アーリン妻太田光代ツイッター乗っ取り被害の裏が恐ろしすぎる!



画像元:https://twitter.com/ota324/

先日日曜日のTBS選挙特番にて、
司会の爆笑問題太田光さんが、
一部の議員に失礼すぎる振舞いを行い、
大炎上となり、4日たった現在も続いています。

なぜ炎上が収まらないのか?

火曜日に爆笑問題カーボーイでの、
太田さんの反省してるようでしてない発言が一つ。

太田光さんを中途半端に擁護して、
かえって炎上している芸人たちが二つ。

そして太田さんの奥さまで、
タイタン事務所の社長である太田光代さんの
ツイッターが話題となっているのが3つ。

太田光さんがやらかしたとき、
太田光代さんのツイッターが炎上しました。

するととんでもない被害を光代さんが受けてしまった。

 


太田光代の簡単な生い立ち

画像元:https://twitter.com/callmematsu

始めに太田光代さんの簡単な生い立ちを書きます。
太田光代さんは最初から一般人だと思ったら、なんとグラドルでした。

松永光代としてグラビアアイドル及び芸能活動をしていたのです。
1964年生まれの2021年時点で57歳。

最初はグラビアタレントとして活動しており、
漂流GALSというチームで同期に現在立憲民主党議員の蓮舫(上記画像)さん、
岡本夏生さんらと活動していたのです。

数日前、ツイッターで太田光代さんと蓮舫さんが
二人仲良く食事をしている画像が出回っていたけど、
戦友なら仲良くて当たり前だよね。

バラエティ番組に出て面白さを拾われたのか、太田プロダクションに所属します。

1988年に爆笑問題と一緒にコントを行った際、
会議の場として太田光代家で行った。

当時、太田光さんが好きすぎる女芸人がいて、
光さんは「うざいなあ」と思っていた。

光代さんがその状態を見かね、光さんの隣に座った。

すると太田光さんは思った。
「自分のことが好きなんだ」

90年に太田さんは結婚します。
同時に爆笑問題の二人は太田プロを退社。

色々やらかして一時期仕事がなくなり、空白の時代を送っていたのです。
93年に事務所タイタンを設立し、光代さんは社長となった。

現在は芸能事務所代表だけでなく、
フラワーショップ経営など、経営者として活動なさっています。

 

税金をきちんと納めることに生きがい

画像元:https://smart-flash.jp/showbiz/16831

太田光代の生い立ちを調べていた時、感心したエピソードがありました。

過去、爆笑問題カーボーイで太田さんが語ったエピソードとして、
光代さんは税金を納めることに生きがいを感じているとのこと。

書店へいけば「節税テクニック」なる本はいろいろあるけど、
節税しすぎて税務署の職員が家にやってきて、
結果として追徴課税をくらったという話も聞きます。

太田光代さんの態度は税務署の人に珍しがられているとのこと。
正直にやったほうが税務署も追及しようがありませんからね。

それに何でもかんでも節税対策をとると、
「利益が少ない→あまり伸びのない会社」と、
税務署や銀行側から見られ、借入(投資)にも影響が出るのです。

「長期目線で利益を考える。さすが経営者」と感心しました。
だからこそ、この対応は残念だと思ったのです。

 


太田光代さんのツイッターが乗っ取られる!

一昨日、太田さんのツイートが何者かに乗っ取られたと述べました。
第三者に乗っ取られて、どんなツイートをされたのか?

色々調べてみますと、
「甘利議員に謝罪しておきます。政治家がそれを望むか確認する」

これは自分が発言したものではないとのこと。

あともう一つ、乗っ取られているはずであろう時間帯に、
誰かが太田家で飼ってる猫ちゃんの画像を載せた。

時間軸をきちんととらえると、
「乗っ取られたはずなのに、どうして猫ちゃんの画像を載せるんだ?」
という声も上がっているのです。

また乗っ取られたのならツイッターから実際に
「新しい端末からログインされました、確認してください」

お知らせが来るはずだし、証拠として光代さんなら載せるはずだろう。
それを載せていないというのもおかしいではないか?

色々突っ込みのあるツイートが入ってきたのです。

いずれにしろ太田さんは警察に相談するとのこと。
無事、乗っ取った野郎が逮捕されるといいですね。

 


非常事態でもアーリン呼びはどうなの?

今回一つ残念だなと思ったところがあります。

非常事態(夫の炎上)でもアーリンと呼ぶのはいかがなものか?

普段ならアーリン(光代さんが光さんをさす言葉)で構いませんよ。
「いい夫婦関係を築いてるなあ」思いますし。

今回は非常事態であり、くだけるとかえって怒りを誘うのではないでしょうか。

爆笑問題及び太田光代というキャラをあらかじめ知っているなら、
「こんなもんだよ。みんなトゲを立てすぎ」としか思いません。

多くの人は太田夫妻の日常など知りません。

親しき中にも礼儀ありはもちろん、
親しくない仲であっても時と場合に応じて礼儀ありな場所・時間です。

アーリンでなく「光」と改まった表現をすべきところをしなかった。

謝罪の場にプライベートを持ち込んだから、
あの炎上から4日たっても一向に収まらないと、僕は考えるのです。

でもこれ、太田光さんだけの原因じゃありません。

 


TBSの社長が太田の姿勢を評価していた

太田光さんがあの失礼な態度をとったの、別なところにも原因があったのです。

太田さん個人のキャラクターを後押しした存在がTBSそのものです。
TBSそのものというより、社長の決断というべきでしょうか。

中日新聞によりますと、TBS佐々木卓社長は述べています。

「太田さんには忖度せずにずばりと社会の行方をきってくれるのを望む」

サンスポでは山崎直史TBSプロデューサーも同様の発言をしているのです。

社長及びプロデューサーの思惑はいいと思います。
太田さんが議員に対して切り込む姿勢もあったのですから。

ただ、切り込んだ後の態度が世間の怒りをかってしまった

相方の田中裕二さんがいれば最小限にカバーできた被害を、
周りのTBSアナウンサーにはできなかった。

あの番組に安住紳一郎がいたらカバーしていたでしょうし、
太田さんよりも彼のほうが結果として、
ずばりと切り込んでくれたかもしれません。

僕が思うに一番の責任はTBS、次に太田さんだと思っています。