感動!「魔法の絨毯」は川崎鷹也から奥さんへのラブレターだった!




 

2020年、TikTokから大きく「バスった」と言えるのが、シンガーソングライターの川崎鷹也さんです。

読み方は「かわさき たかや」と読みます。

 

アコースティックギターを弾き、ストーリー性のある歌詞と、温かく深みのある歌声がとても素敵です。

 

今回は、川崎さんのプロフィールと、「泣ける」と話題になった「魔法の絨毯」がなぜヒットしたのか、製作秘話なども一緒に調べてみました!

 

まずは、川崎さんの人物について、お伝えしたいと思います。

 


川崎鷹也のプロフィール

川崎鷹也

出典https://refinelifekaz.com

プロフォール

・氏  名 川崎鷹也(かわさきたかや)

・生年月日 1995年5月16日(25歳)

・出  身 栃木県那須塩原市

・出身学校 ミューズ音楽院

・所  属 Flying Voice

・活動期間 2016年−

 

川崎さんの実家は、ライブバーを経営されているようで、幼少期から音楽が身近にあったようです。

特にお父様がかなりのパンク好きだったようですが、川崎さん自身はパンクが怖くて近づけなかったんだとか(笑)

 

川崎さんは、お父様からの影響を直接受けたと思ってはおらず、好んでいた音楽のジャンルは、清水翔太、絢、サザンオールスターズなどのJ–popだそうです。

サザンオールスターズ

出典http://www.billboard-japan.com

 

違うジャンルの音楽を選んだあたりは、「ある意味影響を受けた」ともインタビューで語っていました。

 

「音楽の道を目指そう」という転機となったのは高校時代。

学校祭で歌ったことがきっかけで、音楽への気持ちに気づき、専門学校へ進むことに決めたそうです。

 

しかし、それまでギターすら弾いたことがなかったらしく、専門学校時代にローンでギターを購入し、バイトをしながら練習するなど、苦労&努力をされたんだとか。

 

2016年に音楽プロジェクトを組んでYouTubeやライブハウスを中心に活動していましたが、翌年に解散し、ソロになりました。

 

そして、川崎さんの人生が大きく変わる出来事が!

 

2018年にファーストアルバムをリリースしましたが、その収録楽曲である「魔法の絨毯」が、約2年後にいきなり大ヒットしたのです!

 

その辺りは、後から詳しくお伝えしますが、まずはこの「魔法の絨毯」について紐解いてみたいと思います。

 

劇団四季のおかげ!?「魔法の絨毯」の製作秘話

 

 

この「魔法の絨毯」という曲は、リリースされてから2年後に大ヒットしました。

当時の恋人(現在の奥様)を想って作られ、等身大の気持ちを歌ったラブソングです。

 

タイトルの由来は、誰もが知っているディズニー作品の「アラジン」から取られたもの。

きっかけは、劇団四季のミュージカル「アラジン」を観劇したことだったそうです。

 

その彼女が劇団四季がすごく好きだったんです。

僕は観たことがなかったんですけど、一緒に観に行こうってことになって、そこで初めて観た舞台が「アラジン」で、音や演出にすごい感動したんです。

その時の記憶と気持ちがリンクして出来上がったのが「魔法の絨毯」なんです。
(引用:レコログ

 

今の奥様が、劇団四季の会員になるほど、舞台やディズニーがお好きな方で、「表現することを生業にしてしている人は見るべき」と勧めてくれたことから、舞台「アラジン」を初めて観劇。

 

その時、音楽や舞台のあまりの素晴らしさに衝撃を受けた川崎さん。

そして、登場人物であるお金も地位もないアラジンが、一途に王女ジャスミンを思う姿に、とても強く共感されたそうです。

 

アラジンのような優しさや強さ、そして愛する気持ちを込めたのがこの「魔法の絨毯」なんですね。

 

では、なぜこんなにもいきなりヒットしたのでしょうか?

 


Tik Tokで大バズり!会社も辞めて音楽一本で勝負!

川崎鷹也

出典http://www.billboard-japan.com/

「魔法の絨毯」が収録されたファーストアルバム「I believe in you」を20187月にリリース。

川崎さんとしては、手応えがあったものの、大きな反響があったわけではありませんでした。

 

しかし、20208月、ある動画で川崎さんの人生が一変します。

 

それは、ある一般の方が、風景写真などにこの楽曲を合わせた動画をTikTokへアップしたことがきっかけで、「この曲はなんだ?歌っているのは誰だ?」と注目されることになったのです。

 

その後、あれよあれよといろんな関連動画が、合計27000本以上もアップされるような出来事に。

総再生数は、なんと27000万回を突破する爆発ヒットとなったわけです!

 

この大バズりを受け、音楽活動に専念することを決意し、202011月に勤めていた会社を退職されました。

 

CHEMISTRYの川畑要さんや手越祐也さんがカバーで歌ったり、公式LINEドラマ「家族のLINEがしんどいw」の主題歌に起用されるなど、さらなる広がりを見せました。

特に、家族愛をテーマにしたLINEドラマの主題歌はぴったりで、涙なしには見られないです。

 

音楽活動一本になったことで、ますます多方面に活躍されること間違いなしですね!

 

まとめ

まるで、川崎さんにも魔法がかかったように、ネットでバズったことで人生が激変したと言えますよね。

 

音楽活動が本格化して、これからどんな名曲が生まれるのでしょうか。

ぜひ、着目してみてくださいね!