四国放送アナウンサー解雇詳細!誤爆でなく確信犯だった件




画像元:https://www.wikiwand.com/ja/西日本放送

昨日、四国放送所属のアナウンサーが解雇されました。

四国放送公式アカウントで
特定政党に不適切な誹謗中傷投稿を行ったため。

ニュースには解雇された人の名前は上がっていませんが、
すでに北尾好孝アナウンサーと断定されているのです(後述)。

僕も驚いています。解雇まで行くとは……。

外には強気、内にはなあなあなのが
メディア業界の特徴なので。

今回の件を色々調べていくと
“事故、誤爆ではない”と分かったのです。

 


なぜ投稿者が北尾好孝アナウンサーとばれたのか?

不適切投稿を行った人が北尾さんとばれた理由について書きます。

きっかけは四国放送公式ツイートにて、
公明党の山口代表に対して誹謗中傷コメントを書いてしまった。

放送局は基本中立です(法律上)。

あまりにも偏った内容のため、第三者が色々調べたところ、
すぐに不適切投稿とそっくりなプライベート投稿が見つかった。

プライベート投稿にて「ホークスファン歴50年」と記載され、
さらに居住区が「豪州そっくりの東の地形(四国)」とわかった。

プライベートアカウントから「報道記者」と推測があった。

四国放送アナウンサー一覧を含めた調査の結果、
北尾さんでないかとあたりがついた。

するとプライベートアカウントがすぐに抹消された。

読売新聞によりますと、
投稿したラジオ局勤務の50代男性社員(北尾さん)は解雇、
岡元直社長とラジオ局の担当役員、男性社員の上司を減給処分にしたとのこと。

 

北尾好孝の簡単な生い立ち

画像元:https://news.yahoo.co.jp/

ラジオ局勤務だった北尾好孝元アナウンサー(ディレクターでもあった)
の生い立ちを調べたところ……

広島の高校を出て大阪芸術大学を出たのち、
1988年に四国報道へ入ったとのこと。

アイドルを応援しており、ドルオタ歴45年とのこと。

僕はドルオタではありませんが、オタクには共感するところがあり、
残念という気持ちしかありません。

弟(北尾博伸)さんも和歌山放送でアナウンサーをやっており、
彼の仕事に影響が出ないことを望むだけです。

画像元:https://twitter.com/yoshitaka_kitao

ホワイトナイトの人か?」一瞬思いましたが、
こちらは「北尾吉孝」であり読みは同じでも漢字は違います。

 

なぜ公式アカウントでやってしまったのか?

プライベートアカウントならともかく、
他のアナウンサーも使う公式でやらかすとは……。

愚かな事故だ……と、当初は思いました。

ツイッターには「アカウント切り替え」措置があり、
いくらでも簡単に切り替えられます。

仮にうっかりやったとしましょう。
間違ったら10秒以内にすぐ消せばいい

ところが投稿時間を見たら、すでに3分もたっているのです。

ツイッターだと3分は結構長い時間です。

くわえてスマホやパソコンでツイッター投稿を行う際、
「いまどうしてる?」の左や上に必ず自分のアイコンがあります。

四国放送とプライベートのアイコンは全く違うから、
「ヤバイ、やってしまった、すぐ消さないと」

間違えたら1分以内にすぐ行動へ移すはずです。
削除なんて数秒あればできますもの(魚拓をとられるかもしれないけど)。

3分経っても消していないところから、僕は確信犯だと考えています。

画像元:https://mobile.twitter.com/omozo_jrt

事件後、四国放送の公式ツイッターは閉鎖された。

僕の考察をお許しください。

表ではあまり人に言えなくても、
匿名で記載できるネットだと、やばいこともつぶやける。

普段から仕事や現実に、ある種の抑圧を感じていた。

「本当はこうなってほしい」理想があるのに、
こうならない現実に抑圧を抱き、開放するために罵詈雑言で発散していた。

SNSは主に共感などを示す「いいね」や「リツイート」がある。

いいねやリツイートが必ずしも賛同を表すとは限らない。
リツイートすると、確実に自分のツイート一覧に「リツイート済み」乗り、
メモ項目としてやる人もいる。

いいねやリツイートが付けばつくほど、
「自分の意見は賛同されているんだ、みんなそう思っているんだ」

勘違いを起こしてしまい、
今回わざと公式アカウントで賛同目的のつぶやきを行った。

もちろん四国放送に対する怒りもあったのでしょう。
窓際と別アカウントに記載されていました。

もっと活躍して注目されるはずなのに、現実は隅っこに追いやられている。

ツイッターではいいねやリツイートによって、
自分が注目を受けており、隅っこではない。

以下の点から彼は確信犯として行ったと考えています。

画像元:https://www.excite.co.jp/

仮に犯人が自分だとばれても、
よくて始末書・減俸程度で済むだろうと思ったのではないでしょうか?

別の放送局でほかのアナウンサーや報道スタッフなどが、
不適切投稿を行ったとき、解雇まではいかなかった。

※上記画像「怪しいお米セシウムさん」フリップを書いた人は解雇させられた。

今回、解雇までいってしまった。
プライベートアカウントの中身も見られて、厳罰処分を下されたと考えます。

四国放送としてもきちんとした対応をとらないと、
視聴者から永遠に疑いの目で見られますもの。

僕が心配しているのは弟さんへの影響です。
某ラジオで北尾博伸アナウンサーの声を聴いているので。