ラランドニシダ親が息子に送ったメール内容のスゴさにぞわぞわくるんだけど




画像元:https://twitter.com/sa___yaah

来週火曜日の踊るさんま御殿に
お笑い男女芸人コンビラランドが出ます。

ラランドはサーヤさんとニシダさんの二人で、
サーヤさんは子役として幼少期を過ごし、
学生時代は優秀なまじめ少女。

一方でお笑いへの憧れを強く抱き、
大学では反動でいろいろ暴れた。

そして大学の新入生歓迎会で、
相方ニシダさんと出会い、
お笑いコンビラランドを結成。

最初は芸人をやりながら、
広告会社の社員として働きます。

去年独立、
現在は社長兼フリーとして、
お仕事を頑張っているのです。

さてサーヤさんの相方ニシダさんですが、
ちょっと調べただけでも

クズ

という単語が出ます。

ニシダさんもクズを自覚しております。

ある番組で東野幸治さんが、
ニシダさんあてに送られたメールを読みました。

差出人は親です。

中身を読むと……
やっぱお笑い芸人は幅が広い

 


ラランドニシダの簡単な生い立ち

画像元:https://youtu.be/7e6z6tZ-0yo

はじめにラランドニシダさんの簡単な生い立ちから書きます。
1994年山口県出身でサーヤさんより一つ上。

身長170センチ、体重106キロ、そして血液型はO。
サーヤさんと同じタイプですね。

M1グランプリを見ていた時、
南海キャンディーズの芸に惚れて、芸人を目指そうと決めたのです。

なんとニシダさんは帰国子女。
幼い頃はスペインやドイツで暮らしていたとのこと。

親が転勤族でドイツのデュッセルドルフや
スペインのマドリードで過ごしていました。

小学校高学年あたりで日本に帰国、
中高一貫校ではバレー部に所属していました。

このころ、彼はとても痩せていました。何よりさわやかなイケメンだった。

高校三年秋までバレーボール生活に打ち込んでいたため、
大学受験に失敗し、浪人生活を送ったのです。

ここで親子間に溝をもたらす事件が起きます。

 

親との縁を切られた度重なる退学事件

画像元:https://youtu.be/7e6z6tZ-0yo

ニシダさんは上智大学へ行く前の浪人生活にて、
なんと青山学院大学や同志社大学、早稲田大学に合格していたのです。

しかし乗り気じゃなかったので、どこにも行かなかった。
一年後の受験で上智大学へ入ったのです。

バレーボール生活の日々を送っていたとはいえ、
基礎学力があって、えり好みさえなければ普通に大学生活を送れていたのですね。

ニシダさんは22歳で大学を中退。
一年間の空白を経て常置に再入学したももの、
25歳になって再び退学を選びました。

ニシダさん両親にとって二度の退学がよほどのショックであり、
親子の縁を切られてしまったのです。

クズエピソードに入るかどうかはわかりませんが、
ニシダさんの大学中退話を調べていると、
昔、僕が仮免許に不合格した時のことを思い出します。

当時大学一年でした。車の運転が怖かったなあ。
先生も怖い人だったし、萎縮しまくってましたね。

親に「不合格になっちまった」といったら、
とくに母親が激怒していたのです。

せっかくお金を出してやったのに不合格になるとはなんたることだ。
お前だけだ、仮免許で不合格を出したのは!

今でも覚えています。

おかげで一度の大事故(原因:冬道ブレーキ効かず)を起こしたものの、
現在もゴールド免許のままです。

さてニシダさんと両親との間にはこんなエピソードもあります。

 


ニシダ親からのメールが衝撃すぎる件

画像元:https://youtu.be/rOGNlHmG6M0

東野幸治さんの公式YouTubeにて、
お笑い芸人ラランドについて語っていました。

ダウンタウンDXで東野幸治さんとラランドが共演し、
ニシダさんが競馬をやっていると述べた。

するとニシダさん母が息子にメールを送った。

「理解に苦しむ。毎日そんなことで食べていけるの?
芸人なんかやめて、どっかに勤めろ、無理か」

一応心配はしているものの、どこか他人事にも感じる親からのメール。
東野幸治さんはとてもショックを受けたとのこと。

そして親から送られたメールを番組で堂々と述べてしまった
述べたほうが笑いの神も降臨するから。

さすがに僕は親からここまで言われたこと……あったなあw
僕も大学時代、将来どうするか迷っていました。

その時にバカなことを言いまくるもんだから、
母親にニシダさん親と似たようなことを言われましたね。

今では母親の気持ちもよくわかる一方、
それでも母親の言うことを聞かなくてよかった

もしすべて聞いていたら今頃僕は母親と縁を切っていたでしょう。
というほど、父より母の存在は子にとって大きい

※なお僕の姉は若い頃、母の言うことを聞いて道を選びました。
今でも時々ですが、僕や母に述べています。

「母さんの言うことを聞かなければよかった」

僕もなかなかのクズですが、たっぷり地獄だけは味わいました。

そのおかげが「あんたも大人になったね」と母が僕に言います。
あなたはどうでしょうか?

 

ニシダが語る「クズが好かれる理由」

画像元:https://news.yahoo.co.jp/articles/

SPAのインタビューでニシダさんが語っていました。

クズは母性と父性本能をくすぐる。
好かれる人にはものすごく好かれる。

今後も誰かに面倒を見てもらうよう、知り合いの輪をどんどん広げる!

ニシダさんは定住地を持たず、
知り合いや後輩やマッチングアプリで知り合った女の子の家に住んでいるとのこと。

ファンに対して直接「お金をくれ」という。それでもやる人はやるのです。

もちろんアンチも多くなりますが、
気になって好かれる人にはとことん好かれます。

僕はふわっちやニコ生でニシダさんのような人を知っています。

クズのデメリットはたくさんのアンチに囲まれること。

大きなメリットは一部の人からとことん好かれ、
お金も生活もまかなってもらえることでしょう。

世の中、本当に面白いですね。
ちなみにサーヤさんは反対の生活を送っています。

詳しくはこちら。

サーヤさんもニシダさんと接していると、母性本能をくすぐられるのでしょうね。

 

関連記事:ラランドがゴリ押しされる仕組みを探った結果!

関連記事:ラランドネタ作りの秘訣!その場のノリがこんな大爆笑な結果を産むとは!