見ていたら……

 

野茂英雄元選手の年俸推移

野茂英雄選手の年俸は日本時代とメジャーリーグに分かれます。
まずは1989年の近鉄バファローズ時代において、

年俸(万円)
1990 1,200
91 3,600
92 6,600
93 1億1,600
94 1億4,000

 

 

次はメジャーリーグ時代です。

年(球団) 年俸(万円)
95(ドジャーズ) 1,000
96 6,000
97 9,000
98(メッツ) 2億8000
99(ブルワーズ) 2,500
2000(タイガース) 1億
01(レッドソックス) 4億5000
02(ドジャーズ) 4億5000
03 7億7500
04 9億0000
05(デビルレイズ) 8,000
06 けが
07 けが
08 引退
 

参照元:http://money-search.org/sports/baseball/nomo-hideo

メジャーリーグ初挑戦では年俸が低かったものの、
メジャーできちんと成績をだしたのち、メッツへ移籍したのですね。

面白いのが再びドジャーズへ戻ったこと。

ドジャーズへ出る前の年俸が9千万円であり、
武者修行から戻ってきたときは4億と4倍以上に年俸額があがったのですね。

最高時は2004年の9億円です。日本ならここまで出ていたでしょうか?

年俸推移で見ると、メジャーリーグへ挑戦した野茂は正解だったといえます。

なお年俸についてはこちらの選手も書いております。
比較材料としてお読みください。彼の方が年俸額すごいのね。

 

野茂英雄は優れたピッチャーなの?

画像元:http://news.livedoor.com/article/detail/12703396/

野茂英雄さんは優れたピッチャーなのか?
という質問を見かけました。

野茂英雄さんの通算成績を見ますと、
日米合わせて201勝155敗となっております。
日本時代は78勝46敗、メジャーでは123勝109敗です。

優れているかどうかはわかりません。
多くの人は「優れていない」と判断しています。

 

野茂英雄の功績とすごさ

画像元:https://news.yahoo.co.jp/byline/

通算成績で見ると、優れているとは言わないけれど、
野茂投手はメジャー1年目で新人王を得て、
メジャーリーグに一つの風を起こしたのです。

くわえてノーヒットノーランを達成したこともあった。

メジャーリーグでノーヒットノーランを達成させたというだけでも、
僕から見れば十分すごいと思っています。

アメリカは日本よりもたくさんの球団があるうえ、
メジャーで活躍できる選手は強い中の強い選手に限られます。

少しでも隙あらば点数を取る選手ばかりのなかで、
ノーヒットノーランを達成させたというだけでもすごい。

ほかの人は野茂英雄元投手の「精神」がすごいと語っています。

 

誹謗中傷を受けても前に進む

画像元:https://www.data-max.co.jp/article/8219

野茂英雄元投手がメジャーに挑戦したとき、
「恩知らず、裏切り者」にくわえ「売国奴」とののしられていたそうです。

今では普通に日本人選手がメジャーリーグへ行きますが、
当時はメジャーリーグへ行くことすら許さない雰囲気だったのですね。

野茂英雄選手の父親を含めて周りは敵だらけのなか、
彼はののしりにも負けず、メジャーへ挑戦しました。

※調べたところ、王貞治選手や長嶋茂雄選手にも、
メジャーのお誘いがあったのだけど、日本球界が断ったのね。

理由はわかりますよ。彼らがメジャーへどんどん挑戦しますと、
日本野球が面白くなくなり、興行収入が下がりそうですもの。
経営者としては選手の気持ちよりも利益ですもんね。

メジャー移籍後、野茂英雄投手はたくさんの三振をだし、
アメリカのオールスターで先発に出場したのです。

彼は実力で現地の人をはじめ、
今までののしっていた連中の考えも変えてしまったのですね。

年俸推移はもちろん、野茂英雄選手がメジャーに挑戦したときの状況を踏まえ、
本日のNHKスペシャルを見れば、より感動できると思います。

なお、現在の野茂選手を知るならこちらもお読みください。
昔に比べると太ってしまったのはなぜだ……

ABOUTこの記事をかいた人

ミーハー男Taichi

僕はサラリーマンという平凡な毎日を送ること早10年目を迎えました。 職場ってなんとも言えない独特な人間関係がありますよね。。。 当ブログでは、そんな職場などで、朝のあいさつから始まる軽い雑談や、昼休みに同僚とランチをする時などに使える『会話のネタ』を、最新トレンド情報を中心に紹介していきます。 あなたの生活に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪