モンスターエンジン西森がやばい!誰もが納得できる3つのエピソード




画像元:https://twitter.com/takemuramio

今週木曜日のアメトークに、
モンスターエンジン西森さんが出ます。

アメトークでカードを使ったトークバトルをやるとのこと。
19日にダチョウ倶楽部SP(上島さん追悼)をやるのですね…

西森さんを調べたら「ヤバイ」という言葉があり、
暴力か、精神かで調べたところ……

これは確かにヤバイ(笑)
特に3番目……これはあかん。

 


モンスターエンジン西森洋一西森の生い立ち

モンスターエンジン西森洋一さんの生い立ちを書きます。

1979年大阪府生まれのO型

実家が精密機械部品の工場を営んでいたおかげなのか、
フォークリフトやトラックといった様々な車を運転できるとのこと。

大阪府立西野田工科高校に入り、実家の手伝いもするようになりました。

芸人になった今でも実家に帰ると、仕事の手伝いを頼まれるとのこと。
(趣味用ならともかく、製品は作っていない)

すぐ芸人を目指さず、実家とは別の工場に就職した。
(建材用の樹脂型を作る町工場)

2年ほど同じ仕事をしているうちに「ここにいてもなあ」
自分の生き方に疑問を抱くようになった

西森さんにとって最もしんどい作業をしているとき、
次から次へと同じ作業をするため、吹っ切れた。

画像元:https://www.amazon.co.jp/

一方、お笑いは元々好きだった西森さん。
録画した寝た番組を50回以上繰り返し見て、お笑いのお気に入りを厳選していたとのこと。

芸人へ興味を抱いた時期が社会人三年目。

それまでは興味なく、友人から芸人の誘いがあっても、
「興味ない」述べて断っていたとのこと。

仕事を通して人生に対する限界を悟るとともに、
新たな道として「自分が好きだったもの」に向かうの、
人生って本当うまくできていますね。

西森さんは好きだった分野に向かった。

現在お笑い芸人でありつつ、ある時は文筆家(上記画像は西森さんの本)、
そして町工場のおじさんとという姿を持っているのです。

 


西森がヤバイ1:髪の毛と老化

画像元:https://smbiz.asahi.com/article/14574638

「やばい」で調べたら、真っ先に出てきたヤバさが髪の毛でした。

※上記画像左が大林さん、右が西森さん。

2012年時の画像と現在の画像を比べたところ、
白髪が増えているばかりか、髪の毛をオールバックへと変わり、

「相方は年相応の更け方をしているのに、西森はどうして老けてしまったんだ?」

原因の一つに、何かしらの病気を患ったのではないか?
2019年に西森さんは腹腔内膿瘍を患って入院していたとのこと。

腹腔内膿瘍(のうよう)とは消化器官にできる病気の一つで、
内部に膿がたまり、絶え間ない腹痛と発熱が生じるとのこと。

膿をとらないと、どんどん大きくなって血管を圧迫、
細菌が血流に入って(敗血症)、最悪死に至るとのこと。

画像元:https://www.mbs1179.com/

MBSラジオ「ますますハイヒール」に西森さんがゲストで出たとき、
野球ボールなみの腫瘍ができており、手術もできなかった

※左が西森さん、右が大林さん

入院及び抗生剤を使って治療したと。ただ白髪と因果関係はない
もう一つ、相方大林さんがラジオで語っています。

「西森は黒染めをやめた。結果、白髪が増えた」

元々若白髪の傾向があったのですね。
若白髪のあるアナウンサーといえばこちらの男性。

おそらく症状は同じでしょう。

ちなみに若白髪になりやすい傾向として、
遺伝的要素、ストレス、超不規則な生活、運動不足、
そして一部の栄養が不足しているなどです。

年齢とともに、知らなければならないことがどんどん増えますね。

 


西森がヤバイ2:工作の腕前

僕が「ヤバイ、この人すごい」思った部分が作品です。

西森さんの公式YOUTUBEを開いたところ、
真っ先に出てきた動画が「子ども用自転車をロードバイクに変形」です。

よく一人でここまでできるなと。
自転車の部品を作り替えるには、自転車に関する知識が必要です。

単純にタイヤのパンクを直すといった知識だけでなく、
ブレーキペダルを握ったら自転車が止まる仕掛けをはじめ、
部品加工や設計図など、あらゆる知識が頭の中にないとできません

町工場芸人といわれるだけあり、
組み立て作業をしない僕からして、雲の上のような人です。

ツギノジダイというサイトのインタビューによりますと、
高校に入って、実家の手伝いを通し技術を身に着けた。

西森公式YOUTUBEではゴルフクラブ制作が人気を集めている。
インタビューで「クラブを作った理由」を問われたとき、

「自分が気に入るゴルフクラブがない。
世界のどこを探しても、納得のいくパターがない」

試行錯誤及びいろいろ考えた結果、
素材を一から削って軽量化し、クラブを自作した。

「ゴルフクラブは自作できる」早く気づいてよかったとのこと。

クリエイターだなと思います。

「ないなら作ってしまえ」

不満があるのに行動せず文句を言う人がいる一方、
西森さんみたいに試行錯誤してでも自作してしまう人もいる。

西森さんのヤバサに惚れてしまいました。
僕もどちらかといえば西森さんのようなタイプなので(笑)

 


西森がヤバイ3:ツイッターリプと通報

2018年のツイートが炎上していました。

西森さんがバズッているツイートにリプを送り、
本の宣伝をしてほしいと頼んだ。

送られた側が「辞めてくれ」いったところ、
西森さんが通報(ツイッターに報告)しており、
激怒しているツイートを見つけました。

さすがに一般の人を怒らせる意味でヤバイ。

西森さんの気持ちはわからなくないですけど、
多くの人は西森さんを知らないので、いきなり来られてもドン引きですよね。

2018年の話であり、今はやっていないと思います。
吉本からこってり絞られたでしょう。

好きなことをしていると、自然と人が集まってくるので、
こういう工作をせず、頑張ってもらいたいと心から思います。