昔の広末涼子がまさか”自分から”干されるよう動いていたとは!!




画像元:https://twitter.com/ryoko_staff

女優の広末涼子さんが、
今週金曜日NHKのあさイチプレミアムトークに出ます。

広末涼子さん、若い頃はすごい人気だった。

何かがあって芸能界から一時消えて、
何かがあってまた復活している。

僕にとっては火の鳥のような存在です。
(ほかに有吉さん)

広末涼子さんは何があって一時干され、
何があって復活したのか。

流れを追いかけて行ったところ……
干された理由があまりにも予想外すぎてびっくり。

 


広末涼子の簡単な生い立ち

画像元:https://bunshun.jp/

始めに広末涼子さんの簡単な生い立ちを見ていきます。
1980年高知県出身

中学校2年生時、雑誌に掲載されたCMオーディションに挑み、
見事合格して芸能界デビューを飾ります。

広末涼子さんがドラマや歌手で大ブレイクを飾った一方、たびたび雑誌で叩かれた。

広末さんが早稲田大学へ入ったとき、
彼女が大学に通うだけで、マスコミもこぞって現れ、
一時パニック状態を起こしていた。

※文春オンラインによると、誰かに尻まで触られたとのこと。

2003年、広末さんは女優業に専念するため、早稲田を中退しました。
同時期にモデルの岡沢高宏さんと結婚を発表したのです。

2008年に離婚し、数年後にCANDLE JUNEさんと再婚
広末さんは現在3人のお子さん(うち一人が岡沢さんとの間に生まれた子)を育てています。

 

広末涼子が一時干されていた時期

僕にとって広末涼子さんは青春です。
当時のテレビやラジオ、雑誌で彼女を観ない日はなかった。

嫉妬を含んだ叩かれ具合も半端なかった。

早稲田大学だと仕事のために3か月以上出席しなかった結果、
マスコミから「生意気」など叩かれたのです(言いがかり)。

叩かれすぎた結果なのか……
いつ頃からか、広末さんもあまり表に出てこなくなった。

「干されたのかな?」僕は思いました。何があって干されたのか?

2014(当時33歳)年の女性セブンによりますと、
俳優の佐藤健さんと不倫関係にあったとのこと。

※二度目の旦那CANDLE JUNEさんとは2010年から結婚し、現在も続いています。

当時の女性セブンによりますと、
子供は母親に預け、旦那を放置して、佐藤健と会いに行った。

「不倫女をCMやドラマに出すのか」

当時、クレームが殺到したとのことです。

でも僕は広末さんが結婚する以前から、あまり表に出てこなかった印象が強い

もっと調べたところ、2020年出演サワコの朝にて、
「干された」とみられる一幕がわかりました。

 


芸能界から干されたのではない、自ら干したのだ!

画像元:https://youtu.be/hYIFwSFNf3o

スポニチによりますと、
女優として日本はもちろんフランスでのお仕事も得て、
充実な20代を過ごしているかに見えた。

一方で広末さんは当時の思い出を語っています。

「アウトプットばかりでインプットがない。
自分が本当に成長できているのか? 常に不安だった。

フランスで映画撮影の仕事をしたとき、日本芸能界の矛盾に気づいた。
おかげで芸能界が汚れた世界に見え、引退を考えていた

そこで彼女は意図的に太り、仕事を抑えるようにした
抑える、というよりは引退覚悟で太ったというべきでしょう。

※当時の広末さんは「痩せすぎ」体型であり、
太った結果「BMIでいう標準体型」になっただけ。

広末さんの発言でようやくわかりました。
芸能界から干されたのでなく、干されるように自ら動いたのですね。

まさかこの展開は考えてなかったので、衝撃でした。

干されるように動いたはずだったのに、現在も芸能界で活躍している
何が彼女の心を変えたのでしょう?

 

現在も広末涼子が女優(芸能人)をやり続ける理由

40代になった広末涼子さんが、
いろんな雑誌からインタビューを受けていました。

インタビューをいくつか読んでいくと
「子育て」が理由の一つとわかったのです。

もう一つ気になる発言として、
FASHION BOXのインタビューでこう述べています。

「若かったころ、自分の存在価値は仕事のみ。
友達と遊ぶ、勉強もする。恋もする……色々あったが、すべての中心は仕事だった。

役をもらったとき、24時間常に役になり切って考えていた。

結婚して子供ができてから、
仕事がいい意味で自分の人生の一部へと変わった

子育てをする前まではすべてが「仕事」というスイッチのみをつけていたが、
子育て後は「仕事」は仕事のスイッチを、
子育ては「仕事」でなく「子育て」のスイッチを入れるようにできた

https://twitter.com/fudge_2002/status/1520016980753137667

若い頃は「これといったらこれ」であり、
「仕事とプライベートは切り分けよう」ができなかった

仮に広末さんが「凶暴な女」を演じているとしたら、
若い頃だったら彼氏や友達の前でも本来の性格でなく、
「凶暴な女」という役を演じた女として、彼らと接した。

結婚して子育てをしているうちに、
仕事とプライベートに対する意識を自然とかえられるようになった。

要は仕事で「凶暴な女」を演じているときは凶暴な女を、
仮定では凶暴な女を一切持ち込ませず、ママとして子供に接する。

広末さんが「自分から干される」ように動いていた時、
仕事とプライベートの切り分けができていなかったと考えています。

子育てしていくうちに切り分けもできるようになり、
いくつかスキャンダルはあったものの、最悪の未来(芸能界引退)を避けた。

やっと謎が解けましたわ。

PS

昨日の堂本剛版「金田一少年の事件簿」
懐かしすぎてワクワクしながら見ていましたw