ラランドがゴリ押しされる仕組みを探った結果!




画像元:https://twitter.com/sa___yaah

本日の踊るさんま御殿に
お笑い芸人ラランドが出ます。

元子役上がり、
ひたすらまじめに学業へ打ち込んだ後、

上智大学で抑圧された力を開放し、
一時はOLとして働きながら芸人になり、

現在は独立して事務所を立ち上げ、
代表としてお仕事をなさるサーヤさん。

度重なる大学中退に
親から勘当され、定住地もなく、
場所を転々としながらも
サーヤさん経営の社員として働くニシダさん。

ラランドはあちこちの番組に出て、

一部からごり押しじゃないか。
サーヤさんが嫌い!
という記事や声を目にします。

純粋に気になったことがあるのです。

なぜ番組側は彼らを出しまくるのか。

どこに彼らを出せば数字が取れると
認識しているのか?

 


ラランドがごり押しされる理由

画像元:https://youtu.be/YBBjU1TtN-8

各放送局柄ランドを押し出す理由について、
リアルサウンドというサイトが面白い分析をしていました。

ラランドの面白さはむき出しで迫ってくるところだと。

他の芸人と違って大手事務所に入っていないため、
余計な縛りがなく自由度の高いコンビでいられると。

どんな業界にも先輩後輩(上司と部下)の関係はありますが、
現在ラランドは社長・副社長・一人の社員の三人から成り立っています。

多少の上下関係はあるように見えて、彼らはほぼ対等です。

ニシダさんは時々ストライキをおこすなど、社長のサーヤさんを困らせている様子。

それでもサーヤさんは仕事現場にきちんと来てくれれば、
特にいうことはないと、別のサイトのインタビューで述べています。

ほぼ対等な関係でいられるからこそ、
自由度の高いニシダさんをうまく活かして、
サーヤさんが面白い企画を立てられるとのこと。

サーヤさんは状況によってきちんと演技やものまねができる。
特にギャルと清楚系女性の演技がとてもいいと。

何と言っても二人の無駄話が一番面白い。
ただ質問へ答えているだけなのに、

「まだこんな秘密があったのか」と、視聴者を飽きさせない。

リアルサウンドというサイトでは、
ラランドの企画力を褒めておりました。

TV番組スタッフもラランドの企画力とトークに絶大な関心を持ち、
彼らを番組で使おうと決めているのではないでしょうか。

スタッフらの視点から見て、
他の芸人は企画力あるいはトーク二つを兼ね備えてない。
と、みなしている。

結果、ラランドが出るようになったのではないか?
現時点で僕は考えています。

もちろんここだけではありません。もっと深く掘り下げてみましょう。

 

意外な切れ者ニシダの活躍

画像元:https://news.yahoo.co.jp/

ラランドを語るスレッドにて、
サーヤさんの頭の良さをほめる、あるいは批判する人、
そしてニシダさんを褒める人がいました。

ニシダさんはツッコミが的確でイケボだと。

ネットインタビューによりますと、
当時大学を退学していなかったニシダさんは大学の図書館で、
週一でたくさんの本を読んでいたとのこと。

読書目的は少しでも漫才のツッコミに使えそうな言葉を探すため。

ラランド公式YouTubeでニシダさんの生い立ちを振り返った際、
大学から自分がどんどんダメ人間になっていたと述べていました。

ダメ人間と自分をみなしても、
今いる環境を大いに利用して、芸の肥やしにできないか研究する。

興味のある分野ならプロ中のプロを目指せる。まさに血液型Oの特徴です。

※ラランドはどちらもO型

見た目のほほんに見えて、かなり鋭くイケボツッコミを行うニシダさん。
そしてもう一人はサーヤさんの仕事です。

 


サーヤの最大長所:広告代理店での経験

画像元:https://twitter.com/sanmagoten_ntv

ラランドの強みと言ったら、
サーヤさんが広告代理店で働いていたことでしょう。

サーヤさんのnoteによりますと、港区の広告代理店にいたとのこと。

港区で広告代理店といったら、
僕はすぐファンコミュニケーションズを浮かべました。

サーヤさんは広告代理店で働いていた。
広告は基本、いかに商品を目立たせるかに焦点を当てます。

たくさんの広告からうまくいったもの、しくじったデータを集めていく。

データの数こそ他の芸人にはない大きな強みだと思っています。

どうすれば番組スタッフなど特定の人たちに突き刺さるのか?
どうすれば多くの人を笑わせるだけでなく、記憶に焼き付いてもらえるのか?

インタビューでも広告代理店での仕事が役にたったと述べています。

ごり押しといわれるのも、ラランドを漫才師かつ商品の一環として、
お客様(番組スタッフ、一般人と分ける)に提供しているからでしょう。

だからこそ、こういう声も上がりました。

 

ラランドサーヤが嫌われるのは立場のせい

 

画像元:https://youtu.be/y1nvAVOh3nY

サーヤさんを調べると「嫌い」という単語が出てきます。
サーヤさんは20代半ばで広告代理店を辞めて、
代表として個人事務所を設立するなど、有能な女性です。

有能すぎる故、ヒガミという形で嫌われているのかな?

色々なサイトを見て言った結果、

  • ずばずば指摘するのはいいが、言い過ぎは良くない
    テレビでなくYouTubeでやるべき企画をやっている

特に次の指摘は納得しました。

サーヤさんは頭がいい。
だからこそ同性へのイジリをしないほうがいい。

サーヤさんは隙が無いので、
他人イジリを大目に見る女性になれない。

頭のいい人がイジると、ただの悪口にしか見えないし、
嫌味ったらしい女にしか見えない。

なるほど。すごく納得してしまいました。

他人イジリでも基本愛される人は、
周りから「こいつバカやなあwww」とみなされる人です。

100人中99人が「この人頭悪い」とみなされるからこそ、
他人イジリをしたとき「こいつが言うから面白い」になる。

一方サーヤさんは99人が「頭の良い女性」とみなすからこそ、
他人いじりをしていると、キツく言われ自尊心を傷つけられる。

知力はイジりにも影響を与えるのですね。

ある部分では大きな長所になっても、
別の使い方をすると大きなデメリットになる。

芸人の世界も奥が深い。

なお、ある人はサーヤさんをこう見ています。

女版アルピー平子やんけ。

 

関連記事:ラランドネタ作りの秘訣!その場のノリがこんな大爆笑な結果を産むとは!

関連記事:ラランドニシダ親が息子に送ったメール内容のスゴさにぞわぞわくるんだけど

関連記事:ラランドサーヤが超かわいいのは子役時代とまゆげとアレのおかげ!